サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

リスクを避けてばかりいないで時にはリスクを背負うことも重要。

f:id:orange345:20200805141824p:plain


 


リスクを避けてばかりいないで時にはリスクを背負うことも重要。

 

自分の人生をふり返ってみると僕は常にリスクをとり続けてきたような気がします。

僕は基本的には臆病で、用心深いタイプの人間なのですが、どうやら「ここぞ!」という勝負所では思いきってリスクを取りにいく側面も持ち合わせているようです。

 

「リスク」という言葉はとても不思議な言葉です。

このリスクという言葉を多くの人は『危険』と訳します。

でも本当にそうでしょうか。

リスク=危険なのでしょうか。

 

僕はよく人から「よくそんな勇気がありますね」とか、「怖くないんですか」と言われます。

不動産投資をやって何億円もの借金を背負っているからです。

 

僕は不動産賃貸業をやってメシを喰っています。

その事業をやるためにはアパートを複数棟、保有しなければなりません。

そうしなければこの商売ははじまりませんから。

 

でも、そのアパートというのは決して安いものではありません。

やっぱり不動産ですから何千万円もします。

それが2、3、4棟と増えていったら、あっという間に億を超えます。

 

だから僕は(というか、僕が設立した会社は)銀行から何億円もの借金をしています。

 

そのことは普通の人にとっては『リスク』というふうに映ります。

『キケン極まりないもの』というふうに映ります。

 

でも、リスクって本当に危険と同義語なのでしょうか。

僕はちょっと違うのではないかと思っています。

 

本当の意味で自由になりたいという人はどこかの時点でサラリーマンという職業を卒業する必要があります。

サラリーマンをし続けながら自由な時間を確保することは事実上、不可能なことだからです。

もちろん器用な人ならサラリーマンを続けながらでも自由な時間をつくり出せるかもしれません。

でも、そんな芸当ができる人はごくひと握り。

少なくとも僕はそのような器用さを持ち合わせていませんでした。

さて、脱サラして、どうやって喰っていくのか?

サラリーマンを辞めるのは簡単なことだけど、それが最大の問題になります。

 

僕は深く深く考えました。

そして自分なりに作戦を練りました。

せっかく自由になるためにサラリーマンを辞めるのです。

サラリーマン時代よりも忙しくなったりしたら元も子もありません。

だから僕は自分でやるビジネスが朝から晩まで働かなきゃいけないようものは避けようと思いました。

なるべく労力がかからず、時間がかからず、自由な時間が確保できて、ストレスの少ないようなビジネスはないものだろうか。

そして、もちろん意を決して会社を辞めるのですからそれなりの『見返り』がなければ意味がありません。

サラリーマン時代よりも所得が低くなるようでしたら何のためにリスクを背負って脱サラしたのかわからなくなります。

それでいろいろ考えたあげく、ようやく僕がたどり着いたのが『不動産投資』というものでした。

不動産投資は、基本的に『不労所得』です。

不労所得とはその名のとおり働かなくても収入が発生するものです。

 

「そんなものが本当にこの世にあるのか?」と最初は僕も半信半疑でした。

でも実際にやってみると本当に働くことなく収入を得ることができました。

それは『驚き』以外の何ものでもありませんでした。

僕は不動産投資をやることによって念願だった自由な時間を確保できるようになりました。

 

だけど、この不労所得はすべてバラ色というわけではありませんでした。

 

メリットを得るためにはデメリットも受け入れなければなりません。

コインには裏表があるのです。

すべての物事には効果と副作用があるのです。

不労所得を得るための最大のデメリットは「巨大なリスクを背負い込む必要がある」というものでした。

不動産投資をはじめるには不動産(物件)を取得しなきゃいけません。

物件はコンビニにもドンキホーテにも売っていません。

普通の人がパッと購入できるような金額ではありません。

何千万円もします。

もしも、物件を3つも4つも購入していったとしたら簡単に何億円にもなってしまいます。

 

そして、それらはみんな借金をして手に入れなければならないものなのです。

僕は金持ちの家に生まれたわけでも何でもありません。

不動産投資をやるためには銀行から何億円もの借金を必要があるのです。

 

でも、それをやらなければ不労所得を得ることはできません。

それがこのビジネスの最大のリスクです。

その時点で尻込みして撤退してしまう人も大勢います。

でも僕は前に進みました。

その時、前に進んだおかげで今日の自由と幸せがあります。

もしもあの時、撤退していたら今日の僕はありません。

もう一度くり返しますが、僕は決してリスクが好きなわけではありません。

どちらかと言うと、人一倍、臆病で用心深いタイプの人間です。

でも僕は本気で自由になりたい!という熱い想いがありました。

その想いが僕を一歩前へ前進させたのです。

僕は自分の心に正直に生きようとしただけなのです。

その正直さが僕を「リスクのある方、リスクのある方」へ向かわせたのです。

こればっかりはその人間の『性(さが)』みたいなものなので、しょうがないですね・・

 

ご存じのとおり、この国では脱サラして起業する人はほとんどいません。

日本の起業率は世界で最も低い水準の4.6%。

アメリカでは9%、フランスでは15.3%です。

 

みなさんのまわりでもほとんどいないのではないでしょうか。。

テレビや雑誌なんかでは、盛んにベンチャーだとか起業という言葉が躍っていますが、実際にサラリーマンを辞めて自分でビジネスを立ち上げる人なんてほんの一握りしかいないのです。

 

ほとんどはサラリーマンか、公務員。

要するに勤め人です。

ときどき実際に行動を起こす志の高い人がいたとしても多くの人はその人のことを冷やかな目で見ます。

「あーあ、やっちゃったよ…」と言わんばかりの目でその人を見ます。

ましてや何千万円も何億円も銀行から借金をする人間なんて、はっきり言って奇人・変人扱いです。

僕も随分、まわりから白い目つきで見られました。

だけど、そのたびに僕は「チクショー、今に見てろよ」とメラメラ燃えていました。

 

それが今につながっているような気がします。

だから、あれはあれで良かったのです。

ずいぶん悔しい想いもいっぱいしたけど、良かったのです。

この国では、「リスクをとる」という行為は称賛に値しない行為なのです。

僕がとった行動は彼らの想像力を超えた範疇の話でした。

 

何か新しいことをやろうと『はじめの一歩』を踏み出すこと。

それはとっても勇気のいることです。

でもそういう勇気は生きるうえでとても大切なことです。

 

しかし、多くの人はその勇気のことを『危険』と呼びます。

そして、勇気をふりしぼって一歩前に進む人のことを冷ややかな目で眺めるのです。

 

自分の人生を良くしようとする行為のどこが危険なのでしょうか。

僕は全然、危険なことだとは思っていません。

むしろ何もしないでただ「安全第一」で何もせずにいることの方がよっぽど危険だと思っています。

 

もしも自分が勤めている会社が倒産したり、リストラにでも遭ったらその人はどうするのでしょうか。

もしも病気になって働けなくなったら?

それだって立派なリスクだと思いませんか? 

でも、どうやら多くの人はそっちのリスクのことはあまり考えてないみたいです。

 

これからはむしろ積極的にリスクを取りに行かざるを得なくなると僕は確信しています。

リスクをとりにいく行為を、「危険だ」「バカだ」と言って騒いでいる場合じゃない時代が必ずやってくると僕は思っています。

もう、政府も会社もアテになんかできません。

 

かつてはそれらは僕らを守ってくれた存在でした。

だけど、今は違います。

真面目に働いてさえいれば何とかなった時代は終わってしまったのです。

 

政治が変われば話は違いますが・・

 
普通じゃないことをやろうと思ったら『普通=善』と考えるような集団の中にいたらダメです。
快適で、居心地のいい場所に留まり続けていればそれはそれでラクです。
何も考えなくてもいいし、リスクも負う必要はありません。
愚痴も聞いてくれるし、何かあったらすぐに励ましの言葉もかけてくれます。
 
だけど、それはぬるま湯につかっているようなものです。
そこからは何も生まれません。
成長はストップしてしまうのです。

みなさんが「自由」や「飛躍」を求める人ならなおさら、『居心地のいい場所』には注意する必要があります。
 
いったん慣れ親しんだ場所を離れることは簡単なことではありません。
でも、ときには勇気を振り絞ってその居心地にいい場所から外へ踏み出さなきゃいけないときもあるんです。
 
欲しいものを手に入れるために欲しくないものも受け入れる覚悟を持たなきゃいけません。 

たとえば猫が飼うとなったらいろいろ受け入れなきゃいけません。

 

 

・病院費用

・エサ代

・トイレの世話

・家族が猫アレルギーになるリスク

・エアコン新設(猫は熱中症になりやすい)

・気軽に旅行に行けなくなる

etc ・・・

 

 

猫を一匹買うとなったらそれにともなう大変さも同時に受け入れる必要があるんです。

でもその代わり圧倒的な猫の可愛らしさと癒しが得られる。 

 

プラスの何かを得るためにはマイナスの何かも受け取る覚悟を持たなくちゃいけないのです。

これは投資においても、仕事においても、恋愛においても、人間関係においてもいろいろね。

そうしなけりゃ手に入らない。  

 

『現状維持バイアス』には注意しよう。

人間はそもそも現象を変えることを嫌がる傾向があります。

 

変えるのは面倒くさいし、労力もかかる。

今までやってきたやモノへの愛着もある。

だからどうしても今までやってきたことの方を優先してしまうのです。

 

よく「成功した人生」とか「失敗した人生」とか言います。

でも僕はその分け方には違和感を感じるのです。 

人生を成功・失敗に分けるのではなくて、「成功も失敗も知ってる人生」か、「成功も失敗も知らない人生」で分けた方がいいんじゃないかなと常々思っています。

 

僕ならためらうことなくリスクを取りにいく方の人生を選びます。

 

投資にはリスクが伴います。

僕の主戦場は不動産投資だけど、銀行から多額の借入をしたりして僕も巨大なリスクを背負っています。

 

同級生なんかと話をすると僕の借金の額を聞いて目ん玉を丸くしまう。

「とてもじゃないけど自分にはそんな額の借金を背負うなんて無理だ・・」という顔をします。

 

それはそれでいいと思う。

人それぞれ生き方が違うんだから。

だけどこれだけはおぼえておいてほしい。

そうやってリスクを背負うことを嫌い、何も行動しないままでいると自分が抱えている問題は何ひとつ解決されないままなのです。

 

昨日と今日と明日はずっと同じことの繰り返し。

そうやって気づいたときには人生が終わっている・・ 

 

バッターボックスに立ち、三振するリスクを背負ってバットをおもいっきり振らないとホームランは打てないのです。

でもバットをおもいっきり振るどころか、バッターボックスにさえ立たない人も大勢います。

 

僕は真のリスクというのは、『行動をしない』ということだと思っています。

ダイエットの本を読んだだけで痩せることはできないのです。

実際に行動に移さなければ何も得られないのです。

 

何も行動しないということは「それだけ機会も損失している」ということでもあります。

 

たとえば投資を早くはじめて1年間に100万円の利益が得られたら、2年で200万円です。

5年で500万円です。

「投資は危険だ」と言って行動しない人や遅く始めた人はそれだけ利益を得る機会を喪失していることになるのです。

 

5年遅く始めた人は500万円というお金を失っているということです。

500万円って結構な額ですよ。

給与から500万円を貯金するのがいかに大変なことか・・

  

「早くはじめる」ってものすごいパワーなんです。 

モタモタしてるとチャンスはどんどん逃げてゆくのです。

 


リスクを避けてばかりいないで時にはリスクを背負うことも重要。