サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

ありのままの自分で自然体で生きていけば人生がどんどん好転してゆくという話

 

 

世の中には「何でもできなきゃ気が済まない」と考えている人が大勢います。

勉強も、スポーツも、人間関係も、仕事も、恋愛も、etc・・・すべて完璧にこなそうと頑張っちゃうタイプ。

むかしの僕もそうでした。

 

そういう何でも頑張っちゃうタイプの心の奥底には今の自分に対する自信のなさがあったりなんかします。

そのことに気づいた僕は何でもかんでも頑張ることをいったんやめてみました。

 

情けない自分、いろんなことができない自分、頭の悪い自分、結構腹黒い自分、ええ格好しぃの自分、実は誰よりも欲深い自分、etc、、、、

そういう自分の中のダークサイドもひっくるめて、『すべてOK!』にしてみたのです。

 

そしたら不思議なことが起こりました。

いろんなことを頑張ってた頃の自分よりもずっと自信が持てるようになったのです。

 

できなくていいんです。

コンプレックスがあってもいい。

とにかく「そのままの自分」「ありのままの自分」を好きになってみる。

許してみる。

 

そうすることによって僕は初めて『本当の自信』を獲得することができました。

 「自分に自信が持てない…」というジレンマに苦しんでる人はぜひ発想を変えてちょっとやってみてください。

もしかしたらこっちのやり方のほうが自信って得られるかもしれませんよ。

 

自分に自信がなくなるとそれを補うためにいろんなものを足そうとします。

でもいろんなものを足そう足そうとすればするほど苦しくなっていきます。

 

やっぱりどこかで「まっ、いいか」がなければ人間は際限なく『理想』を追い求めていってしまうのです。

「本当の自分はもっとすごいのに」

「理想の自分は今よりも輝いているはずだ」。

このような妄想に取り憑かれると非常に厄介なことになります。

 

その空いた穴を埋めることが人生のすべてになってしまいます。

そして過剰にデコレーションしてしまうようになるのです。 

すべては自信のなさのあらわれです。

 

もっとそのままの素の自分を愛してあげてください。

みなさんはそのままでも十分に魅力的なのです。

厚化粧なんかする必要ないのです。

それなのに過剰に厚化粧をし、香水の匂いをプンプン漂わせているから人が寄ってこないのです。 

 

お金、資格、社会的地位、役職、家、車、etc・・・中には「自分が住んでいるマンションが何階か」といった実に些細なことまで気にする人もいる。

本当に自分に自信がある人はそんなこと気にしません。

たとえ1階に住んでいたとしても「エレベーター待ちをしなくてもいいからラッキー!」ぐらいにドンと構えているものです。

 

自信の根拠を外に求めると必ず苦しくなります。

どこまでいっても満足することができず、「まだまだ」「もっともっと」と際限なく何かを求め続けることになります。

 

エリート・サラリーマンは営業成績がいいことが自分の自信につながっています。

もちろんそれは悪いことではありません。

でもいつもいつもトップ・セールスをキープし続けるということは並大抵のことではないでしょう。

そのプレッシャーたるや相当なものです。

 

営業成績をあげ、どんどん出世してゆくカタルシスは僕も経験したことがあります。

だけどそんなにそんなにいつもうまくいくとは限りません。

社内には優秀な社員が大勢います。

常にそいつらと競争しなくてはいけません。

それは常にものすごいストレスと共に生きることでもあるのです。

 

「お金」でも「出世」でも何でもいいのですが、自分の外に自信の根拠を見つけようとすると必ずしんどくなります。

そういう『見える化』は自分の首を締めるだけです。

なぜなら自信を数値に置き換えれば置き換えるほど、それがダイレクトに自己肯定感と直結してしまうからです。

 

調子がいいときはいいでしょう。

でも人生って調子がいいときばかりじゃありませんよね。

年収だって減るときもあるし、後輩に出世争いで負けるときもあります。

そういう時に見える数値を拠り所にしている人は弱いんです。

一発で心が折れてしまう・・・

 

だから自信の根拠を外に持っていってはいけないんです。

自分の中から自然に沸き立ってくる自信でなきゃいけない。

自信ってもっとモヤッとしたものでいいんです。

そういう漠然としていたものの方が自信をキープしやすい。

だって減ったかどうかもわからないんですから。

 

他人からの評価を自信の根拠にしちゃってる人も要注意です。

中には他者の目を気にするあまり、ノイローゼみたくなっちゃてる人もいます。

他人から評価を得よう得ようといくらがんばってもそれはなかなか手応えはつかめないでしょう。

だって人間ってそれぞれ自分のことで忙しいですからね。

 

みなさんがよっぽどいい仕事をしたり、他者に価値を提供しつづける存在なら話は別ですけどね。

 

 

自信のある人は人からの評価は気にしない

もしも自分のことを心から愛していて自分のやってることに絶対的な自信を持ってる人って人の目とか気にしないはずです。

そのまま自分がサイコーなのですから別に人から評価してもらわなくても構わないわけです。

 

ところが自分に自信がない人はどうしても人からの評価を気にしてしまいがちになります。

こういう人はまわりからチヤホヤされてるうちは天にも昇る心地で気分よく過ごすことができます。

 

でもちょっとでも人から嫌なことを言われたらもうそれだけで気分が落ち込んでしまう。

はっきり言ってそういう生き方は相当しんどい生き方です。

 

お金にしろ、学歴にしろ、肩書きにしろ、資格にしろ、Facebookの友達の数にしろ、『目に見えるもの』を自信の根拠にしない方が心穏やかに過ごせます。

恋愛でも、仕事でも、ビジネスでも何でもそうですが、必死になればなるほどうまくいかないものです。

「こいつ、必死やんけ…」というのが見る人にバレてしまったら途端に引かれちゃうんです。

 

逆に余裕のある人の方が人から好かれたりします。

いつもニコニコしていて多少のことがあっても動じないような人の方が最終的には成功するものです。

 

そのためには『根拠のない自信』が必要です。

外に自分の自信を求めるのではなく、「そのままの自分」にもっと自信を持つようにするのです。

そうした方がきっと精神衛生上、いいですよ。

 

人生で足し算ばかりしているとだんだん生きてゆくのがツラくなっていきます。

僕たちは常に競争にさらされ、「勝つことがすべてなんだ!」という考え方を植えつけられています。

すべては数値され、良い数値の人は「勝ち組」で、悪い数値の人は「負け組」と勝手に思い込んでいます。

 

だからなんとしても勝たなきゃいけない!と思ってどんどんいろんなものを足そう足そうとします。

いろんなことを頑張るようになって結果を出そうとします。

まわりの期待に応えようとします。

努力に努力を重ねて、どんどん「何か」を増やそうとします。

 

でも僕はあるとき気づいてしまったんです。

そうやって何かを足そう足そうとするってことは本当は自分に自信がないからなんだ、と。

「自分には何もない」「何も持ってない」ということを知っているから必死になってその不足分を埋めよう埋めようとしているんだ、と。

 

だって自分に十分満足していれば、わざわざ足す必要ないですもんね。

余裕のヨッちゃんで堂々と構えていることができますもんね。

そうしないでセカセカいろんなものを足そう足そうとする足し算人生。

そりゃ、疲れちゃいますよ。

 

いったい何をそんなに恐れているんでしょうね。

そんな風にいろんなものを身につけなきゃいけない背景には何があるんでしょう。

そこにあるのは『圧倒的な自信のなさ』です。

「そのままの自分」「素のままの自分」でいられない自信のなさがそこにあるんです。

 

何かをして結果を残さなきゃ自分は認めてもらえない

良い数値を叩き出さなきゃ価値がないと思われる

ありのままの自分で生きていたらきっとロクな人生はおくれない

 

そのような強迫観念は非常に厄介なものです。

そういう生き方はしんどい生き方です。

そしてそういう生き方はいつか行き詰まるときが来ます。

 

大切なことはそういう強迫観念を一個ずつ取っ払ってゆくことです。

足し算をするのではなく引き算をしてゆくのです。

そして引き算をしていっても全然、大丈夫であることを一つ一つ知ってゆくのです。

それが本当の自信です。

それが本当の自己肯定感につながるのです。

 

何かを達成したり、目標数値をクリアすることで自信を得ようとするやり方は危ない。

人間はそんなに強くない。

人間はそんなに何でもかんでもできるわけじゃない。

 

足し算の生き方はそういう「できない自分」を否定する生き方です。

結果を出せなかった自分を拒否する生き方です。

でも引き算の生き方は「できない自分」を肯定する生き方です。

何もできなくても、何も達成されなくても、そのままの自分を心の底から認め、愛し、受け入れてゆく生き方です。

 

足し算ばかりしてきた人にとっては引き算することは死ぬほど恐ろしいことだと思います。

でもそれをあえてやってみるのです。

そうすると驚くべきことが起こります。

すべてのことがガラッと音を立てて反転します。

マイナスだったものがプラスになり、暗闇だったものが光に包まれます。

 

インプットばかりしていた人はちょっと本を読むことやめてみる。

資格を取ろうと懸命になっていた人は、「資格がなくても輝ける場所」を探してみる。

情けない自分、弱い自分、失敗した自分、etc・・・なんかを思い切ってみんなの前にさらしてみる。

自分一人で抱えていた仕事を後輩や部下に振り分けて彼らに仕事をまわしてみる。

仕事に150%精力を傾けていたのをストップし、家族とのんびり過ごす時間を楽しんでみる。

 

最初はすごく怖いかもしれません。

とくに頑張り屋さんの人たちにとってはそうやって肩の力を抜いて生きるのは「絶対、無理!」という案件かも、、、

 

でもやってみれば、それほどむずかしいことじゃないということがわかるはずです。

そしてそれを実践した人はやがてこんな風に思うことでしょう。

 

「そのままの自分でも結構イケるじゃん」

「そんなに頑張らなくても人生、うまくいくじゃん」

「リラックスして生きた方が人から愛されるじゃん」

 

そうなのです!

あなたはそのままでも十分魅力的だし、人から愛されていたんです。

あなただけがそのことに気づかないまま勝手に突っ走っていたのです。

 

デコレーション人生から降りよう

僕も恥ずかしながらいろいろデコレーションしていた時期がありました。

少しでもハクをつけようと無理して資格を取ったりなんかして。

あるいは仕事の実績でまわりの人に認めてもらおうとして、必要以上に仕事を頑張っちゃったり。

 

営業成績を上げればそれだけ歩合がついたから自分を犠牲にして働いたりしてました。

でもいつの頃からかそんな風にして無理をして生きることにほとほと疲れてしまったのです。

 

結局のところ、どんなに目標を達成したとしても決して自分の心が満たされることはないのです。

僕が気にしていたのは結局もまわりの目であり、僕が欲していたのはまわりから「承認」だったのです。

 

でもそういうのっていくら追いかけても絶対に手に入るものじゃない。

不毛な消耗戦に突入してゆくだけなんです。

僕は途中でそのことに気づくことができました。

だから僕はその不毛なレースから「降りる」ことにしたのです。

 

それに気づくことができた僕はラッキーでした。

あのまま不毛な闘いを続けていたら僕は今頃すっかり消耗しきって心か体のどちらかを壊していたに違いありません。

 

僕はありのままの自分を愛してみることにしました。

 

何の資格がなくてもいい

営業成績で1位にならなくてもいい

誰からも承認されなくてもいい

そのままの自分をそっくりそのまま好きになってみようと思ったのです。

 

その結果、何が起きたのか?

不思議なことに以前よりも自分に自信が持てるようになったのです。

もう無理する必要も自分を犠牲にする必要もありません。

だからストレスもありません。

 

それでいて「これでいいんだ」「そのままでいいんだ」という圧倒的な自己肯定に包まれました。

スケジュールはスカスカになり、その空白の時間を自分の好きなことに充てることができるようになりました。

好きな映画を観て、好きな本を読み、好きなものを食べました。

一緒にいてハッピーになれる人と一緒にいるようにし、ストレスを感じるような人との付き合いをバッサバッサと切っていきました。

 

もちろん人脈は少なくなってしまいましたが、その代わり、圧倒的な穏やかで落ち着いた心を取り戻すことができました。

とにかく無理をしないこと。

身の丈に合わないことにはチャレンジしないこと。

 

とにかくそのままの自分でいること! 

そして(これがいちばん重要なことなのですが)『何も達成できてない自分でもいいんだ!』と心の底から思うこと。

 

ぜひみなさんもやってみてください。

きっと以前よりもハッピーな毎日をおくれるはずですよ。

 

確かにそういうみなさんの「変化」を悪く言う人も出てくるはずです。

でもそういう人とは付き合わなきゃいいんです。

無理して先頭集団についてゆく必要なんてないんです。

みなさんはみなさんなりのペースで自分の人生を生きればいい。

 

そうした方がきっと幸せに生きらます。

 

僕はそうした「降りる生き方」を選んで、本当に良かったと思っています。

降りる前はあんなに怖がっていたけれど、実際降りてみると全然大したことなかった。

 

 「オレはスゴイやつなんだ」と虚勢を張っていたけれど、本当はとってもビビっていました。

みんなに認めてほしいと思って必死だったけれど、そんなに必死になるということは必死にならざるを得ないほど自信がなかったということ。

 

でももう大丈夫。

そのままの自分でも十分価値があるんだからわざわざ頑張って「それ以上」を目指す必要なんかないのです。

 

僕の人生が好転しはじめたのはちょうどそうやってありのままの自分を肯定しはじめてからのことでした。