サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

欲しいものを手に入れるために何をすればいいか僕が発見した方法を解説します。

 

 

 

みなさんは求めているものがなかなか手に入らなくてイライラしたりしていませんか。

僕は今でこそ自由でハッピーな毎日を送っていますが、サラリーマンをしていた頃はストレスいっぱいの悶々とした日々を過ごしてばかりいました。

 

なぜ僕はそんなに悶々としていたのか。

それは現状が自分が理想としていたものに追いついていなかったからです。

だから僕はそこからいろいろ考えました。

そして、ある一つの結論に到達しました。

 

それは自分が欲しくないと思っているマイナスなものを受け取る覚悟を決めるということです。

 

物事には必ず「いい面」と「悪い面」があります。

「いい面」を受け取ろうと思うと必ずそれに付随するかたちで「悪い面」もついてきちゃうものです。

でもそれを受け入れなければ「いい面」も受け取れない。

 

僕はその法則に気づいたのです!

 

「わがまま」と言われようが、「常識ない」と言われようが、「自分勝手だ」と言われようが、とにかく僕は自分の好きな道を選択して好きなように生きてきました。

そのせいで僕はもしかしたらまわりには迷惑をかけたり、心配をかけたりしたかもしれません。

 

僕は37歳の時に脱サラしました。

2010年12月には自分の会社を設立しました。

今、40代の半ば。

ようやく幸せな毎日をおくれるようになりました。

 

40代半ばにしてこんなに自由でハッピーな毎日を送れているなんて・・・なんだか夢のようです。

 

みなさんは今、何を求めているでしょうか。

自分の人生をどんな風にしたいと考えているでしょうか。

みなさんの夢はなんですか。

みなさんがいちばんハッピーだと感じる時ってどんな瞬間でしょうか。

 

今度機会があったらそのことについて真剣に考えてみてほしい。

別に僕みたいに「脱サラする」とか「事業家になる」とか「会社をつくる」といったような大それたことをやらなくてもいいんです。

 

猫を飼う、海外旅行に行く、まわりからチヤホヤされる、出世する、ダイエットする、禁煙する、etc・・・なんでもいいのです。

とにかく、「こうなったらいいな」「ああなったらいいな」と思えるものを自分の中できちんと把握しておく。

すべてはそこから始まります。

 

そして、それ手に入れるためには具体的に何をしなければいけないのかということを真剣に考えるのです。

そうすることによって人生は好転していきます。

 

僕の場合だったら「会社に縛られないで生きたい」と思っていましたから、会社からの給料がなくなっても生きているように自分でお金を稼ぐ術を身につけようと考えました。

そして、最終的に僕は『不動産投資』というものと出会いました。

 

不動産投資をするためには家賃収入をもたらしてくれる物件を手に入れなければなりません。

そのためには銀行から何千万円という借金をする必要があります。

 

ダイエットを成功させるためには運動をしたり、食事制限をしなければいけません。

禁煙を成功させたかったらタバコを吸うのを我慢しなければなりません。

 

つまり、何かを手に入れようと思ったらそれなりの代償というものをこちらは差し出さなければならないということです。

なんでもタダで手に入ると思ったら大間違い。

 

ところがこの『代償を払う』という行為を自ら進んでやろうという人はほとんどいません。

ほとんどの人はリスクを避けて通る生き方をします。

だからいつまで経っても自分の望んでいるものが手に入らないのです。

 

「栄光」は「恐怖」の先にある

僕が選んだ脱サラ起業するという道はあまり人が選ばない選択でした。

みなさんのまわりに会社を辞めて起業した人っています? 

おそらくあまりいないのではないでしょうか。

 

サラリーマンの世界からドロップアウトするということはとてもとても恐ろしいことなのです。

それは恐怖以外の何ものでもありません。

だってそれはサラリーマンをしていれば享受できることを自らの手で放棄することだから。

 

毎月25日になったら振り込まれる給料

夏や冬に支給されるボーナス

社会的地位

世間体

人脈

肩書き

etc・・・

 

そういったものをすべて失うことの切なさは実際に脱サラして起業した人じゃなきゃわからないことだと思います。

それは身を切るような辛さであり、背筋が寒くなるような恐怖感です。

 

一歩間違ったら奈落の底に落ちてゆくのです。

そして『敗者復活』という概念があまりない日本のような社会では一回でも堕ちてしまったらもう二度と這い上がることができないのです。

 

そんな想いまでしてわざわざ危ない橋を渡る人はいません。

「いろいろ面白くないことはあるかもしれないけれど、我慢して会社勤めを続けていた方がまだマシだ」

多くの人はそう考えるはずです。

 

でも自分の中から湧き上がってくる心の声に僕は従ったのです。

その声に従うことが答えであるような気がしたから・・

 

僕はあえて恐怖に飛び込みました。

リスクを自分から取りに行きました。

その決断は僕の人生の中で最も大きな決断でした。

 

その時、僕は37歳。

自分の中にまだそんな勇気が残っていたことが自分でも信じられませんでした。

 

僕が現在ストレスフリーなハッピーな毎日を送れているのはこの時の大きな決断があったおかげです。

この貴重な経験から僕はある一つのとっても重要な学びを得ました。

「栄光」は「恐怖」の先にあるということです。

 

言い方を変えれば、「恐怖」の中に飛び込まなければ「栄光」を手に入れることはできないということです。

 

会社を辞める

→ 給料やボーナスのない世界に行く

→ 社会的地位を失う

→ 世間から白い目で見られる

→ 自分の才覚だけでお金を稼がなければならない

→ 自分の事業が失敗する→倒産する

→ 自己破産する

→ 巨額の借金を抱える

→ 家族を路頭に迷わす

→ 離婚する

etc、、、

 

こういったことを考えれば考えるほど僕はいつも恐怖のどん底に突き落とされました。

これらのことを考えると夜も眠れませんでした。

実際にあの頃、僕は不眠症に随分悩まされました。

本当に本当に怖った・・・

 

この恐怖は事業家になる道を選択した人なら誰もが経験することだと思います。

でも、この恐怖の先に僕が本当に欲しているものがあるということもわかっていました。

そして、ここを通り抜けなければそこに到達することができないということもわかっていました。

 

だから僕はその恐怖に飛び込んだのです。

 

受け取りたくないものの中に答えがある

「求めているものは最も拒否しているものの中にある」と言ったら、みなさんは驚くかもしれません。

でも40数年間生きてきて僕はその驚愕の事実にたどり着きました。

 

物事にはいい面と悪い面があります。

片方だけしか受け取りたくないというのは都合が良すぎるんです。

片方を受け取りたいのならもう片方も受け取る覚悟を持たなければいけないのです。

 

まわりからチヤホヤされたいのなら嫉妬される覚悟をしなければなりません。

お金持ちになりたいんだったら安定を捨てて何かにチャレンジしなければなりません。

好きな人と付き合いたいのだったらフラれるかもしれないけど告白をしなければなりません。

 

物事というのはすべてにおいてそういう風に『対』になっているのです。

 

人生がうまくいってない人というのはきっと何かを拒否しているのです。

だから入って来ないのです。

 

お金を攻撃したり、バカにしたりしている人でお金持ちになった人はいません。

お金を受け取るのを拒否しているわけですからお金が入って来なくて当然です。

お金持ちになりたかったらお金というものを好きになって、お金が入ってくることを拒否しないようにしなくてはいけません。  

 

うちは猫を飼っています。

本当に可愛くて家族全員毎日癒されています。

だけどご存じの通り生き物を飼うということは並大抵のことではありません。

猫を飼うとなったらそれだけの大変さも同時に受け入れなければならないのです。

 

去勢手術にもお金がかかります。

エサも買ってあげなければなりません。

トイレもいつも清潔にしてあげなければなりません。

家族が猫アレルギーになるリスクも抱え込まなければなりません。

 

猫はすぐ熱中症になってしまうので今まで必要なかったエアコンも取り付けなければなりません。

もう以前のように気軽に家族旅行にも行けなくなりました。

猫一匹飼うだけでもかなり大変です。

ただ単に「可愛い!」「癒される!」だけでは済まないのです。

 

でも、それやこれやを受け入れなければなりません。

それを受け入れなければ猫を飼うことはできません。 

猫を飼うことができなければ猫を飼うことによる幸せも経験することができません。

 

すべては『対』になっているのです。

メリットを得ようと思ったらデメリットも受け入れなければならないのです。

効果を得ようと思ったら副作用も受け入れなければならないのです。

 

欲しいものを手に入れるためには欲しくないものが付いてくることも覚悟しなければいけないのです。

 

人生は時には「開き直り」も必要

プラスとマイナスはワンセットなのです。

プラスを得たかったらマイナスを受け取ることも恐れてはいけないのです。

そのマイナスの中にこそみなさんが求めているものが隠れています。

物事というのはなぜかそういう風になっているんです。

 

だから、もしもみなさんがマイナスを受け取る覚悟ができたのならばきっとプラスを手にすることができるでしょう。

「一方だけを受け取りたい」なんて虫のいい話なのです。

 

もちろんそれはカンタンなことではありません。

今までずっと拒否して避けてきたものなのに急にそれを「受け入れろ」と言われても、なかなかカンタンにはいかないかもしれません。

でもそれをやらなければ本当に求めているものは手に入りません。

 

僕は最初はなかなかできませんでした。

だけど、ビクビクしながらも少しずつ試してみたのです。

そしたら物事は明らかに以前に比べて良くなっていきました。

いい意味での『開き直り』ですね。

 

それを手に入れることによってマイナスがついてきちゃうんだったら、それはそれで受け入れるしかないじゃん! 

僕はそう思ったのです。

 

脱サラ起業するという道を選べば当然社会的地位を失うことになります。

もうサラリーマンではないのですから給料もボーナスもありません。

「〇〇という会社に勤めています」という肩書きも失うことになります。

 

昼間っから家にいるので近所の奥さんたちから白い目で見られることになります。

人と違う生き方を選択するわけですから当然マイノリティーとしての心細さを味わうことになります。

仕事で失敗しても全部自己責任です。

もうかばってくれたり守ってくれたりする上司はいません。

 

その代わり僕には今、圧倒的な自由があります。

満員電車に揺られることもありません。

社内のくだらない人間関係に巻き込まれることもありません。

行きたくもない飲み会に参加しなくてもいいし、接待なんかもありません。

 

サービス残業もないし、休日出勤もない。

すべてのスケジュールは全部自分で決めることができます。

心置きなく家族と自由で楽しい時間を過ごすことができます。

 

要するにプラスを受け取るためにはマイナスも受け取らなきゃいけないということです。

マイナスを受け取るのをいつまでも拒否していたらいつまでたってもプラスは手に入らないということです。

 

みなさんは何を拒んでいますか。

何を受け入れたくないと感じていますか。 

もしかしたらそこに探し求めている答えがあるのかもしれませんよ。

 

恐怖心に負けるな

恐怖心がその人の可能性を妨げてしまっていることもたくさんあります。

だから僕たちはこの恐怖と上手に付き合ってゆく必要があるのです。

 

不動産投資は何千万円も何億円も借金をする投資法です。

それはある人から見ればかなり恐ろしい投資法だと思います。

しかし、現金で購入するわけではないのならどうしても不動産投資をやる人は銀行からお金を借りて物件を取得することになります。

 

普段から「借金なんて絶対にしたくない」「絶対にお金は損したくなくない」と頑なに思ってる人は絶対に銀行から何千万円も何億円も借金したりはしないでしょう。

だからそういう人は不動産投資はできません。

何か別の方法で自己実現を図るより他に手はないのです。

 

僕は不動産投資をやって良かったと心の底から思っています。

現在僕は家族と毎日自由にハッピーに暮らしていますが、これはすべて不動産投資をやったおかげで手に入れることができたものです。

これは不動産投資を実際にやらなければ絶対に手に入れることのできないものなのです。

 

しかし、不動産投資で失敗する人が後をたたないのもまた事実。

多額の借金を抱えて自己破産する人や自殺する人がたくさんいます。

おっかないものです。

カンタンではありません。

 

しかし、その「おっかない」「カンタンじゃない」ものをやらないと手に入らないものもある。

これっていろんなものに置き換えて考えることができるのではないでしょうか。

 

「失敗は嫌だ」

「笑われたくない」

「嫌われたくない」

「損したくない」

「バカにされたくない」

etc、、、

 

そう思えば思うほど成功はどんどん遠のいてゆく。

手に入らないものがどんどん増えてゆく。

僕は人生の途中でこのことに気づいたのです。

 

どこかで決断しなければならないのです。

 

  1. 無難な人生を歩むけど自分の本当に望んでいるものが手に入らない人生
  2. いろいろ大変な目には遭うけれど自分の本当に望んでいるものが手に入る人生

 

さて、あなたはそのどちらを選ぶでしょうか?