サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

お金を得ることとお金を稼ぐことはまったく違うという話

f:id:orange345:20200626082426p:plain

 

 

 

人は実にいろんなことで悩んでいます。

でも突き詰めて考えてゆくと、そこには必ず『お金の問題』というものが横たわっています。

お金が悩みを引き起こし、すべての悩みの源であると言っても過言ではありません。

 

仕事の悩み、人間関係の悩み、恋愛の悩み、子供の教育の悩み、etc・・・

一見するとお金とは関係なさそうな事柄のなかにも必ずお金の問題が潜んでいるものです。

 

逆に言えば、お金の問題をクリアさえすれば悩みも軽減されるものなのですが、多くの人はそのことに気づかないまま日々を過ごしています。

 

僕も散々これまでの人生の中で悩み苦しんできました。

だけど経済的に満たされるようになるとその悩みや苦しみは嘘のように消えていきました。

「なんだ、結局は金の問題だったのか・・」

僕はそのとき、悟りました。

 

お金の問題を抱えないこと

経済的に豊かになること

そのことによって大概の悩みは解決されるということです。

だからお金のことってすごく大事なことなのです。

 

「お金」「お金」ばかり言ってると日本では嫌われたりします。

「金の亡者だ!」なんて言われたりします。

でも僕はお金のせいで散々苦労した経験があります。

 

だからお金というものがいかに大切なものであるか、そしてお金というものがいかにその人の人生に影響を及ぼすものであるかよくわかるのです。

 

 

  1. お金を得ること
  2. お金を稼ぐこと

 

この2つは「似ているようで全然違うものだ」と僕は思っています。

よく人は「お金を得るにはどうしたらいいのか」と言ったり悩んだりしますが、お金を得るだけだったら割とカンタンにできます。

とにかく働けばいいのです。

仕事の内容とか、労働時間とか、労働条件とかを抜きにすれば人は働きさえすれば割りに簡単にお金を手にすることができます。

 

そこには何の才能もいらないし、特殊な能力も必要ありません。

正規社員だろうが、非正規社員だろうが。

 

たとえば昼間の仕事が終わったあとで深夜までコンビニやマクドナルドなどで働けばお替を得ることはできるでしょう。

「時給いくら」の世界に行けば、たくさん働けばそれだけ収入も得られます。

 

僕はサラリーマンとして働いたのち、脱サラしてビジネスの世界に飛び込みました。

そこでいちばん驚いたことは『毎月25日になれば給料が振り込まれるということがない』ということでした。

それはショックでした。

 

サラリーマンの世界は自分でお金を稼ぐ必要のない世界です。

そこが投資やビジネスの世界と決定的に違うところです。

投資やビジネスの世界で、「25日になったら必ずお金が口座に振り込まれる」なんてことはありません。

 

でもサラリーマンの世界では多少病気になろうが、仕事をサボろうが、毎月25日になったら給料が振り込まれます。

それはすごいコトだと素直に思います。

 

その代わり、僕ら投資・ビジネスの世界では「お金を稼ぐ」ことはできます。

ビジネスがうまくいったり、投資が成功したりした場合はサラリーマンの給料よりも大きなお金を稼ぐこともできます。

でもビジネスや投資がうまくいかなかった場合はお金は一銭も入ってきません。

「オレ、一生懸命働いたよ」「知恵を振り絞って投資をしたんだよ」といくら訴えてもダメです。

厳しい世界です。

 

将来お金持ちになりたいと考えている人はまずこのことをしっかりと把握しておかなければいけません。

『お金を得ること』と『お金を稼ぐこと』とは違うんだということ。

そこをきちんん認識しておく必要があります。

 

さて、みなさんはどちらを選びますか。

どちらの方が自分に向いていると思いますか。

そのことを真剣に考えること。

それが人生を大きく左右します。

 

ちなみに僕は「お金を稼ぐ」の方を選択しました。

確かに25日に給料が振り込まれる世界も魅力的ではありましたが、僕はサラリーマンの世界に背を向けました。

そっちの方が性に合ってると思えたからです。

 

何をするにしてもまずは軍資金

自分でお金を稼ぐ方の道を選んだ以上、どうにかこうにかしてお金を稼がなければいけません。

商売をしたり、投資をしたりして何とかお金を稼がなければならないのです。

 

たとえば僕の場合は『不動産投資』というものと出会うことができました。

 

ビル・ゲイツはコンピューター

ウォーレン・バフェットは株式投資

スティーブン・スピルバーグは映画

松下幸之助は家電製品

本田宗一郎は自動車

etc・・

 

商売や投資をやる人というのはサラリーマンではありません。

業種はいろいろあるかもしれないけれど、みんなそれぞれ自分の得意分野を見つけて、そこでお金を稼ぐ術を発見しています。

そのためにはまず、種銭(軍資金)を作らなければなりません。

 

チューリップを咲かせるにしても、ヒマワリを咲かせるにしても、まずは『種(たね)』を植えなければいけませんよね。

それと一緒です。

お金を稼ぐにしても、まずは種銭(軍資金)が必要なのです。

 

僕の場合はサラリーマンをしていたときにせっせと貯金をしました。

そこから軍資金を捻出しました。

不動産の営業マンをしていましたので頑張れば頑張るほど歩合が入ってきました。

営業という職種の素晴らしいところは自分の頑張りしだいで歩合給を稼ぐことができることです。

 

そのようにしてある程度の自己資金を準備して僕は最初の物件を取得しました。

 

鉄骨造3階建

15部屋

3点ユニット

 

ウォーレン・バフェットは『床屋さんにピンボール・マシンを置き、その利用料金を得る』という方法で軍資金を作ったそうです。

そして、そのお金を使って株式投資をはじめました。

孫正義さんは『自動翻訳機』を開発してそれをシャープに売却することでお金を作りました。

 

だからみなさんがもしもが本気でビジネスや投資をやりたいと考えているのならば、まずは何をさておいてもこの「種銭(軍資金)」ってやつをを作らなければいけません。

ところがこの種銭(軍資金)を実際に作ろうとする人はそれほど多くはありません。

 

みなさんのまわりに実際に軍資金をせっせと作ろうとしている人っていますか?

あんまりいないのではないでしょうか。

種銭(軍資金)を作ろうともしないで、「成功したらいいな」「お金持ちになれたらいいな」「自由になれたらいいな」と空想にふけってるだけの人・・・意外と多いのではないでしょうか。

 

僕は空想にふけることは大好きだし、とっても大事なことだと思います。

映画『インサイド・ヘッド』でも描かれていた通り、「イマジネーション」は厳しい現実を生き抜くうえでとっても大切なことだと思っています。

だけど、ことお金を稼ぐということに関しては空想にふけってるだけではうまくいかないのです。

 

大きな花を咲かせるためにはタネを植えなければいけません。

お金を稼ぐためには軍資金が必要なんです。

それが大きな違いを生みます。

 

軍資金をつくることができれば、そこからさらに膨らませることはいくらでも可能です。

でも最初の種銭がなかったら話になりません。

 

「2」を「3」や「4」にするのは比較的カンタンなのです。

いちばん難しいのは、「0」を「1」にすることなんです。

 

まずは毎月の給料から貯金しましょう!

そのお金はやがて『生き金』に変わります。

 

ただ単に貯金しているだけではダメです。

そのお金は将来、投資やビジネスに使われなければ意味がありません。

 

たとえば銀行借入するときの頭金に使われなければなりません。

みなさんのまわりにいる人でも貯金をしている人は多いかもしれません。

だけど、その人は老後のためだったり、いざというときの備えのために貯金しているのではないでしょうか。

僕が言ってるのはそういうことではありません。

 

僕は軍資金の話をしています。

ひと勝負出るためのお金です。

ただ単にお金を貯めているだけではダメなのです。

それでは大きく飛躍できません。

 

ただの貯金からは大したリターンは得られません。

 

軍資金を貯めることは自分への投資です。

そのお金がやがて『本当の資産』を取得するために使われるのです。

 

本当の資産とはみなさんに収入をもたらしてくれます。

そういうものをたくさん手に入れればみなさんは労働力と時間を切り売りする必要はなくなります。

資産がみなさんの代わりに稼いでくれるからです。

 

だから、せっかく貯めたお金を家や車、高級バッグ、旅行なんかに使ってしまったらダメです。

それは単なる買い物です。

ビジネスでも投資でもありません。

みなさんのフトコロには一銭たりとも入ってきません。

 

どうせお金を使うんだったら自分のフトコロにお金をもたらしてくれるものにお金を使いましょう。

他人を儲けさせるのではなく、自分を儲けさせるものにお金を使いましょう。

誰かにお金を「あげて」どうするんですか?


どうしてあなたが一生懸命働いて稼いだお金を他人を金持ちにするために使わなきゃいけないんですか。

そんなことをしていたら、いつまで経っても金持ちにはなんかなれません。

 

1,000万円の自己資金があれば、もしかしたら1億円の投資用不動産を購入できるかもしれませんよ。

銀行は自己資金をきちんと持ってる人を評価します。

それだけあれば銀行はあなたにお金を貸してくれるかもしれません。

 

1億円の収益物件だったら、相当稼いでくれるのではないでしょうか?

その家賃収入は、結構なものになるはずですよ。

そのためだったら、10年間、実家暮らしでもいいじゃないですか。

モノを買うのを我慢して、節約生活を送ってもいいじゃないですか。

 

本気でお金持ちになりたいのだったらそれくらいのガッツを見せなかったら・・

 

  1. 1億円の収益物件
  2. 1億円のタワーマンション

 

この2つの違いが理解できますか?

一方はあなたのフトコロにお金を運んでくれるものです。

もう一方はあなたのフトコロからお金を奪ってゆくものです。

 

ここをしっかりと理解できているかできていないかで、その人の人生というのは大きく変わるのです。

 

「お金がほしい」「お金が大好き」「お金は大切だ」と言ってるわりに、月末になるといつも財布の中身がすっからかんになっている人がいます。

飲み会だとか、洋服だとか、家賃だとか、旅行だとか、パチンコだとか、etc・・・消費するばっかりで、財布からお金が出ていくだけの人がいます。

当然、そういう人は種銭(軍資金)なんてものは持っていません。

 

おかしいですよね?

お金が好きで、お金がほしいんですよね?

そんなにお金を大切に思っているんだったら、もっとお金を自分の手元に残しておけばいいじゃないですか。

どうしていつも月末になったらピーピー言ってるのでしょうか?

 

こういう人はお金を自分の元から離しておいて、「お金がほしい!」と言ってることの矛盾に早く気づかなければいけません。

本当にお金がほしいんだったら、枕元にお金を置いて、毎晩頬ずりしながら寝るぐらいにならないといけませんよ。

 

当然、実家暮らしです。

デートなんかしていられません。

仕事が終わった後に深夜にバイトしたりしてもいい。

「カッコ悪い」だの「疲れる」だの、そんなこと言ってられないのです。

 

「ケチ」と言われようが、「守銭奴」と言われようが、そんなこと気にしてたらお金持ちになんかなれません。

とにかくお金を手元に残すのです。

 

僕の知ってるお金持ちの大家さんは若い頃、バイトを3つも4つも掛け持ちして種銭(軍資金)を作ったそうです。

お金持ちになる人というのは、それぐらいのことを平気でできる『ガッツ』を持っているものです。

 

よく「自分へのご褒美に」とかって言って買い物をしたりする人がいますよね?

でも僕に言わせれば、それは自分へのご褒美でも何でもありません。

それはただ単にお金を消費しただけ。

 

そして言うまでもないことですが、それは自分に一銭もあげてないのと同じことです。

それじゃ、あまりにも自分が可哀想です。

 

人生はゲームのようなものです。

次から次へと「ほしいもの」が出現するゲームです。

あなたも「あれがほしい」「これがほしい」というものがたくさんあるはず。

 

でもその欲望に溺れてお金を湯水のように遣ってばかりいたら当然お金はなくなっていきます。

どんなに一生懸命働いて給料やボーナスをもらったとしてもあっという間に消えてなくなってしまうのです。

 

ゲームの主催者は次から次へとあなたの物欲を刺激するものをあなたに提示することでしょう。

あなたはそのゲームの主催者から提示されたモノを無性に欲しくなります。

そして、ついついそれらの欲しいものに手を出してしまいます。

その時点でそのゲームは主催者の勝ちです。

 

そんなことを繰り返していたらあなたはいつまで経ってもゴールにはたどり着きません。

あなたの物欲を刺激するものはいたるところに用意されています。

 

それを回避することは容易なことではありません。

でもそれをクリアしなかったらあなたはそのゲームには勝てないのです。

 

多くの人は働き、給料をもらい、モノを買い、働き、給料をもらい、モノを買い、働き、etc・・・をエンドレスにくり返してゆくだけの人生をおくります。

頑張って1,000万円を貯めたとしてもたいがいの人はそれを老後の資金とか、旅行とか、車とか、家の頭金などに使ってしまいます。

それらのことはあなたに一銭ももたらしてはくれません。

 

昔は預金金利が8%とかになっていましたので銀行に預けていればそれなりの金利がつきました。

ところが今はそういう時代ではありません。

今は超低金利の時代。

0.1%以下の金利しかつきません。

 

自分に一銭ももたらさないものをどんなにいっぱい手に入れたとしてもあなたはお金持ちにはなれないのです。