サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

人生を鬱(うつ)に支配されないための僕なりの対処法について語ろう。

f:id:orange345:20200612091703p:plain

 

 

www.youtube.com

 

ブログをご覧になられてる方のなかには

「なんか最近、うつっぽいな」「何か元気が出ないな」というカンジで悩んでいらっしゃる方も多いと思います。

 

今回の記事はそんな人にとって参考になるんじゃないかなと思います。

 

「人間関係」と言えば、他人との関係のことをさすと思われがちですが、自分との関係も人間関係のひとつです。

だから自分と折り合いをつけることは非常に重要なのです。

 

でもこれがとてもむずかしい。

みんな自分と折り合いをつけることができなくて苦労しています。

 

他人の場合だったら、「気に入らない」と思ったらその場から立ち去ったり、その人と関わらないならないようにしたりすることができます。

だけど自分自身から逃げることはできないのです。

 

僕の経験上、自分と折り合いをつけるもっとも効果的な方法は『好き勝手に生きる』ということです。

 

我慢しない

自由気まま

わがまま

etc…

 

自分の気持ちをまず大切にしてあげた方がいいと思います。

 

日本人は元来、真面目な人が多い。

だからついつい自分のことよりも他人のことを優先させちゃう人が多い。

僕は日本人にうつ病になる人がこんなに多いのもわかるような気がするんです。

世界的にみても自殺率が高いのも頷けます。

 

だってみんな真面目すぎるんだもの!

 

自分のことをよりもまわりのことばかり気にしすぎているのです。

自分の気持ちを第一に考えていないからやがて自分と折り合いも取れなくなってゆく・・

 

僕がここで言ってるのは、『自己肯定感』ってやつだと思います。

誰が何と言っても自分だけは自分のことを肯定してあげるということ。

自分が自分のいちばんのファンでありつづけるということ。

 

一歩間違えたら、ナルシスト

一歩間違えたら、痛いヤツ

 

でもそれくらい図々しいヤツになってもいいのではないでしょうか。

特に普段からうつ気味な人は・・

 

「自己肯定感」と「わがまま」って表裏一体。

だけど、自己肯定感と言うと何やらポジティブなカンジがして、わがままと言うと何やらネガティブなカンジがする。

どちらも似たようなものなのに・・

  

もっと「わがまま」になってみよう

ナルシストは自分と折り合いがついてる人です。

たとえそれが虚構だとしても本人が虚構だなんて思ってないんだから、それは虚構ではありません。

 

まわりに合わせて

まわりに気を遣って

我慢して

自分を押し殺して

etc・・・

 

他人との関係の構築のことばかり考えすぎて自分との関係の構築を疎かにしていませんか。 

たまには他人ではなく、自分の声に耳を傾けてみましょう。

そしたら、「本当はこんなふうに生きたいんだ」とか「本当はこんなことがやりたいんだ」ということがわかってくるはずです。

そういうものが見えてきたら躊躇わずにやってしまいましょう。

 

まわりの声なんか気にする必要はありません。

気にするべきは自分の声です。

 

失敗してもいいんです。

笑われてもいい。

自分を優先させましょう。

自分を大切にしましょう。

 

「自分と折り合いをつける」ってそういうことですよね?

 

真面目でいい人ほど自分よりも他人を優先してしまうものです。

「真面目な人ほどうつ病になりやすい」とよく言われるのはそのせいもあると僕は思ってます。

 

もっとわがままに、もっと大胆に、もっと横柄に生きてみましょう。

たまにはタバコをふかして、ふんぞりかえってみてはどうでしょうか。

 

今までやってことをやってみてください。

今まで「そんなことをやってはいけない」と禁止していたことをやってみましょう。

 

オープンカーでも買ってみたらどうでしょうか?

たまにはユニクロではなくて、コム・デ・ギャルソンとか着てみたらどうでしょう?

日焼けサロンにでも行って真っ黒になってみるのは?

髪を金髪に染めてみるのは?

 

今までの逆のことをやってみましょう。

今までの自分を脱ぎ捨ててみましょう。

僕はそれがうつ病から脱するいちばん手っ取り早い手段だと思ってます。

 

わがままに

自分勝手に

自由に

人に迷惑をかけて

人から白い目で見られて

etc…

 

「あんな大人になってはいけませんよ」とすれ違う子育てママに言われるような人間を演じてみるのもおもしろいと思いますよ。

道化を演じてみるんです。

役者になりきってみましょう。

 

「本当のあなた」なんてまわりの人にはわかりません。

本当の自分をカムフラージュするんです。

仮面(マスク)をかぶるんです。

 

ときには「歌舞く(かぶく)」のもいい。 

自分の気持ちを最優先させましょう。

「他人とうまくやる方法」もいいけど、「自分とうまくやる方法」も大事にした方がいい。

自分との関係も人間関係なんですから。

 

ちゃぶ台をひっくり返せ

本当は何かやりたいことがあるんじゃない?

本当は何か言いたいことがあるんじゃない?

本当はどこか行きたいところがあるんじゃない?

 

すべてやってしまいましょう。

自分のわがままを通しましょう。

自分のわがままを通せば、そりゃ、波風は立ちます。

 

「なんだアイツは」なんて言われたりもするでしょう。

でもそれでいいんです!

自分を押し殺して、青白い顔をして、ため息をつきながら残りの人生を生きるよりそっちの方がマシじゃありませんか?

 

波風を立てよう

波紋を広げよう

思いっきりちゃぶ台をひっくり返して好き勝手に生きよう

etc…

 

そうすればきっと今よりラクになれるはず。 

 

「本当は何がしたいのか?」「どんなふうに生きたいのか?」を考えることってすごく重要です。

そして、それを素直に受け取り、実際にそれをやっちゃうことはさらに重要。

 

ほとんどの人がこれができなくて苦しんでる。

ほとんどの人がこれができなくて同じところにとどまり続ける。

現実だとか、世間体だとか、常識だとかに縛られて・・・

 

でもみなさんはそれをやってしまいましょう。

一線を超えてしまいましょう。 

 

日々の雑事に追われてばかりいると、本当に人生が『日々を雑事をせっせとこなすこと』だけで終わってしまいますよ。

 

勤勉なのはいい

真面目なのもいい

でも『本当にやりたいこと』を優先させてほしい。

 

そうしなければ、人生は「やらなければいけないこと」に支配されてしまいます。

 

人間の幸福って「こういう状態になれば」といったような『条件』で決まるものではないと思います。

人生はTOEICや宅建の試験じゃないんです。

 

「箱のなかにはどんなものが入っていますか?」という中身の問題です。

「自分自身と折り合いがついているか?」という問題です。

 

自分の生き方に納得できてる人

何か夢中になれるものを持っている人

夢に向かって邁進してる人

etc・・・

 

そういう人って『鬱(うつ)』とは無縁なんです。

  

でも人間ってついつい外側の部分ばかり気にしちゃう。

「中身」や「内容」の部分を充実させようと思わなくなっちゃう。

 

あいつは〇〇という会社に勤めてるとか、〇〇という大学を卒業したとか、そういう外側の部分というハードウェアの部分ばっかり気にしちゃう。

自分の心をもっと大切にしてあげてほしい。

 

いちばん大切なことは『どんなソフトをインストールしているか?』ということ。 

 

恋愛

仕事

趣味

特技

イデオロギー

考え方

価値観

哲学

洞察力

識別眼

etc・・・

 

さて、みなさんはどんなソフトをインストールしてますか?

 

我慢では何も解決しない

 

仕事をやめたい → 辞めたらええやん

あの人と別れたい → 別れたらええやん

 

そのあとに「でも」とか「そうは言っても」は言いっこなし。

それを言った瞬間、濁る。

 

もう答えは出てる。

 

心の奥底から湧き上がってきた、その想い

いちばん最初の純度100%の、その想い。

それが答えです!

 

今まで「自由に生きてる人」や「チャランポランに生きてる人」のことを『許せない・・・』って思って生きてきませんでしたか?

それはもしかしたら、「本当はあんなふうに生きたい」という願望の裏返しかもしれません。

 

これからはもっと本当の自分の心の声に耳をすませてみましょう。

 

本当はやりたいことがあるんじゃない?

本当は言いたいことがあるんじゃない?

本当は行きたいところがあるんじゃない?

 

それを、ぜひやってみてください。 

ちゃぶ台をひっくり返してください。

波風を立ててください。

 

もう『我慢』という方法で状況をなんとかしようとするのはやめましょう。

そのソリューションではうまくいかない。

そのことは今までの人生で散々学んできましたよね。

 

我慢してばっかりいるからどんどん自分の中に何かが溜まってゆくんです。

自由奔放に生きてる人はそういう何かを溜め込まない人です。

 

だから彼ら・彼女らのことを、「ズルい」「許せない」「ムカつく」と思ったんじゃない?

 

「私はこんなに我慢しているのに」

「私はこんなに歯を食いしばっているのに」

「私はこんなにまわりに気をつかっているのに」

って・・

 

本当はうらやましかったんじゃない?

本当は「自分もああなりたい」と思っているんじゃない?

 

だったら我慢しないでやってしまいましょう。

彼らみたいに自由奔放に生きてみましょう。

彼らみたいに思いっきり大きな声で笑ってみましょう。

観客席の隅っこで彼らの一挙手一投足をじっと見てばかりいないで、自分が舞台に上がって思いっきり躍動しましょう。

 

わがままに生きてる人を見習って今日から他人ではなく自分軸で生きるのです。 

それが「自分らしく生きる」ってこと。

 

(いい意味で)まわりの期待を裏切ってみよう。

 「そんな人だとは思わなかった・・」「そんな自分勝手な人だとは思わなかった」って言われてみよう。

嫌われてみましょう。

 

そしたら、あなたは自由になれる。

本当の自分になれる。

生きてゆくのが少しだけラクになる。

 

気がついたら、それまであんなに苦しんできた『鬱(うつ)』を克服している。

全部、これ、僕が経験してきたことです。

 

 

www.youtube.com