サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

嫌な人間関係の悩みから逃れるための僕なりの方法を伝授します。

 

あなたは今、人間関係に悩んでいませんか?

くだらないヤツのそばにいて、苦しい想いをしていませんか? 

あるいは自分とまったく合わない人と言い争ったり喧嘩したりして、エネルギーを消耗していないでしょうか?

 

もしもみなさんがそういう悩みを抱えているのなら責任の一旦はみなさんにもあります。

なぜか?

そういうあなたを疲れさせるような人のそばから離れようとしなかったわけですからです。

 

ある意味においては、みなさんが抱えている人間関係の悩みや苦しみはみなさん自身が引き寄せたとも言えるのです。

 

僕も散々、人間関係に悩んできました。

でもある時、「自分が苦しくなるようなヤツのそばにいるから苦しくなるんだ」ということに単純な法則に気づきました。

 

それ以来、一緒にいて苦しくなるような人のそばにはなるべく近寄らないように生きるようにしました。

そしたら人生がどんどん変わっていきました。

 

どうやら『人間関係』ってやつは僕たちが思っているよりも深く僕たちの人生に影響を与えているみたいです。

 

意地を張り合って誰かと喧嘩することほどアホなことはない

僕はいつも誰かと意地を張り合うということを極力しないように努めています。

これまでの人生の中で「誰かと意地を張り合ってもまずロクなことにならない」ということを散々学んできたからです。

 

特にムカつく相手や「自分とまったく価値観が合わない」と感じた相手などが目の前に現れたときなどは真っ先に衝突を避けるようにしています。

「オレ、ちょっと変わってるからさ」「オレ、世間の常識とズレた人間だから」とか言ってその場から立ち去るようにしています。

 

その態度はある人に言わせれば「逃げてる」ということになるかもしれません。

あるいは「情けない」「男らしくない」ということになるかもしれません。

でも僕は誰かにそう思われても一向に構いません。

 

プライドがないとか弱いとかそういうことではありません。

僕だって喧嘩しようと思ったらいくらでも喧嘩することはできるんです。

ただ戦略的にそのような態度を取らないように気をつけているだけです。

 

なるべく関わらない。

それ以上深入りしない。

意地を張り合って誰かと喧嘩することほどアホなことはありません。

 

『金持ち喧嘩せず』という言葉もあります。

くだらないことで誰かとぶつかってエネルギーを消耗することは時間の無駄以外の何ものでもありません。

 

「議論を通じて分かり合う」とか「理解を深める」とかそんなことは僕にはどうでもいいことなんです。

それはあまりにも長すぎるし、労力がかかりすぎる。

 

そもそも分かり合いたくもない相手とどうして分かり合ったりしなきゃいけないのでしょうか?

僕はなるべくハッピーに生きていたいのです。

一緒にいて楽しくない相手とは一秒たりとも一緒にいたくないんです。

 

それが子供っぽい態度であることは百も承知です。

だけど僕は事業家です。

自分の人生を好きなようにコントロールすることができる立場にあります。

 

もう僕はサラリーマンじゃないのです。

だから思いっきりわがままに自由に生きたいと思っています。

貴重な時間を無駄にしたくないのです。

 

世の中にはいろんな人がいます。

そして、それぞれがいろんなことを考えています。

 

僕だっていろんなことを考えています。

すると当然、意見の食い違いや考え方の違いといったものが出てきます。

それがエスカレートしてゆくと『衝突』というところにまで発展してゆく可能性もあります。

 

僕はそれはそれで仕方がないことだと思っています。

人が生きている限り、そこは避けて通ることができないのです。

 

ただ僕はそういった争う場面に遭遇したらなるべく喧嘩しないようにしています。

余計なことにパワーを使いたくないんです。

たとえその相手を言い負かしたとしてそれによって僕にいったいどんなリターンがもたらされるというのでしょうか。

 

僕は事業をやってる人間です。

やらなきゃいけないことは山ほどあるんです。

はっきり言ってくだらない相手と関わってるほど暇じゃないんです。

 

ハッピーな気分になれないようなものにエネルギーを注ぎ込むことほどバカげたことはありません。

一銭のトクにもならない。

どうせエネルギーを注ぐんだったら見返りのあるものに注ぐべきです。

 

自分がハッピーになれるものに注ぐべきです。

どんなにこちらが正しくても。

どんなに相手に余裕で勝てたとしても。

相手がこちらに恨みを持ったり、反感を抱いたりした時点で僕の負けです。

 

いちばん賢いのはそもそも戦わないことなのです。

戦いそのものから逃げることなのです。

ただ勝てばいいというわけじゃない。

誰かとぶつかりそうになったらさっと身を引くのです。

 

身を引いて、相手を立ててやる。

そして、その場から静かに立ち去る。

これで万事うまくいきます。

 

これが気持ちよく生きてゆくためにもっとも必要な方法なのです。

実践している人はあんまりいないけど・・

 

そいつが明らかに間違っているんだったらそのままにしておいてあげよう

僕らは誰かと喧嘩するためにこの世に生まれてきたんじゃない。

誰かと争うために生きてるわけじゃない。

幸せになるために生きているんです。

 

くだらないプライドやエゴは捨てましょう。

幸せな気分をぶち壊しにするようなシチェエーションはなるべく避けるようにしましょう。

そうすれば少なくとも心がザワつくことはありません。

 

人生にはもっと注力しなきゃいけないことがいっぱいある。

がっつりエネルギーを注ぎ込んで取り組まなきゃいけないこと山のようにある。

 

パワーはそういう時のために取っておきましょう。

僕はそんな風に考えるタイプの人間です。

 

みなさんはどうですか?

目の前にいる相手が明らかに間違ったことを言い始めたとしてもそれを指摘しないでいられますか?

 

その人がムカつく相手だったらますます間違いを指摘しちゃいけないんです。

喧嘩しちゃいけないんです。

間違っても「間違いを直してあげよう」なんて考えたらダメですよ。

絶対に直りませんからね。

 

その人がおかしな考え方をしているんだからそのまま黙って放っておきましょう。

そのうち勝手に自滅していきますから。

だからそっとしとけばいいんです。

 

こちらがわざわざ手をわずらわせる必要はない。

正しいことを教えてあげる必要なんてないんです。

その人が間違っているんだったら間違ってるままにしておいてあげましょう。

 

この世でハッピーに生きてゆくためには「コツ」のようなものがあるんです。

『不毛な争いはしない』というのもハッピーに生きてゆくための一つのコツです。

 

ましてや自分の人生を左右するような大問題だったり、自分のビジネスや収入に直結した話でないならなおさら無用な戦いは避けたほうがいい。

これができた人から順にうまくいく。

 

人生がうまくいってる人というのは意識的にしろ無意識的にしろこのことをよく知っています。

 

成功している人はくだらないことに時間を割いたりはしません。

自分を成功に導くものにだけ精力を注ぎ込みます。

だから成功者になれるんです。

 

成功者になれない人というのはプライドばっかりが高くて、肝心なところが抜け落ちている。

本当は何にエネルギーを注がなきゃいけないのかということをわかっていない。

だからいつまで経っても浮上しないんです。

 

誰かに何かを言われたからってニコニコしていればいいんです。

「そうですね」って言って受け流せばいいんです。

どうせくだらない奴なんですから。

 

そのくだらない奴に何を言われたからって気にする必要なんかないんです。

心の中で「こいつ、何もわかってないな」って思っていればいい。

それで万事うまくいきます。

 

自己主張してその人とぶつかるから疲れるんです。

自分の正しさをその人に分からせようとするから話がおかしくなるんです。

 

喧嘩することによって何かメリットがあるというのなら話は別です。

でも喧嘩して何らかのメリットがあるというのはほとんどのケースでありません。

ほとんどのケースは勝っても負けてもデメリットの方が大きい。

 

ただ単に膨大なエネルギーを消耗するだけです。

それだったら最初から喧嘩しないのがいちばんいいのです。

 

輩(やから)が目の前に現れたら一目散に逃げる

なぜ日本人は『逃げる』という行為を極端に嫌がるのでしょうか。

どういうわけだかこの国では逃げるということを何か恥ずかしいことであるかのように捉えている人が大勢いる。

 

みんなこの『逃げる』という手段を使わないから苦しくなるんです。

逃げないから八方塞がりになるんです。

 

もっと自分の人生にこの『逃げる』という方法を採用してあげてください。

それだけできっと人生は今よりも良くなると思いますよ。

 

特に人間関係の悩みというのはずっとついて回ります。

この人間関係の悩みとまともに正面からぶつかってもまずうまくいきません。

時には逃げることも必要なのです。

 

精神的に追い込まれちゃって心の病気になったりする人がいますよね。

そういう人もどこかの時点でこの『逃げる』という手段を採用していればそこまで追い込まれることはなかったのではないでしょうか。

 

どうして逃げずに頑張っちゃったんでしょう?

どうして逃げずに立ち向かっていっちゃったんでしょう?

 

世の中にはいろんなタイプの人間がいるんです。

精神が図太くて、攻撃的で、どんな人間関係のストレスにも耐えれる人もいます。

その一方で心が弱く、人間関係のストレスに弱い人もいるんです。

 

人間関係のストレスに強い人はそのまま人間関係の中で生きていればいい。

でも人間関係のストレスに弱い人は強い人と同じことをしていたんじゃダメです。

何か別のやり方でピンチを切り抜けなきゃいけない。

 

その方法でいちばん賢いのが『逃げる』という方法なんです。

 

親や学校の先生は「逃げちゃいけない」とあなたに教えたと思います。

みなさんのまわりにいる人たちは「逃げることは恥である」「逃げることは卑怯なことである」とあなたに教えたと思います。

でも僕はまったく逆のことを言います。

 

積極的に逃げましょう! 

特に自分を傷つけるような『輩(やから)』が目の前に現れた時は一目散にその場から立ち去るようにするんです。

それが自分の身を守るいちばん手っ取り早い方法です。

 

僕はこのやり方でなんとかサヴァイヴしてきました。

僕みたいな弱い人間がこの厳しい社会で生き延びるためにはどうしてもこのやり方は必要なことでした。

 

嫌なヤツというのはどこに行ってもいるものです。

そういう人と深く関わってしまってはいけません。

 

真面目でいい人ほど人に冷たくすることができない。

だからいつもターゲットにされちゃうんです。

狙われる前に逃げなきゃいけないんです。

 

勇気なんかいりません。

ヘンな連中に餌食にされて身も心もボロボロにされるかもしれないのに『勇気』もクソもあったものじゃありません。

 

弱いと思われてもいい

情けないと思われてもいい

 

大切なことは相手に傷つけられないということ。

相手の思うツボにならないということ。

 

相手は喧嘩することに慣れているし、誰かと争うことなんか何とも思っていないんです。

なんと言っても神経が図太いですから。

そういう連中とまともにぶつかっても、まずいいことなんかありません。

 

ビジネスでも、投資でも、どこかの時点で「撤退する」という選択ができなかった人が最後に行き詰まるんです。

損切りができないんです。

レッドゾーンを超えてまで頑張っちゃう。

 

そして、気が付いた時にはもう後戻りできないところまで来ちゃってる・・

なぜもっと早い段階から逃げるという手段を用いなかったのでしょうか?

 

例えば、みなさんの目の前で誰かの悪口を言い始めた人がいたとします。

そういう人が現れたらあなたはその場からさっと「逃げる」ようにしましょう。

 

悪口を言う人のそばにいると必ず悪い影響を受けます。

心も悪くなるし、体も悪くなります。

 

「最近、なんか体調が良くないな…」と感じたら自分のまわりにいる人がどんな人なのかということをもう一度再確認してみてください。

 

誰かの悪口を延々と言ってる人がいませんか?

その人が発するマイナスの言葉に毒されていませんか?

その人の負のオーラの影響を受けていませんか?

一緒になって悪口大会に参加したりしていませんか?

 

僕が言ってる『逃げる』というのはこういう人のそばから離れて、その影響を受けないようにするという意味も含まれているのです。

もしも本当にハッピーな人生を送りたいのならいつもいつも誰かの悪口を言ってるような人のそばにいてはいけません。

 

悪口は悪い出来事を引き寄せる呪文です。

そんな言葉ばかりを普段から発している人が幸せなことやラッキーなことを引き寄せるわけがありません。

 

見ていてください。

悪口ばかり言ってる人には必ず良くないことが起こりますから。

 

暗くて苦しい人生を送りたいのならどうぞそういうネガティブなことをまわりに撒き散らす人のそばにいてください。

明るく楽しい人生を送りたいのならその人のそばから離れましょう。

これはすごく重要なことです。

 

ましてやそういうネガティブな人と喧嘩なんてもってのほか。

どんなにその人からひどいことを言われたって、攻撃されたって、決して相手にしてはいけませんよ。

 

もしもあなたがその挑発に乗っかって反撃でもしてきたら、そういう人は「待ってました!」とばかりにあなたをとことん追い詰めることでしょう。

そして、あなたを完膚なきまで叩きのめすでしょう。

 

それが趣味みたくなっているのです。

攻撃対象を見つけて、それを叩くことによって自分の中に蓄積されたストレスを発散しようとしているのです。

そんな最低の人間のそばにいて人生が良くなると思いますか?  

 

その場にいない誰かの悪口を言って盛り上がってる集団ほどくだらないものはありません。

そんな連中と関わっていたってロクなことにはなりませんよ。

 

そういう連中は自分が口にした毒のせいで、やがて破滅してゆくことでしょう。

みなさんはその崩壊を遠くからそっと眺めていればいいんです。

 

人生をうまくいかせる人、成功する人、本当にスゴイ人というのはそんな連中と付き合ったりしません。

どんなに孤独になったとしても、ネガティブなオーラの中で自分を置こうなどとは考えません。

自分の身を守るために、一目散に逃げ出すことでしょう。

 

そしてその自分の運勢を悪くさせるようなものの影響を受けない場所まで『逃げる』のです。

だからその人はハッピーな人生を送ることができるのです。

 

人間関係というものを軽く見てはいけません。

意外に僕たちの人生というのは人間関係というものの影響を受けるものなのです。

だからこそ「どんな人と付き合うのか」というものをきっちりと考えなければいけないのです。

 

ましてや、くだらないヤツと言い争ったり喧嘩したりするなんてまったくナンセンスですよ。

決して近づいてはいけませんよ。

そういう人がそばに来たらそこから逃げるんですよ。

 

間違ってもその人のことを「正してあげよう」とか「直してあげよう」とか思ったらダメですよ。

絶対に直りませんからね。