サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

まわりと違っていたとしても自分の好きなことをやった方がいい理由について

www.youtube.com

 

仕事の悩み、恋の悩み、人間関係の悩み、人生の悩み、etc・・・人はそれぞれいろんな悩みを抱えているものです。

僕もこれまでの人生の中でさまざまな悩みに苛まれてきました。

 

でも数ある悩みの中でも『親の過度な期待に関する悩み』は根が深いものです。

そしてそういった毒親からのプレッシャーに悩んでる人って結構います。

 

僕も両親が学校の先生だったから子供の頃からさまざまな期待をかけられて育ちました。

そしてその両親の期待に応えることができなくて随分悩みました。

 

でも悩みがある自体は必ずしも悪いことじゃないんです。

よく言われてることですが、悩みは人を成長させてくれます。

それは間違いありません。

 

今回はさまざなな悩みを(とくに親からの過度な期待に関する悩みを)抱え込んでいる人たちのために書きました。

 

実際悩みを抱えた時にどのようなマインド・セットでそれと向き合い、それを乗り越えたらいいのかということについて僕の考えを綴ってみたいと思います。

 

自慢するわけじゃないけど僕も散々悩んできたクチです。

でもこうして落ち着いた生活を送るようになって思うことは「なんで、オレはあんなに悩んでいたんだろう…」ということです。

 

あんなに悩まなくても良かったのではないか?

あんなに苦しまなくても良かったのではないか?

 

でもあんなに悩んで苦しんだきたから答えを発見することができたのではないかという想いもある。

だから人間の過去って全部OKなんです。

現在が満たされていれば、それですべてがOKになっちゃう。

 

今、悩みや苦しみを抱えている人も「いつかきっとオレもこいつ(僕のこと)みたいになれるはずだ」って心に強く思ってほしい。

必ずなれるから。

 

悩んでるあいだはそんな心の余裕なんてとてもないものです。

それもよくわかります。

なんせ切羽詰まってるから。

 

それで答えを探しにいろんなところに旅をしに行ったりする。

「自分探しの旅」に出る。

 

僕の経験上、外に向かって旅をしても答えなんか見つからない。

本気で答えを見つけたいんだったらどこかの時点で自分の内面に向かわなきゃならない。

そこにしか答えはないのです。

 

でもかつての僕もひっくるめて、そんなところに答えがあるなんて思ってもいないから、「どっかに答えはないか?」といった具合に外に答えを探しに行っちゃう。

それで結局見つからなくて堂々めぐりを繰り返すハメになる・・・

 

なかには探しに行っちゃったきり戻ってこられなくなる人もいる。

 

現実的なことばかり考えてる人の人生には現実的なことしか起こらない

でも僕は自分探しの旅ってすごく大事なことだと思っています。

少なくともそういう旅をしようと「思った」というだけで僕に言わせれば合格点です。

 

ほとんどの人は大学を卒業してサラリーマンになった瞬間、自分探しの旅なんてものはしなくなっちゃう。

夢とか理想とか、自分の中にある「こうしたい」「ああしたい」という欲望とかを4月1日の入社式で全部捨てちゃう人がほとんどです。

 

それが大人になることなんだとか、それが社会人になることなんだとか言って・・・

それで自分探しなんてやってるやつを見ると嫌悪感を抱いたり、バカにしたりするようになる。

 

こうなったらもう人生は「あがり」ですね。

その人の人生はそれでほとんど決まってしまいます。

あとは25日の給料と夏と冬にもらうボーナスだけを楽しみにするだけの人生を生きるだけ。

 

でも自分探しをする人っていうのは少なくとも何らかのポテンシャルは持っていると僕は思っています。

これから先、どう化けるかわからない。

 

もしかしたら何者にもなれないで終わるかもしれない。

だけどポテンシャルだけはある!

 

自分探しってものすごくパワーのいることなんです。

でもそれは「何とかしよう!」っていうパワーです。

それがいい方向へ向かえばすごいことになるかもしれない。

 

何もしなければどこへも到達することはできない。

夢はまず見るところからスタートします。

現実ばっかり見ていて、現実的なことばかりを考えていて「たまたま夢が実現しちゃった」っていうことはない。

 

あなたが信じてることは単なる勘違いかもしれない

自分探しって本当の自分を見つけにいくこと。

でも僕に言わせれば、本当の自分を見つけたいと真剣に思ってる人ってあまりいないような気がする。

 

みんな「親が作った自分」とか、「学校の先生が作った自分」とか、「まわりにいる人たちが作った自分」を演じているだけのような気がする。

 

自分探しをするなら本当の自分に会いに行かなきゃなりません。

例えば「オレはダメな人間なんだ」って自己嫌悪におちいってる人がいます。

あるいは「オレの人生は何をやってもうまくいきっこないんだ」ってすぐ口にする人もいます。

 

そういう人に僕は聞きたい。

それ、本当にあなたが言ってる言葉ですかって。

 

本当のあなたが言ってる言葉だとしたら、たぶんその人の人生はたぶんロクなものにはならないでしょう。

なんせ物事というのは思ったことが実現するようになっていますから、心の底から「クソだ」と思っていたら、その人の人生はきっとクソのようなものになります。

 

だけど、「オレはダメな人間なんだ」とか「オレの人生はうまくいかないんだ」ということが単なる勘違いだったらどうします?

親や学校の先生やまわりの人たちがあなたにそう言ってただけで、実は事実と違っていたらどうします?

 

本当の自分はそんなこと微塵も思ってないのにまわりの人たちのせいでそう思わされていただけだとしたら?

それってとっても怖いことだと思いませんか?

 

でも僕に言わせればそういう洗脳を受けている人がたくさんいます。

それで事実と違うことを信じ込まされて、自分のことを嫌いになったり、自分のことを実際よりも低く見たりしている人がいっぱいいる。

 

とても悲しいことだと思います。

 

親だって未熟者

本当はものすごい芸術の才能があるかもしれないんですよ。

パンを作らせたら右に出る者はいないっていうくらいパン作りの才能があるかもしれないのです。

 

もしかしたらビジネスの才能があってちょっとだけ頑張れば大金持ちになれるかもしれないのです。

もしかしたらアプリ開発とかできちゃうかもしれない。

 

それなのに「オレはこんなもんだ」とか「どうせオレは何やったって無駄さ」とか言っていつまでもその場にとどまり続けるだけの人生を送っていたら物事というのは絶対にうまくいかない。

 

物事というのはその人が何を思ったかによって変わるんです。

ヘンなことを思っていたら結果もヘンなものになります。

 

でもそれはみなさんが悪いんじゃない。

みなさんにそう思わせたまわりの大人たちが悪いんです。

 

だからどうか自分探しをやってください。

そして本当の自分と出会ってください。

本当の自分の心の声に耳を傾けてください。

親から言われたことを真に受けないでください。

 

僕は自分が親になってみてようやくわかりましたけど、親なんて全然完璧な人間じゃないんです。

歳をとってるかもしれないけれど、いつまでたっても未熟者です。

 

言うことだってかなり間違ってることも多い。

その親の間違ってることを「正しいことだ」と勘違いして、勝手に思い込まないでください。

 

親がどんなにあなたのことを悪く言ってたとしてもそれは決して正しいわけじゃない。

親の言ってることの方が間違ってる場合だってあるのです。

 

僕も散々、親から学校の成績のことで責められました。

とにかく僕は勉強ができなかったから、「このままだったらお前はロクな人生は送れないぞ」「お前の将来は暗いぞ」「成功できないぞ」etc・・・

もうボロクソ言われました。

 

でもそれ全部間違っていました。

僕は今、とてもハッピーで、経済的にも精神的にも満たされていて、事業もうまくいっています。

 

つまり彼らは間違っていたんです。

僕は親の言うことを真に受けなくて本当に良かったと思っています。

 

だけど冷静に考えてみたらこれって誰でもすぐわかることなんです。 

もしも勉強できる人間が本当に幸せな人生を送れるなら学校時代に成績が良かった奴から順に幸せになっていなきゃおかしい。

 

でもクラス会に行ってみたらわかるでしょ?

必ずしもそうなってない。

 

成績の良かったやつが必ずしも出世していたり、成功したりしてるわけじゃないですよね。

なんでオレはそんな簡単なことがわからなかったんだろう・・・

 

親の期待に応えられなかったとしても気にする必要ない

親の期待に応えられなくたっていいんです。

自分の期待に応えていればそれでいい。

 

みなさんは自分の親よりもずっと長く生きなくちゃいけない。

親が死んでもみなさんの人生はまだまだ続いてゆくんです。

 

親の顔色ばかりを伺って生きるのはもうやめましょう。

真面目でいいコほど親の期待どおりのキャラを演じようとしちゃう。

 

僕みたいに落ちこぼれだったら、最初から親の期待を裏切っちゃってるからラクですよ。

 

だって自分の人生だもん。

自分は『自分の人生の主人公』だもん。

 

シナリオを書いているのはあくまでもみなさんなんです。

親の書いたシナリオに自分を当てはめる必要なんかないんです。

 

大体にして親は子どもに無理難題を押し付けすぎなんです。

自分は英話が苦手だったくせに子どもにはTOEICで何百点以上を取らせようとする。

それでそのコが英語の成績が悪かったりなんかしたらそのコをコンコンと説教する。

自分は大して英語の成績が良くなかったくせに・・・

 

もうやってることが無茶苦茶なんです。

もしかしたらそのコは英語なんか習うよりもコンピューターをやった方が才能を発揮するかもしれない。

 

それなのに親は自分の中に「コンピューターをやる」という発想がないもんだから無理やり子どもに英語を習わせようとする。 

みなさんは親の期待に応える必要なんかないんです。

 

親をがっかりさせたからってみなさんが自信をなくす必要がない。

いちばん重要なことは40歳ぐらいになった時に『どんな人間になっているか』ということです。 

 

親の期待に応えて、親の期待どおりの人生を歩んだ結果、不幸になっちゃった40歳の人っていっぱいいるんです。

それだったら親の期待には応えられなかったけど、自分らしい人生を送ることができて、充実した毎日を送ることができている40歳の方がいいと思いませんか?

 

 

www.youtube.com