サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

「成功するには時間がかかる」ということをわかったうえで辛抱強く生きることのススメ。

www.youtube.com

 

『ローマは一日にして成らず』という言葉があります。

 

僕は物事を成功させるためにはある程度の時間が必要だと思っています。

僕も不動産投資を軌道に乗せるまでにはそれなりの時間がかかりました。

 

ご存知のとおり不動産というのはそんなにポイポイと購入できるようなものではありません。

僕が好んで購入している一棟モノのアパートの場合だと地方のちょっとした物件でも3,000万円とか5,000万円とかします。

 

300万円、500万円という話だったらまだわかりますが、数千万円規模のものを短期間のあいだにポンポン購入することは不可能です。

まず銀行が断ってきます。

銀行から融資してもらえなければ不動産投資は成り立ちません。

 

僕も事業が安定するまでには時間がかかった

うちの会社はMAXで10棟くらいのアパートを取得したことがあります。

そこに行くまでにはやっぱり7〜8年くらいかかりましたよ。

 

アパートが10棟ともなれば借入金も相当なものになります。

軽くサラリーマンの生涯年収を超えます。

それだけのお金を銀行から融資してもらうためには相当な信頼関係を構築する必要があります。

 

具体的にはきちんと毎年黒字の決算を出して、キャッシュフローがいい経営状態を維持しなければなりません。

赤字が継続してるような会社には銀行は多額のお金を融資することができないのです。

 

もちろんたくさん物件を取得した方が家賃収入は多くなります。

だから「早くたくさんの家賃収入がほしい!」と焦る気持ちもよくわかります。

でも大きく飛躍するためには長く伏せる期間が必要なのです。

 

時間をかけてじっくりと鍛錬を積み、まわりの人との信頼関係を築き、次に勝負をするときのおカネを蓄えておく、etc・・・

そういう「ガマンの時間」があってはじめて成功はその人にもたらされるのです。

 

山の頂上にはなかなか到達しませんよね。

ゆっくりじっくり足元を固めながら登山しなければなりません。

もしもダッシュで山頂を目指すような登山家がいたらすぐに体力が尽きて死んでしまうはずです。

 

これはビジネスにおいても同じことだし、人生においても同じことです。

 

誰にでも不遇な期間というものはあります。

「うまくいかない」「どうしよう」という焦りと苛立ちを抱える期間というものがあります。

でもその期間というのがいちばん重要なのです。

 

そこで一歩ずつ確実に上へ上へとのぼってゆくことが大切です。

骨の折れる作業です。

そんなことをしても誰も褒めてくれないかもしれません。

誰も理解してもらえないかもしれません。

 

でもその不遇の期間を経なければ物事というのはうまくいかないのです。

 

僕は歩みを止めず一歩ずつ着実に歩いていった

僕は最初の1、2棟の物件を取得したときは焦りましたし、イライラもしました。

やっぱりたった1、2棟レベルでは家賃収入も大したことはありません。

自分が望んでるレベルには全然到達していませんでした。

 

その報われない期間が続くなかでも僕は腐らずに一歩一歩上を目指して登っていきました。

管理会社と密に連絡を取り合い、打ち合わせをし、早く空室を埋める努力をしました。

とても骨の折れる作業です。

 

もしも僕が地主の息子であったり、大企業の御曹司だったらこんな苦労をしなかったのに・・・

そんなことを何度も思いました。

 

でも僕は歩みを止めませんでした。

山頂を目指して時間をかけてのぼっていきました。

そして、物件の数をさらに増やしていき、最終的には10棟以上のアパートを所有するにいたりました。

 

規模が大きくなってきたので法人成りもしました。

ここ数年の不動産価格の異常とも思える高騰ぶりを見て半分の物件を売却しました。

それらの物件は僕が取得したときよりもはるかに高い値段で売れました。

 

その売却益を残りのローンの残債に繰上げ返済しました。

そのことによって会社の財務内容はますます良くなり、一気に黒字に転じました。

もちろん銀行からの評価も高まり、高い金利の信金から低い金利の大手の銀行への借り換えにも成功しました。

 

今では法人として株式投資もやりはじめ、不動産投資で得られた余剰金で株を購入したりできるようになりました。

そして、配当金をもらったり株主優待をもらったりすることができるようになりました。

 

このように物事をうまくいかせるためにはある程度の時間が必要なのです。

人生とはおもしろいもので物事が悪い方向へ向かう兆しというのは実はいちばんうまくいってるときに芽生えたりします。

 

決して慢心を抱いてはいけない

金持ちの家に生まれ、何不自由なく育ったからといってその人が必ずしも幸せな人生を歩めるとは限らないのです。

それどころか、その満ち足りた生活のなかで知らず知らずのうちに慢心を抱き、学ばなければならないことを学ばずに社会に出てしまうことの方が恐ろしいのです。

 

そうやって大人になってから落とし穴に落ちるお坊ちゃん、お嬢ちゃんというのは案外たくさんいるものです。

 

斜陽というのは実は絶好調のときにはじまっていると考えた方がいいと思います。

今回のようなウイルスが猛威をふるうことを平常時に考えて準備しておかなければいけなかったのです。

ウイルスのワクチンは開発されないまでも人工呼吸器やエクモも各国ともに大量に常備しておくとか、いろいろ準備ができたかもしれない。

しかし、それをやってこなかった。

 

株価の暴落にしたってそうです。

つい先日まで日本もアメリカの株価も高値を更新し、「イケイケ!」の状態だったんです。

あの絶頂期の狂乱騒ぎのなかで冷静なアタマで現金比率を高めていたのはウォーレン・バフェットぐらいなものでした。

多くの人は「これからも株価は右肩上がりで上昇していくんだ」とイメージしていたはずです。

 

だから『うまくいってる』という状態のときほど注意しなければいけないのです。

そこに思いもよらぬ落とし穴がひそんでいることが多いのです。

 

 

www.youtube.com