サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

僕が「人生の試練は幸福になるために必要不可欠なこと」と思うにいたった経緯について語ろう。

f:id:orange345:20200601180650p:plain

 

www.youtube.com

 

人生には実にいろんなことが起こります。

僕の人生にもいろんなことがありました。

人はその困難から逃れることはできません。

 

でも普段から困難がやってきたときのマインド・セットさえしっかりしていれば恐れることはないと僕は考えています。

 

辛いこと、苦しいこと、悲しいこと、etc・・・

そういう逆境というのは考えてみれば「いいこと」でもあるのです。

 

人はそういう逆境の中からいろんなことを学ぶものです。

それはとても貴重なことです。

それがあるから人は自分を磨くことができて、なおかつ成長できるのです。

 

でも(僕もひっくるめて)多くの人はそう思ってはいません。

「苦しいこと=良くないことだ」と思って生きています。

それが薬になり、自分を成長させてくれるものになるなんてその渦中にいるときは思えないものです。

 

でも後々ふりかえってみたときに必ずそれはプラスになっているものです。

そこを抜けたあとはきっと「あれが起こったおかげで今の自分がある」と思えるものです。

 

逆に、大した苦労もせずにスイスイと生きてきてしまったがゆえに思いもよらぬ落とし穴に落ちてしまう人もたくさんいます。

 

うまくいってるときこそ気をつけなければならない 

逆境の反対は『順境』です。

僕はむしろそういう順境の方が怖いと思っています。

 

「うまくいくことは自信につながる」と思いがちですが、人間というのはどうしても慢心を抱いてしまう生き物なのです。

調子に乗って、自信過剰になってしまう生き物なのです。

 

それはとても気をつけなければいけないことだと思います。

そして、そのイケイケの状態のときも自分では気づけないものなのです。

 

その状態がいかに自分の人生にマイナスをもたらしているかがわからないものです。

ちょうど逆境のプラス面に気づけないのと同じですね。

逆境と順調は合わせ鏡の関係になっているのです。

 

僕も人生が自分の思い通りにならずにずっと苦しんできました。

僕は学生時代も勉強もできなかったし、スポーツの花形選手でもなかった。

芸術の才能があったわけでもないし、クラスの人気者タイプでもなかった。

いつも悶々としていたような気がします。

 

社会人になってからも常に「何か心が晴れない」「自分には何かが不足している」という想いをずっと抱えていました。

カンタンな言葉で言えば、“こじらせて”いたわけなんですね。笑

 

打順で言えば七番バッターみたいなカンジ。

そういう不甲斐ない自分に僕はいつも苦しんできました。

 

だからいろんなところに首をつっこんでは何かを探しつづけてきました。

「そこに何かがあるんじゃないか?」と思って・・・

 

でも、いつも中途半端に終わりました

いつも「これだ!」と思えるものと出会うことができず、スゴスゴとその場を後にする自分がそこにいました。

 

今にして思えば、その暗中模索・悪戦苦闘が良かったのではないかと思えます。

逆にいろんなことがスイスイとうまくいっていたら僕は今、このようなことはしていなかったと思えるのです。

 

あっちこっちにアタマをぶつけて、流れ流れて、最後にたどり着いたところにあったのは『投資』というものでした。

とりわけ「不動産投資」というものと出会ったことは僕の運命を大きく変えました。

 

 

僕は紆余曲折があって良かったと思ってる

僕は不動産会社に就職して賃貸営業マンになりました。

いわゆる「町の不動産屋」みたいなところです。

 

電通とか味の素とか東京海上とかのエリート・サラリーマンになりたかったけれど、僕にはそんな実力は備わっていませんでした。

でもそういうところで働きはじめ、不動産の世界にどっぷり浸かりながら僕はとても大切なものを学んでいきました。

 

不動産の世界はとても奥の深い世界でした。

超大金持ちの大家さんとも接しましたし、超貧乏な生活保護の人とも接しました。

ヤクザの組事務所に行ったこともあります。笑

 

僕はそこではじめて『人生』を学びました。

『社会』を学びました。

『人間』を学びました。

 

どれもとても大切な学びでした。

仕事は過酷でしたが、僕はそこで修行できて良かったと心の底から思っています。

僕は間違いなくそこで自分を磨くことができました。

 

不動産投資のノウハウやコミュニケーション能力といったことももちろん学ぶことができましたが、もっと深くもっと大切なものも学ぶことができたような気がします。

 

それは三菱商事や味の素に勤めていたら学べなかったことかもしれません。

そういう大企業に就職して年収1,000万円をもらって、タワマンに住むような生活をおくっていたらきっと僕は不動産投資や株式投資とは出会っていなかったと思います。

 

もしも出会っていたとしてもそれは専業にしようなんて思わなかったと思います。

ましては法人をつくろうなんて夢にも思わなかったと思います(僕は2010年の暮れに法人成りしました)。

逆境こそがその人を鍛えるのです!

 

僕は自分が大して勉強ができなくて良かったと思っています。

部活のヒーローでなくて良かったと思っています。

クラスの人気者でなくて良かったと思っています。

 

そういう学生時代に輝いていた人物たちが40歳を過ぎても華々しい人生を歩んでいるとは限らないのです。

それは若い人はわからないと思います。

 

でも40歳を過ぎて同窓会に行ったりするとわかると思います。

「あのときあんなに輝いていたアイツが・・・」とびっくりすると思います。

 

逆境はマイナスのことだけではありません。

僕は自分の人生を通じてそのことを学びました。

僕がキケン極まりない投資の世界でどーにかこーにか生き残ってこれたのも逆境の中で鍛えられたおかげだと思っています。

 

不動産の仕事をするなかで何度もとんでもないトラブルを経験しましたが、今になって思えばそういうひとつひとつの問題が僕を鍛えてくれました。

その問題をひとつひとつクリアするたびに僕は上手にハンドリングできるようになっていきました。

 

ちょうど子供が自転車に上手に乗れるようになるまでに何度も転ぶように・・・

 

 

若いときの苦労は買ってでもしろ

『若いときの苦労は買ってでもしろ』とはよく言ったものです。

僕が不動産投資における物件選びや取得するタイミングを間違わなかったのも、株式投資における銘柄選びや取得するタイミングを間違わなかったのも、それのおかげだと思っています。

 

そのときに身につけた洞察力や識別眼みたいなもののおかげで僕は厳しい投資の世界でもなんとかやってこれたのではないかと思っています。

 

今、苦しみの渦中にある人はぜひ自分のまわりを見回してみてください。

案外、未来の自分を救ってくれる芽が出ているものです。

 

でもそのときにはなかなか気づけないものなんですよね。

あとになってから気づくものなんですよね。

 

「ああ、あのときは目に入ってなかったけど、あのときもうすでに芽は出ていたんだな」と思える日がきっと来ると思います。

 

 

 

www.youtube.com