サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

「経済成長しなくていい」「これ以上発展しなくていい」という考えの異常性と残酷性について解説します。

f:id:orange345:20200301121122j:plain

 

 

 欧米では「もう経済成長はしなくてもいい」なんて言う人はあまりいないそうです。

でも日本では脱成長論や成熟社会論ってすごく人気ありますよね。

 

『ほっこり』という言葉もみんな大好きです。

それは何故でしょうか。

やっぱり仏教の影響でしょうか。

 

あまりにもそういうシュリンク的な考えが主流になりすぎちゃったので、大きな夢を抱く若者が少なくなっていて問題になっています。

若い時期って無謀とも思えるデッカイ夢を抱くことができる唯一の期間ですよね。

そんな血気盛んにできるチャンスの時期なのに、妙に冷静で現実的になっちゃってる人が多い。

 

それは若者のせいというよりも大人たちのせいだと思います。

大人たちが「もう成長しないんだ」「これからは縮んでゆくしかないんだ」というようなことばかり言ってるから、それが若者にも伝染しちゃってるような気がします。

日本社会の風潮がそうさせているのだと思います。

 

この「経済成長を目指さなくてもいい」という考え方は日本のリベラルのあいだでも人気です。

なかには豊かになることを嫌悪している極端な左派の人もいるくらいです。

 

そして、おもしろいのが経済成長を嫌悪する人たちが自分自身は大学の教授であったり、医師であったり、弁護士であったり、公務員であったりというある程度の年収のある職業についているという事実。

このパラドックスを僕たちはどう解釈したらいいのでしょうか。

 

だから彼らは景気を良くするための対策(公共事業など)を快く思っていないフシがある。

 

おもしろいと思いませんか?

普段は「人道的」だとか「平等」とかにこだわっているくせに、国民が(しかも貧しい人が)豊かになるような政策には賛成しないなんて・・・

 

典型的なのが立憲民主党の消費税に対する態度です。

消費税は逆進性の極めて高い税制です。

貧しい人ほど負担が増えてゆく不平等な税制です。

 

本来であるならば、貧しい人の見方であるリベラル陣営は真っ先に反対し、減税(あるいは廃止)を訴えるべきではありませんか?

それなのに立憲民主党は消費税減税に賛成する態度を示していません。

 

先の参議院選挙では「凍結」という曖昧な態度を取りました。

凍結ということはいつか解凍する日がくるということです。

どうしてそんな中途半端な態度を取るのでしょうか?

 

消費税が減税されれば(あるいは廃止されれば)、庶民の生活はだいぶラクになるはずです。

ただでさえも社会保障費の負担が家計を圧迫しているのです。

 

貧しい労働者の見方だったら消費税減税に賛成してもいいのではないでしょうか?

それなのにどうして賛成できないのか。

 

消費税分が浮けば、家計は助かり、その分が消費にまわり、景気だってよくなるかもしれないのに。

僕はいまだに納得のできる答えを枝野さんの口から聞いていません。

 

金持ちは景気が多少悪くなったってビクともしません。

普段からたんまりとため込んでいますので、多少景気が悪くなってもへっちゃらです。

大企業なんて600兆円も内部留保をため込んでいるんですよ!

 

景気が悪くなって苦しい想いをするのは庶民です。

とりわけ貧しい家庭はますます苦しい想いをします。

 

左翼というのはフランス革命のときの市民運動から生まれたものですよね。

「パンが食べれないなら、お菓子を食べればいいじゃない」というマリー・アントワネットへの反発によって生まれた革命です。

 

要するに左翼というのは貧しい人のための集団だったはず。

それなのに、どうして日本のリベラル派「貧しいままでもいいじゃない」「成長しなくてもいいじゃない」「心が豊かであればいいじゃない」という考えになるのでしょうか。

 

そういう考えに取り憑かれているから、公共事業には何でもかんでも反対し、挙げ句の果てに消費税を下げようとしないという摩訶不思議アベコベの立場を取らざるを得ないことになってしまう。。

 

リベラル派の人々のあいだでは「おカネの話は汚い」と考えてる人もいるくらいです。

ちょっと待ってくれよ。

今晩の食卓がカップラーメンや冷凍食品でいいのかということはおカネの話ですよね?

 

お金持ちは野菜や果物のような栄養満点の食材を食べることができる。

きっちり時間をかけて料理をする心の余裕もある。

でも貧乏な人はそうではないですよね。

だからレンジでチンするような食べ物を子供に食べさせるしかない。

 

全部、これ、カネの話じゃないですか。

イッツ・ア・マネーじゃないですか!

 

「いい加減にしろ」と僕は言いたい。

カネの話は汚いなんてよく言えたものだなと言いたい。

 

そういうことを言う人に限って自分は社会的にも認められたきちんとした堅い職業につき、年収も1,000万円近くもらっていたりするのです。

「おカネは汚いもの」「経済は汚いもの」というのは彼らにとっての呪縛だと思います。

 

庶民は「カネの話をしてほしい」と思っているのです。

正義だとか、人権だとか、平和だとかの話はその次です。

 

『衣食足りて礼節を知る』です。

経済的に余裕があれば、心にも余裕が生まれるのです。

心に余裕があれば人のことも思いやることができるようになるのです。

 

今、世の中が殺伐としているのはみんな余裕がないからなのです。

余裕がないのはみんなが貧しくなってるからです。