サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

I LOVE YOU

f:id:orange345:20200229114121j:plain

 

 

君との幸せな日々のことを考えると

胸が苦しくなる

 

あれからいろんなことが変わってしまった

あるいは変わったのは僕自身なのかもしれない

 

僕は君をがっかりさせてしまったのかもしれない

そのことを考えるといてもたってもいられなくなる

 

君と誓い合った愛の言葉なんて

いともカンタンに消え去ってしまうもの

 

愛する人が「YES」と言ってくれればすべてがうまくいくと思っていた

だけど、それは新しい試練がはじまることを告げる合図でしかなかった

 

僕は自分の想いを君にぶつけた

ただただ理解してもらいたくて

 

でもそれは君を苦しめ、追い詰めただけだった

 

 

I LOVE YOU

I LOVE YOU

もう一度、言おう

僕はまだ君を愛しているんだ

 

 

 

幸せだった頃の僕たちの夢をときどき見るんだ

そのたびに僕は現実のあまりの落差に落ち込んでしまう

 

「誰が悪い」とかっていう問題ではない

これは多くの男女におとずれる問題なのかもしれない

 

街ゆく恋人たちはそのことをまだ知らない

「この素晴らしい時間が永遠につづく」と思い込んでいる

 

でも指のあいだから“それ”はすり抜けてゆく

彼らはまだそのことを知らない

 

どうしてこんなことになってしまったのかわからない

僕は僕なりにベストを尽くしてきたと思う

 

 

 

I LOVE YOU

I LOVE YOU

もう一度、言おう

僕はまだ君を愛しているんだ

 

 

取り返しのつかないことになる前に

君にもう一度、伝えておこう

「心の底から愛している」と

 

二人の目の前に本当の試練がおとずれる前に

今、掴みとっているわずかな幸せを

かみしめて暮らそう

 

それはいつ終わりを迎えるかわからない

僕にもわからないし、君にもわからない

 

だけど、君の瞳の色はもう以前のものとは違う

それだけは僕はわかる

でも僕は消えかかっている炎に手をかざすことしかできない

 

炎が消えてしまわないように

その小さなあかりをやさしく包み込むことしかできない

 

 

 

I LOVE YOU

I LOVE YOU

もう一度、言おう

僕はまだ君を愛しているんだ

 

 

 

サカモトハルキ 『I LOVE YOU』