サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

映画『ユー・ガット・メール』レビュー

 

ユー・ガット・メール (字幕版)

ユー・ガット・メール (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 

メールだけでやり取りする心の支えの相手がビジネス上の敵だった!? 

主演の二人がチャーミングだし、脚本も最高にイイ! 

ウィットに富んだセリフや言葉の数々がどれも深い。

 

資本主義、慈悲の心、人間の本質とは?・・・・これは単なるラブコメじゃない。 

いろいろなテーマが散りばめられてる。 

 

この時のメグ・ライアン、とびっきりキュートだったなぁ。

映画全体から彼女の輝きがにじみ出ている。

 

時代は変わるね・・・笑

 

当時はSNSというものがまだなかった。

『メール』という文章だけが自己表現の手段だった。

 

だからこそ、この映画は文学的な香りや、文学についての話がいろいろと出てくるのだろう。

『文字だけでしか伝えられない』という制約が、逆にイマジネーションを膨らませてくれる。

  

ラストのキャロル・キングの「Anyone At All 」もグッとくるね。

 

 

filmarks.com

 

movies.yahoo.co.jp

 

eiga.com