サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

ストレスのかかる投資法はやめろ! “キャピタルゲイン”を狙う投資家はかなりメンタルが強くなきゃいけない理由 

f:id:orange345:20200130101328j:plain


  

僕は何をやってメシを食っているのか? 

僕はどうやって家族4人を養っているのか?

そう、不動産投資です!

  

不動産投資と紙の資産への投資との決定的な違いは何だと思いますか? 

それはザックリ言うと、こういうことだよ・・・

 

 

自己資金 VS 借入金

 

 

意味わかりますか? 

片一方は「自分のお金」を使う投資法。

もう一方は「他人のお金」を使う投資法(まあ、僕は"投資"ではなくて"事業"だと思ってるんだけどね・・・)。

 

この2つはまったく違うものです。

要するに紙の資産への投資は自分のお金で勝負しなきゃいけないのに対して、不動産投資は他人のお金(銀行借入)で勝負することができるというわけです。

 

借入金 VS 自己資金 

銀行から借金をするということは自分のお金は使わないということ。

もちろんまったくゼロというわけにはいきません。

銀行もある程度は自己資金(頭金)を要求するでしょう。

 

でも全部自己資金でまかなわなくても不動産という大きな資産を手に入れることができるんです。

これが『レバレッジ』のすごいところなんだよ。

 

よく「不動産は高額だから自己資金も多額に用意しなきゃいけない」と言ってる人いるけど、そんなことありません。

1割なのか、2割なのかはそのときの銀行との打ち合わせによって変わってくるけど、5割も6割も自己資金を用意する必要はないんです。

 

僕がどうして何棟もの物件を手に入れることができたのか? 

僕は別に地主の家に生まれたわけでもないし、年収が何千万円のエリート・サラリーマンでもなかった。

そんな普通の男がどうして不動産という資産を次から次へと手に入れることができたのか? 

 

それはまさに『OPM(アザー・ピープル・マネー:要するに銀行のお金)』を使ったからなんです。 

しかも、1,000万円なんて大きなお金を自分で用意する必要もなかった。

2010年12月からは法人成りもしました。

 

さて、そうやって借金をつかって手に入れた不動産という資産(僕の場合は一棟モノのアパート)。

こいつらが僕のポケットに毎月たくさんのお金を運んできてくれるんです。

具体的に言うと、『家賃収入』ってやつを運んできてくれます。

 

この家賃収入で僕は借金を返し、税金を払い、修繕工事代を捻出し、保険料を払い、税理士費用を払い、管理会社へ管理料を払い、賃貸の営業マンに広告料を払っているのです。

そして、それらの支出をぜーんぶ払い終わって残ったお金の中から僕は『役員報酬』というものをもらい、その役員報酬で僕や僕の家族は生活しています。

 

これは一見するとすごくむずかしいことのように見えるかもしれません。

だけどきっちり家賃収入をもたらしてくれる『いい物件』を見つけ、『いい条件』で銀行から借金をし、『いい管理会社』に頑張ってもらえばそれだけですぐに実現することができます。

 

 

30年間積立投資をすれば儲かるというのは単なるイメージ 

金融庁や資産運用アドバイザーたちが必死になって勧めている、長期・分散・積立・複利で30年資産運用なんてことしなくても、それ以上の純利益を得ることも可能です。

 

30年間資産運用なんかしなくてもいい。

いい物件を見つけて、そのオーナーになることさえできれば今すぐ純利益を手にすることができます。 

 

いちばん大変なのはその『いい物件』ってやつを見つけること。

そして、銀行からいい条件で借金をするってこと。

 

それは簡単なことではありません。

だけど、まったく不可能な夢物語でもありません。

現に僕はそれをやったからこうして生活できているのですから。

 

今、金融庁が勧めているやり方をやって本当に30年後に相当額の純利益が得られるのかどうかなんて誰にもわからないのです。

それは『神のみぞ知る』の領域です。

 

なんとなくイメージ的に「うまくいきそう」と思えるかもしれません。

だけど、よく考えてみたら今後、株式市場がどんな値動きをするかなんて予測不可能なことです。

 

もしかしたら、引退間際まで右肩上がりの上昇トレンドを描いていたのに、いざ引退する間際になって現金化しようとしたとき、大暴落するかもしれないのです。

 

『30年間資産運用さえしていれば儲かるんだろう』と安易に考えてる人もいっぱいいるみたいだけど、僕はそんなに簡単な話じゃないと思ってます。

不動産投資もラクじゃないけど、僕はどっちかと言うと今、流行りの投資信託の値上がり益を狙う投資法のほうが難易度は高いと思っています。

 

 

「簡単なほうを選べ」というのはウォーレン・バフェットの言葉です。

バフェットは別にむずかしいことをやったから成功したのではありません。

『いい会社の株を安いときに買う』

ただそれだけのことをしただけですよね。

 

しかも、その引退時に現金化するときには当然、「税金」も発生します。

その税金分を差し引いたら、いったいどのくらいの純利益を得られるでしょうか。

 

政府は無知な個人投資家にとてもキケンなものを勧めようとしています。

それがいかに恐ろしいことであるか、世界経済が悪化し、株式市場が下落トレンドに入ったときにわかると思います。

 

今は『我が世の春』を謳歌できていますが、それがいつまで続くのかは誰にもわかりません・・・

 

www.fnn.jp

 

僕はキャピタルゲインを目的に投資するのは危険だと思っています。

それはギャンブラーとか、ブローカーと呼ばれる人たちがやる投資スタイルです。

 

たとえ投資期間が3分後だろうが30年後だろうが、とにかく『値上がり益』を期待してそれを全力買いするようなマネはしないほうがいいよ。

そういう危険なバクチみたいなものはギャンブラーとかブローカーと呼ばれる人たちにお任せしましょう!

 

僕たちは酪農家のようにのんびりと牛を広い大地に放牧して、牛たちのお乳を搾り、そこからおいしい牛乳をいただいて生きていきましょう。

きっとその方がストレスがないし、賢いし、おまけに儲かると思います。

 

家賃収入、配当、株主優待、預金金利、etc・・・

いわゆる『不労所得』と呼ばれているものにもっと注目するのです。

 

30年って長いですよ・・・

その期間おいしい牛乳を味わうことなく、ただただ牛がまるまる太らせ、それを高値で売りさばくことを期待し続けるのってものすごいストレスですよね。

 

30年間のあいだに市場が夏の季節を迎えることもあるでしょう。

だけど冬の季節を迎えることもあります。

 

それは何回でしょうか。

2回? 

いや、下手したら3回・・・

 

その3回の冬の季節を果たして耐えられるだろうか。

その冬が終わるまでに何年かかるだろう。

もしかしたら1年で回復するかもしれない。

でも、もしかしたら10年かかるかもしれない。

 

ちなみに1929年の大暴落からS&P500がそれ以前の株価に戻るまでに25年かかったそうです。

 

もしも"次の大暴落"が今の株価に戻るまでに25年かかったら?

もしも"次の次の大暴落"が今の水準に戻るまでに25年かかったら?

 

残りの人生のあいだに夏は何回やってくるだろう。

冬は何回やってくるだろう。

 

100歳まで生きるかもしれないけれど、70歳で死ぬかもしれません。

いのち短し恋せよ乙女です!

 

なるべく早くお金が手に入るならそれに越したことないと思いませんか? 

今もらって30年間ハッピーに暮らすのと必死に耐え忍んで30年後にもらうの、さて、どっちがいいでしょう?

 

おいしい牛乳を味わないながら毎日楽しく暮らしたほうが良くないですか???

本当に30年後にもらえるかどうかも定かじゃないのに・・・ 

 

まとめ

世の中にいっぱいある投資法のなかでOPM(他人のお金)をつかって資産を手に入れることができる投資法は不動産投資だけです。

 

嘘じゃないよ! 

嘘だと思うなら銀行の融資担当者のところに行って訊いてみてください。

「投資信託がほしいのでお金を貸してもらえますか?って・・・

 

きっと門前払いでしょう。笑

 

 

「資本主義は4%上昇している」

「S&P500は長い目で見れば9%上昇している」

「インデックス投資はアクティブ投資よりも成績がいい」

「アインシュタインが複利のパワーはすごいと言っている」

「ウォーレン・バフェットもS&P500に投資することを推奨している」

etc・・・

 

 

ぜひとも銀行の融資担当者のところに行って、そのように説明してみてほしい。

それでもやっぱり投資信託の購入資金は融資してもらえないと思います。

 

僕は別に投資信託が危険だとは思ってはいません。

だけど銀行は違います。

銀行は投資信託をキケンだと思っています。

だからその購入資金には融資しないんです。

 

銀行は投資信託が好きではありません。

銀行が好きなのは不動産です!

 

不動産投資というのはまさにその不動産に投資するもの。

銀行と利害関係が一致しているんです。

 

だから銀行は「不動産にだったら融資してもいい」と考えます。

少なくとも「投資信託よりはキケンではない」と彼らは考えています。

 

僕らアパートのオーナーというのはその仕組みを利用します。

その仕組みでメシを食っています。

 

1億円の自己資金を貯めるのにいったい何年かかるでしょう?

1億円の融資を銀行から受けるのにいったい何ヶ月かかるでしょう?

 

この違いがわかりますか??