サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

逃避行

f:id:orange345:20200129091310j:plain

 

 

門番は俺に言った

「ここから先へは入れないぜ」

俺はポケットからハーモニカを取り出して

「彼女にこいつを聴かせてやりたいんだ」と言った

彼は剣を地面に突き刺してため息をついた

 

 

どこかで車と車がぶつかる音が聞こえた

俺の顔には笑みが消えていた

早く彼女を救い出さなければ・・・

彼女は囚われの身なんだ

あまりにも魅力的すぎて

それゆえに過酷な運命を引き受けるハメになってしまった

 

 

待っていてくれ

今すぐ行くよ

待っていてくれ

俺がそこから助け出してあげる

見返りは何もいらない

ただそこで俺が行くのを待っているだけでいい

 

 

 

政治家はいつも嘘ばかりついている

酒とクスリで頭がぶっ飛んでしまっているんだ

宇宙から“マザー・シップ”がやってくるのを待ってる人は大勢いる

でもそれがノアの方舟かどうかは誰にもわからない

 

 

 

どんなに瞑想しても答えにはたどり着けない

俺は悪魔が差し出したグラスでワインを飲んだ

だからこの門を開けてくれ

お前にはあの娘の叫び声が聞こえないのか?

 

 

待っていてくれ

今すぐ行くよ

待っていてくれ

俺がそこから助け出してあげる

見返りは何もいらない

ただそこで俺が行くのを待っているだけでいい

 

 

 

昔の世代はアテにはならない

本当の愛は自分で見つけにいかなければならない

俺たちもいずれ若者からパージされてしまうのだろう

だけど門だけは閉じないでおこう

 

 

トランプのような模様の軍服を来た兵隊さんたち

石畳の上を整列して歩いてくる

「恐ろしい時代になったものだ」と

誰かが俺の耳元でささやいた

 

 

俺は鶏小屋に忍びこんで

卵を2、3コ失敬して

彼女が眠る城へと急いだ

俺と彼女とテレパシーで交信していた

それは5Gよりも速い

それはイーロン・マスクのインチキを暴露する

 

 

 

待っていてくれ

今すぐ行くよ

待っていてくれ

俺がそこから助け出してあげる

見返りは何もいらない

ただそこで俺が行くのを待っているだけでいい

 

 

俺には大陸が見える

そこで暮らす原住民たちの姿が見える

それなのに俺たちは『国境』などにこだわって

兄弟同士で殺し合っている

だから俺はハーモニカを奏でる

彼女のステキな笑顔をこの目でもう一度見たいんだ

 

 

俺はオートバイにまたがって

彼女を後ろに乗せて

誰も追いつけないところまで行こうと思ってる

そこで宇宙船が待っていてくれるんだ

それに乗って地球をオサラバするんだ

 

 

 

待っていてくれ

今すぐ行くよ

待っていてくれ

俺がそこから助け出してあげる

見返りは何もいらない

ただそこで俺が行くのを待っているだけでいい

 

 

 

サカモトハルキ 『逃避行』