サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

映画『インスタント・ファミリー』レビュー

 

 

 

 

素直に感動した。

 

僕も絶賛子育て真っ最中。

うちにも二人の子供がいる。

うち1人は現在、思春期の真っ只中。

いろいろとむずかしい年齢だ。

この映画の中の長女と同じように当然、ぶつかることも多い。

 

親は子供にはついつい『理想』を求めてしまう。

だけど本当はただそばにいてくれるだけで幸せなんだよね。

 

「本当の意味での家族の幸せって何だろう?」ということに気づかせてくれる素晴らしい作品です。

『里親』というむずかしい問題をコメディタッチで描いています。

 

あのマーク・ウォールバーグがこういう「どこにでもいるパパ」を演じることができるなんてびっくりした。

これからはもっと子供たちを自由にのびのびさせてやろうと思った。

 

この映画の中でマーク・ウォールバーグのお母さんがやってた子供たちとの接し方がきっといちばん正しいんだと思う。

子供たちが笑顔でいること。

「生きることって楽しい! 素晴らしい!」って思えるようにしてあげること。

 

それが親のつとめではないかと心の底から思った。

それは決して『優秀な人』にさせることではなく・・・

 

 

filmarks.com

 

movies.yahoo.co.jp