サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

ブルーな瞳の少女

 

f:id:orange345:20200115082446j:plain

 

 

彼女の瞳はブルーだった

僕は一発で魅了されてしまった

あの娘は僕の人生の扉を開けるきっかけだった

いま、どこで何をしているのかわからないけど

 

 

君は僕のことを憶えているかな

たとえ夢の中だけしか会ってないとしても

湖のほとりを歩いたよね

朽ち果てたベンチに座って少し話をしたよね

そして汽車に乗って家に帰った

憶えているかい?

 

 

彼女のすべてが愛おしかった

彼女とほんの一瞬でも同じ時間を過ごせたこと

それが僕の人生に大きな影響を及ぼした

君はそんなこと知らないだろうね

 

 

ときどき彼女の声が聴こえるんだ

(世界は愛に飢えている)

ときどき彼女のブルーの瞳を思い出すんだ

(憂鬱の特効薬は“恋”をすることだって知ってる?)

ときどき彼女が僕に語った言葉の意味を考えるんだ

夢から醒めてはじめてわかることってある

でも夢の中にいるときにはわからない…

 

 

 

 

君のために詩を書いたんだ

それをあのベンチにくくりつけた

針金でグルグル巻きにしてね

そのとき書いた僕の言葉は

いまでもこの世界のどこかへ漂っている

彼女はその場所へ行かなかったから

 

 

 

彼女のすべてが愛おしかった

彼女とほんの一瞬でも同じ時間を過ごせたこと

それが僕の人生に大きな影響を及ぼした

君はそんなこと知らないだろうね

 

 

ときどき彼女の声が聴こえるんだ

(世界は愛に飢えている)

ときどき彼女のブルーの瞳を思い出すんだ

(憂鬱の特効薬は“恋”をすることだって知ってる?)

ときどき彼女が僕に語った言葉の意味を考えるんだ

夢から醒めてはじめてわかることってある

でも夢の中にいるときにはわからない…

 

 

 

サカモトハルキ 『ブルーな瞳の少女』