サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

ザ・プレイヤー

 

f:id:orange345:20200109062839j:plain

 

 

眠れない夜は

「結局のところみんな孤独なんだ」と

自分に言い聞かせよう

君の祈りは純粋なものだけど

気をつけろ

連中は君の信仰心をカネに変えようとしてる

でも夜空の星だけは嘘をつかない

 

 

 

人生はときに俺たちにレンガをぶつけてくる

そのたびに心が揺さぶられる

何もかも放り出したくなったとき

落雷といっしょに落ちてきた“言葉”を

拾い集めに行けばいい

 

 

 

それでも生きることを止めることはできない

老いることはそれほど怖くないんだ

死ぬことに比べれば…

『世界を終わり』を説く集団

そんなに未来が予測できるなら

なぜ自分の未来がどうなるかわからないのだろう?

 

 

 

 

眠れない夜は

「結局のところみんな孤独なんだ」と

自分に言い聞かせよう

君の祈りは純粋なものだけど

気をつけろ

連中は君の信仰心をカネに変えようとしてる

でも夜空の星だけは嘘をつかない

 

 

 

 

『正義』という言葉ほど恐ろしい言葉はない

ホロドモールもホロコーストも

連中に言わせれば正義だけど

こちらに言わせればジェノサイドだ

痛みは消えないのかもしれない

いや、痛みこそが生きてる証なのかもしれない

 

 

 

愛を見つけに行こう

紙幣に火をつけて

それを“たいまつ(トーチ)”にしよう

俺たちは人間がつくったものしか

目に入らなくなってしまっている

だからアタマで勝手にこしらえたストーリーを

「真理だ!」と叫ぶ狂人たちに

すべてを委ねてしまうのだ

 

 

 

 

眠れない夜は

「結局のところみんな孤独なんだ」と

自分に言い聞かせよう

君の祈りは純粋なものだけど

気をつけろ

連中は君の信仰心をカネに変えようとしてる

でも夜空の星だけは嘘をつかない 

 

 

 

サカモトハルキ 『ザ・プレイヤー』