サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。詩人(?) 不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

悩むことはいいこと! 僕が若者たちに社会に出てあがき続けることをオススメするこれだけの理由

f:id:orange345:20200105090707j:plain

 

「そのときは大変なんだけど、ふと気づいたらいつのまにか達成しちゃってた」ってことありませんか?

 

僕の人生にはそのようなことがたくさんありました。

そのときは気づかないんです。

だけど、あとになってふりかえってみると、その無我夢中で何かに取り組んでるあいだにすべての問題をクリアしていたってことが往々にしてあるものです。 

 

人生というのは順風満帆であればいいわけじゃないのです。

特に若いうちは・・・

 

若いうちはたくさんいろんなところに頭をぶつけた方がいいと僕は思っています。

その方がいっぱい学べます。

そうやって学びを集めた人はやがてだんだん洗練されていきます。

 

自分の人生を振り返ってみても、悪い出来事や逆境から実に多くのことを学んできたような気がします。 

もしもスイスイとラクに人生を歩んでいたら間違いなく僕は今のような自由でハッピーな生活を手に入れることはできなかったでしょう。

 

無我夢中にやっていればどこかにたどり着ける

僕は不動産投資をやって生活をしている人間です。 

5棟74部屋の家賃収入と、月極駐車場24台分の駐車場収入。

それが僕のメシのタネになっています。

 

いちばんのMAXで10棟まで物件を増やしたこともありました。

そのうちの半分はこの不動産価格の高騰のタイミングを見計らって売却し、大きな売却益を得ました。

 

そこそこの規模で不動産投資をやってきたと思います。

だから2010年には法人成りもしました。

 

でもアパートをまだ一棟も所有していない頃、僕は「不動産投資なんてオレには絶対無理だ」と思っていました。

 

オレになんか銀行はお金を貸してくれない

オレには優良物件を見つけることはできない

オレはアパートの大家になれる器じゃない

オレは脱サラ起業なんて大それたことできっこない

オレは事業家には向いていない

オレはしがないサラリーマンとして一生を送るんだ

etc・・・

 

 

あの頃、僕はそんなことばかり考えていたような気がします。

でも、ふと振りかえってみたとき、全部クリアしてる自分がそこにいました。

 

銀行は僕にお金を何億円も貸してくれました

僕は安定的に家賃収入をもらたしてくれる優良物件を見つけることができました

僕は10棟以上のアパートの大家さんになれました

家賃収入が勤め人からの勤労収入を大幅に上回ったため、晴れて脱サラ起業することができました

僕はサラリーマンとして一生を送るつもりでいましたが、今は事業家としてこの生涯を閉じようと思っています

etc・・・

 

自分の成長って自分ではわからないものです。

とにかくガムシャラにやること。

そうやってあがいていれば、いつか困難は乗り越えられるもの。

 

僕は自分の体験からそう思っています。 

 

 

 社会に出たら大いに悩んだ方がいい

 

forbesjapan.com

 

新入社員のみなさんは「社会の洗礼」ってやつを受けて、ため息をついているかもしれません。

でもそれが『社会に出て働く』ってことなんです。

甘くないんです。

 

それは通過儀礼なのです。

誰もがそのイニシエーションを通過しなければならないのです。

 

ときどき、この通過儀礼を経ないまま「おっさん」になっちゃう人がいます。

僕の友人たちもたくさんいます。

それはかなり深刻な状態です・・・

 

みんな子供の頃からお勉強ができたお坊っちゃまばかりです。

僕らみたいな落ちこぼれでそういう状態になっている人はゼロです。

 

彼らは子供時代に養っておかなきゃならないある種の『たくましさ』みたいなものを身につけることなく大人になってしまったのかもしれません。

僕らが公園で泥だらけになったりケンカしてるあいだに彼らは塾に通っていましたから・・・

せっかくのチャンスを逃してしまったのです。

 

何事においてもそうですが、次のフェーズに行くためには乗り越えなきゃいけない試練みたいなものが必ずあるのです。

 

僕は不動産会社でハンパないほど厳しく鍛えられました。

あれは試練以外の何ものでもありませんでした。

でもその結果、不動産のことに関する知識を身につけることができました。

いい物件を見極める識別眼みたいなものを身に付けることもできました。

 

だから僕は「可愛い子には旅をさせよ」だと思っています。

 

不動産投資において『サブリースがヤバい』ってことはちょっと考えればわかることです。

僕みたいに不動産会社で働かなくても社会に出てもまれた経験があれば「それは手を出すべきではない」ということがわかるはず。

それなのに家賃保証という言葉にコロッと騙されて新築アパート建築の契約書にサインしてしまう人が後を立ちません・・・・

 

やっぱり不動産投資は社会に出てもまれた経験をしてる人の方がうまくいくのかもしれません。

学歴や資格とかよりも物事の本質を見抜く力を身につけているかどうかが問われるからです。

 

僕は出来損ないの落ちこぼれで良かったのかもしれません。

そのおかげで目一杯鍛えられましたから。

もしあの『洗礼』がなかったら僕の人生は今とはだいぶ違ったものになっていたはずです。

 

 

「悪いこと」は本当は悪いことじゃない 

うちのオヤジはもう70歳になります。

うちのオヤジはモロ団塊の世代です。

オヤジが生まれたとき、日本は終戦直後の焼け野原でした。

何にもありませんでした。

 

食べるものにも着るものにも住むところにも苦労しました。

ボトムもボトム

最低ラインからのスタートでした、、、

 

でも、その底辺からのスタートがかえって良かったのではないかと僕は思っています。

 

焼け野原から日本は少しずつ復興していきました。

人々の暮らしもだんだん豊かになっていきました。 

そして高度経済成長があって、プラザ合意があって、バブルがあって・・・・気がついたときには日本は世界で最も豊かな国になっていました。

 

その後、バブルの崩壊やリーマン・ショックなんかがありながらも、うちのオヤジの世代は今、いわゆる豊かな老後を迎えようとしています。 

ところが僕や僕より下の世代の老後はどうなるでしょう?

きっと今の団塊の世代が迎えている老後とはまるっきり違ったものになるはずです。

年金ももらえるかどうかもわかりません。

 

 

f:id:orange345:20190901113223g:plain

 

出典:長期のGDP推移から見た日本経済: ある経営コンサルタント

 

 

僕は何を言いたいのかというと、こういうことです。

 

 

その時が最悪だったり最低だったりしたとしても、それがずっと続くわけじゃない

 

そのことが必ずしも人生に悪い影響を与えるわけではない

 

 

僕は勉強ができなかった。

でもそのおかげで今、こうして自由で幸せな毎日を送ることができていると思っています。

 もしも中途半端に勉強ができる人間だったりしたら、僕の人生はだいぶ違ったものになっていたでしょう。

 

きっと不動産投資とは無縁の人生を歩んでいたはずです。

きっと今でも会社のために朝から晩まで働くような毎日を送っていたと思います。

とてもじゃないけど「ビジネスの世界に生きる」なんて発想にはならなかったはずです。

 

僕は父親とソリが合わなかった。

でもそれも今、考えたら『良いこと』だったような気もします。

 

父親が『絶対的な暴君』としていつも僕の前に立ちはだかってくれていたおかげで僕の中に「自立心」みたいなものも芽生えたような気がするからです。

「今に見てろよ!」というハングリー精神が・・・・

 

もしも父親が親しみの持てるやさしいお父さんタイプの人だったら僕の中にはきっとそういうものは芽生えなかったと思うのです。

 

僕の友人のなかでも、「おっさんのひきこもり」が増えてきています。

若い人は信じられないかもしれないけれど、本当にそういう家の中から一歩も出ないおっさんっているんです。

 

みんなお父さんやお母さんが真面目で、やさしく、常識のあるタイプです。

そういうきちんとした家にひきこもりやニートってなぜか多いんです・・・ 

母子密着や父子密着も、度が過ぎると子供の成長に良くないのかもしれませんね。

 

つまり、何を言いたいのかというと、一見すると悪いことに見えたとしてもそれは必ずしも悪いこととは限らないぞということです。 

そのときは、「うわぁ…」って思うけれど、後々になってみたら「かえってあれがあったおかげで良かったな」って思えることっていっぱいあるんだよということです。

  

 

 『幸せのありか』は自分で発見しなければならない

自分探しの旅に出る人ってすごく少なくなったような気がします。

とくに情報化時代を迎え、SNSを利用する人が爆発的に増え、ネットで検索すればなんでも知りたい情報が手に入るようになってからは『自分探し』なんて時代遅れの産物と化してしまっているように見えます。 

 

でも僕はそういった世間の風潮に違和感を感じることがあるのです。

自分探しって意外と大事なことなんです。

若者が自分探しをしなくなったらいよいよマズイことになる・・・と思っています。

 

Twitterなんかでは、「自分探しなんかやったって無駄だ」という意見が圧倒的だと思います。

でも僕はそれ、まったく違うと思っています。 

パッと答えにたどり着いて思考停止しちゃうこのお手軽コンビニ感覚。

これほど恐ろしいものはないと思っています。

 

人生には謎なんかない

幸せはちょっとググればパソコンやスマホの画面から入手できる

etc・・・

 

そういう世の中に僕は猛烈に違和感を感じます。

不便だから何かを思考するのです。

めんどくさいから価値あるものを構築できるのです。

 

みんな「親が作った自分」とか「学校の先生が作った自分」とか、「まわりにいる人たちが作った自分」を演じているだけのような気がします。

自分探しをする人って少なくとも『本当の自分を見つけよう!』と意思を持っている。

それは非合理的でバカげたことのように見えるかもしれない。

 

でも人生ってコンピューター・プログラミングじゃない。

「これをこうしたら、こうなる」という世界じゃない。

答えなんかどこにもないんです。

 

Google先生にいくら訊ねても『幸せのありか』は教えてくれませんよ!

 

人生ってそんなに簡単に答えが出るようなものじゃありません。 

そして、成功者のほとんどは悩んでいます。

何かを達成する人は必ずどこかの時点で苦しみを味わっています。

 

パッと簡単に答えにたどり着き、悩んだり苦しんだりしない人はきっと成功者にはなれないでしょう。 

でも自分探しをする人はもしかしたらすごい鉱脈にたどり着けるかもしれません。

少なくともその可能性だけはあると僕は思っています。