サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

投資でキャッシュフローを作るやり方についてインカムゲイン専門の投資である僕が解説します。

f:id:orange345:20200227095105j:plain

 

バランスよく分散された投資信託を買えば将来的に大きな利益が得られると本気で思ってる人は不動産投資をやるべきじゃないと思います。

そういう人たちは平均的な個人投資家です。

 

でも不動産投資はそういう平均的な個人投資家には合わない投資です。

いや、不動産投資は投資ではなくビジネス(商売)なので、そもそも商売人になる覚悟もつもりもない普通の人が手を出すべきものではありません。

不動産投資に手を出して失敗するサラリーマンはたくさんいます。

 

世間の人々は口々にこう言います。

「不動産投資はキケンだ」「世の中でこんな恐ろしい投資法はない」と。

 

でもいちばんキケンなのは不動産投資ではありません。

平均的な感覚と平均的な考え方と平均的な投資哲学しか持ち合わせていない平均的な個人投資家自身がいちばんキケンなのです。

 

それを自分が失敗したからといって不動産投資のせいにされたら、たまったものではありません。

 

「セールストーク」に踊ろされてはいけない 

今、株式投資に熱を上げてるほとんどの個人投資家は不動産投資というものを根本的に理解していません。

不動産投資で成功するためのノウハウも経験も教育も持っていません。

そんな状態で手を出すべきではありません。

 

それは免許もない状態でクルマを運転するようなものです。

 

僕はよく人から「僕も不動産投資をやりたいのですが・・・」と相談を受けます。

でも、そのたびに「やめといた方がいいですよ」とアドバイスします。

本当にそう思っています。

 

あまりにも不動産投資をやる準備ができてない人が多すぎる。

そんな状態でやってもうまくいくはずがありません。

 

「株の配当や投資信託の分配金よりも利回りが高そうだな」

そんな感覚で不動産投資をやりはじめたら、大変なことになりますよ・・・!

 

「S&P500の平均上昇率は9%だから大丈夫なんだ!」という物言いは投資関連本やマネー雑誌に頻繁に登場します。

ツイッターやブログなんかでもよく見かける言葉です。

この言葉、十分注意したほうがいいと僕は思っています。

 

それは『今までのデータを元にすると平均ではこうだった』というだけのこと。

でもそれは逆に見方をすれば、これから先も必ずそうなると決まってるわけじゃないということでもあるのです。

 

ちなみに札幌の年間平均気温は9度です。

でも最低気温はマイナス10度を超えます。

でも平均は9度です。

 

「平均は9度です!」と聞くとまるで年間通して安定して『マズマズの気温であるかのようん印象を受けます。

だけど実態は全然そんなことにはなっていません。 

札幌ですから大雪も降るし、道路も凍ります。

マイナス10度のときに薄手のパーカー1枚で外に出たら凍え死んでしまいますよ・・・

 

本当に『平均』をアテに自分のポートフォリオを構成して大丈夫なんでしょうか??

 

なぜ投資本やマネー雑誌にこのようなセールス・トークが頻繁に登場するのか。

その答えは載ってる広告を見れば一目瞭然です。

その広告のほとんどが証券会社や投信会社です。

 

僕はその雑誌で株や不動産で億万長者になった人の特集記事は見たことがありますが、投資信託で億万長者になった人の特集記事というものを見た記憶がありません。

それはなぜか?

実際に投資信託で億万長者になった人がほとんどいないからです。笑

 

まわりにいないでしょ?

株や不動産で大儲けしたという話はたまに耳にするけど、投資信託で大儲けしたという話って聞かないでしょ?

 

それなのに今、投資信託が花盛りです。

非常に興味深い現象だと思って僕はこの状況を見ています。

 

大切なことは「キャッシュフロー」を目的に投資するということ

20年30年かけて雪だるまのように資産が膨らんでゆく・・・・というイメージ。

このイメージに多くの個人投資家は取り憑かれています。

実際、そういうイメージを人々に植えつける投資法が大流行りです。

 

だけど、30年後に実際に資産が膨らんでゆくかどうかは株式市場しだいなのです。

そして、それは神のみぞ知るの領域です。

自分が引退する30年後の株価がどうなっているかなんて誰にもわからないのです。

 

『人生100年時代』と言われてますが、実際に100歳まで生きるかどうかもわかりません。

どんなに健康に気をつけていても病気になって70歳で死ぬかもしれないのです。

 

だったら若くて元気なうちに人生を楽しんだほうがいいんじゃない?と僕は思います。

『命短し恋せよ乙女』です!

 

投資信託は自分の力でコントロールすることができません。

不動産投資のようにこちらの創意工夫でコントロールし、投資結果に直接影響を与えることができないのです。

 

不動産投資だったらいろいろ手立てはあります。

 

 

家賃を下げてみようかな

ペット可にして募集しえみようかな

部屋をリフォームしてみようかな

トイレをウォシュレットに変更してみようかな

インターネット回線を無料で提供してみようかな

業者への広告料をもうちょっと増やしてみようかな

etc・・・

 

 

あの手この手でいろいろと施策を試すことができます。

そして、それがもしも功を奏せば投資結果にダイレクトに影響をおよぼすこともできます。

 

「メリルリンチに勤めていた偉い経済評論家が言ってたから間違いないだろう」なんて理由だけで何百万円も何千万円も自分でコントロールできないものにお金を突っ込むなんて・・・・僕にはとても正気の沙汰とは思えません。

 

なるべく早くお金が手に入るならそれに越したことないんじゃないかなと僕は思います。

家賃収入は遅くても翌月末には入金になります。

配当金だったら遅くても半年後に結果が判明します。

 

そういうインカムを今すぐももらって30年間過ごすのと、そういったインカムをもらうことなく「どうなるかわからない」というものを必死に待ち続ける30年。

さて、どっちがいいでしょうか。

 

30年間ハラハラしながら待ち続けたとしても、本当に30年後にキャピタルゲインが得られるという保証はどこにもないのです。

なぜなら、それは神のみぞ知るの領域だから・・・・

 

それだったら僕は『今』もらいたいです。

今すぐにでもキャッシュフローが得られるものに投資したいです。

 

そして、人生を謳歌するのです!

 

銀行は不動産よりも投資信託の方がキケンだと思っている 

投資や資産運用のアドバイザーと呼ばれる人たちの話を鵜呑みにしていたら、大変なことになる・・・・と僕は思っています。 

 

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という言葉があるけれど、みんなリーマン・ショックのことをすっかり忘れてしまってるみたいですね。

アメリカにしろ、日本にしろ、あまりにも目先の株価が絶好調すぎるせいで過去の教訓をすっかり忘れてしまっているようです。

 

言っとくけど、投資信託という金融商品はここ数年に誕生したものじゃありません。

リーマン・ショックの頃にももちろんあったし、ITバブル崩壊の頃もあった。

そして、投信会社や証券会社と結託して、投資信託を投資の素人にススメていた「アドバイザー」とか「コンサルタント」と呼ばれる人たちもここ数年登場してきたわけじゃありません。

リーマン・ショックの頃にももちろんたくさんいました。

 

それで危険極まりない投資信託を普通の人々に売りまくって手数料を荒稼ぎしていたのです。

みんなそのことをすっかり忘れてしまっているんです・・・

 

マス・メディアの人たちにも要注意です。

テレビ、新聞、ラジオ、雑誌、そしてSNS、etc・・・・金融業界とつながってるマス・メディアの人たちはゴマンといます。

彼らもやっぱり投資信託を猛プッシュしています。

 

彼らが目の敵にしているのは僕がやってるような不動産投資です。

そりゃそうです。

人々のマネーが金融の世界ではなく不動産の世界に流れていったら大変です。

彼らの飯のタネがなくなってしまいます・・・

 

だから彼らは不動産投資のことを執拗に攻撃するのです。

借金はキケンだとか

人口減少社会だから不動産投資はオワコンだとか

いろいろことを言ってますよね・・・

 

そういえば、『ガイアの夜明け』でもくりかえし不動産投資の特集が組まれていますよね。

そのいっぽうで投資信託の危険性については一切触れません。

そういえば、『ガイアの夜明け』って日経新聞がスポンサーになってなかったっけ?

日経かぁ・・・笑

 

投資アドバイザーの多くはすぐに不動産投資を槍玉に挙げます。

僕は2010年の暮れに専業の大家さんとして法人成りをして今日まで不動産からのあがりでメシを食ってきました。

彼らは「借金は危険だ」って言うけれど、僕は借金をすればするほど豊かになっていきました。

 

もしもあのとき借金をしていなかったら現在のこの自由と幸せは手に入っていませんでした。

僕がこんなに毎日ハッピーなのは銀行からいっぱい借金をしてキャッシュフローを生み出す物件のオーナーになったからなのです。

 

まとまったお金ができたら僕はそれを頭金にしてまた新たな借金をすると思います。

そして、僕にさらなるキャッシュフローをもたらしてくれるいい物件を取得すると思います。

借金は減らしません。

逆に増やします。笑

 

なぜならその方が安定するから。

その方が単純に儲かるから。

 

このやり方は投資アドバイザーのみなさんが人々にススメるやり方とは正反対のものです。

彼らは「まとまったカネができたら投資信託を買え」と人々にススメます。

「分散の効いた投資信託を積み立て方式で買って、それをずっと保有し続けて、30年後の値上がり益を期待しろ」とアドバイスしています。

「不動産なんかに投資するな。それよりも投資信託のほうが安全だ!」と・・・

 

投資アドバイザーがどんなに「投資信託はリスクの少ない資産だ」と思っていたとしても、銀行はそのようには考えていません。

銀行は投資信託の購入資金にはビタ一文お金を出そうとしません。 

それがどんなに将来有望なファンドだとしても銀行は「投資信託を購入したいので3,000万円貸してください」と言ってもお金を融資してくれません。

 

なぜでしょうか?

そんなに投資信託に投資することがキケンでないのならばどうして銀行は投資信託の購入資金にお金を融資しないのでしょうか?

 

銀行は投資信託が不動産よりもキケンだと思っているということです。

投資アドバイザーの人たちの言ってることと正反対だということです。

おもしろいなぁと思います。

 

まとめ

僕は配当を出さない会社の株には目もくれません。

どんなに優良企業であっても配当を出さない会社の株は買いません。

 

しかも僕は3.5%以上の配当利回りを目安にしています。

それ以下の配当利回りの銘柄は「少ない…」と感じてしまいます。

 

僕は心が弱い人間です。

自分でもそのことをよく理解しています。

たとえば「配当利回り少ないなぁ…」と思いながらある銘柄を保有していたとしたら、僕の性格上、きっと気分が良くない状態になると思います。

 

さらに株価が下がって含み損を抱えたりなんかしたら、たちまちストレスMAXになってしまうはずです。

僕はそういう性格をしているのです。

 

ところが配当利回りが3.5%以上ある銘柄ならば「保有していれば3.5%の配当金が入ってくるぞ」と思えばイライラが軽減されます。

どんなに株価が下がったとしても配当金がそれだけあればあまり株価は気にならなくなります。

 

だから僕の場合、『損切り』というものは基本的にはしません。

たとえ20%株価が下がったとしても、30%下がったとしても、絶対に損切りはしない主義です。

もしもその会社の業績が悪化して配当金が減額されたり、配当が廃止された場合はもう「仕方ない!」と思ってあきらめることにしています。

 

さらに、もしもその会社が倒産した場合でも「仕方ない!」と思って割り切ることができます。

僕はその部分に関しては割とドライに考えることができる性格です。

 

配当利回りが2.7%しか出ない銘柄をモヤモヤしながら保有しているよりはるかにマシです。

だから僕は『配当利回り3.5%以上』を目安に銘柄を選ぶようにしています。

そのくらいの利回りがあればグリップ力も強化されます。

カンタンに売ろうという発想にはなりません。

 

日本株の場合、配当利回りの平均は2%だと言われています。

そこを基準にすると3.5%は高配当といえるでしょう。

 

でも5%6%とかの異常に高い配当利回りの会社には注意が必要です。

株主還元の姿勢は立派だけど、あまり配当を出しすぎるとその会社の活力が失われてしまいます。

そうなると今後の業績にも影響してくるでしょう。

 

「配当さえ高ければ何でもいい」というわけではないのです。

ちなみに僕が保有している会社はどれも3..5%以上の予想配当利回りになっています。

 

 

・JT (予想配当利回り:6.39%)

・ブリヂストン (予想配当利回り:3.98%)