サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

節税をうたう投資には要注意! 「税金が安くなること」と「儲けること」はまったく違う理由について解説します。

最近よく耳にするようになってきた節税をうたう投資に僕は危機感をつのらせています。 

「〇〇という金融資産(あるいは現物資産)を買えば、保有期間中損失が出ててもこんなに節税できまっせ!」というものには猛烈な違和感を感じるのです。 

 

節税のために会社を赤字にする経営者っていると思いますか?

「税金が安くなればいい」と言って自分のお店が閑古鳥鳴いてても平気なオーナーっているどんなオーナーですか?

まあ、なかにはいるかもしれないけれど、きっとそういう姿勢でビジネスをやっているなら遅かれ早かれダメになってゆくはずです。

 

「キャッシュフローがマイナスでも節税なってるからOK」っていう考え方の異常さに早く気づいてほしい。 

 

 

f:id:orange345:20191212201935p:plain

 

hedge.guide

 

 

僕は基本的に節税で金持ちにはなれないと思っています。

節税はあくまでも儲かった後に考えることです。

節税ありきで何かをやるというのは本末転倒だと思うのです。 

 

節税と儲けることって、全然違うものですからね。

 

それにしても、実質的にはお金を損しているにもかかわず、『節税になる』という理由だけで損失を大喜びするというロジックはいったいどこから来るんでしょうか。 

いったい誰が「それはいい考えだ」と吹き込んだのでしょう。

 

僕たちが投資をする理由はお金を儲けるためなのに。

損失を喜ぶなんて・・・ 

 

これは不動産投資でも横行している問題だし、投資信託の界隈でもよく耳にする話です。

最近ではiDeCoとかNISAとかつみたてNISAといった制度も出てきて、ますます節税をうたった投資が流行ってきています。

 

でも『節税』と『儲けること』はまったく違うことです。

そこを勘違いするとえらい目に遭いますよ!

 

 

f:id:orange345:20191212201856p:plain

  

不動産投資の成功の秘訣は、『いい物件』を取得することです。

僕が考える「いい物件」というのは単純明快。

『儲かる物件』のことです!

 

東京都心部、築浅、RC、充実設備、etc・・・・それもまぁ大事かもしれません。

でも儲からなかったら意味ないでしょ?っていつも思っています。 

 

キャッシュフローばかりに着目して「地方のボロボロ木造アパートを買えばいい!」なんて極端なことは言いません。

でも手残りがほとんどない(あるいはマイナス)なのにかかわらず、『節税になる』という理由だけのために都心のワンルーム・マンションを買うのはあまりにもキケンすぎると思います。 

 

たとえ人口流出の著しい地方都市だとしても、『いい物件』と出会うことはまったく不可能ではありません。

確かに見つけるのは至難のワザですが、それでも可能性はまったくゼロではありません。

 

「東京都心の中心地のワンルーム・マンションだったら、表面利回り5%あるなら見ないで決めても大丈夫!」と言ってる某著名な投資アドバイザーの人がいまが、はっきり言って、正気の沙汰とは思えません。笑

 

不動産投資はやっぱり商売です。

商売にとっていちばん重要なことはこの3つ。

 

① 長期

② 安定

③ 継続

 

 

だから江戸時代からやってる老舗の和菓子屋さんとかってスゴイんですよ。

僕らはあれをお手本にしなくてはいけません。

 

不動産投資においても、株式投資においても、まずは「長期」「安定」「継続」で定期的に収入が入ってくることがいちばん重要です。

節税というのは2番目の話なのです。

「儲かりすぎちゃって困ったなぁ」というような『うれしい悲鳴』のときにやっと登場する話なのです。

 

順番を間違えてはいけません。

 

 

f:id:orange345:20191127082335p:plain

 

 

 「節税になるんだったらお金を損してもいい」という考え方は非常にキケンです。

そういうお金が儲からなくても節税になってるんだったら・・・・という発想で投資をやるんだったら、悪いことは言いません。

今すぐ投資の世界から足を洗ったほうがいいです。

 

不動産の世界でもときどきそういった話を耳にします。

「損失は経費になるからいいんだ」と言ってるオーナーも時々います。

 

これは『日本政府が300円くれるから、別に10,000円損をしてもいいんだ』と言ってるようなものです。

自分が言ってることの異常さに早く気づいてほしい。

 

本当にスゴイ人は「儲け」と「節税」を両方をゲットします。

「そんなことできるわけないじゃないか!」という人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

そういう洗練された高度な技術をつかって、儲けと節税を両方手に入れてる人はゴマンといます。

そういう人は『法人』というものをつかったり、『減価償却』というものをつかったり、『益金不参入』というものをつかったりします。

 

いずれにしても、そういう人は節税になるんだったら損失を出しても構わないとは考えません。

10,000円の損失を出して政府から300円もらうのではなく、10,000円の利益を出してなおかつ政府から300円もらおうとします。

そして、それは合法的にいくらでもできることです。

 

その人が本当に洗練されてさえいえば・・・

 

 

f:id:orange345:20191126055807p:plain

 

「節税になるのであれば損をすることはいいことなんだ」という考えがいかに異常なことであるか早く気づいてほしい。

 

『損をしているのに、儲かる』なんてことはないのです。

損をしているということはどこまでいっても損をしているということなのです。

 

そして、損をするような投資を見つけることはカンタンです。

不動産市場にも、株式市場にも、そういう投資先はゴロゴロ転がっています。

 

だけど、おかしな話だと思いませんか?

「投資で儲けたい」と思って投資をやりはじめた人が損をするような投資を探すなんて・・・

 

投資家というのはまず『儲けたい』と思うものなのではないでしょうか。

それなのに「日本政府が300円くれるんだったら1,000円損してもいいんだ」と言って喜んでる投資家って何なのでしょうか。

それは果たして投資と呼べるものなのでしょうか。

 

節税のためにわざわざお金を損しようなんて・・・・僕には正気の沙汰とは思えません。

また、そういうものに「これはいい!」と言って盲目的に飛びつく個人投資家もどうかと思いますが、そういうスキームをドヤ顔で提供する投資アドバイザーもおかしい。

 

でも、節税をうたう金融商品や不動産投資案件は非常に人気となっています。

そういうものをやって実際に大きな儲けを得るのはそれを購入した人ではありません。

そういった商品を提供し、手数料を得る業者です。

 

 

f:id:orange345:20191124170005p:plain

 

金融庁と証券会社と投信会社などがススメているiDeCoやNISA、つみたてNISAによる資産運用。

やってもいいと思うけど、おそらく最終的には損をするし、たとえ儲かったとしてもそんなに大きな儲けにはならないと僕は思っています。

「3倍4倍に儲かる」って言ってる人もいるけど、そんなにならないと思います。

 

そのやり方がそんなに儲かるものだとするならば、なぜそれを人にススメている投資アドバイザーたちはとっくにリタイアしてなきゃおかしい。

それなのにいまだに勤め人を卒業できていないのは何故なんだろう? 

 

彼らは分散投資をススメています。

でもその分散投資の中身は『紙の資産(ペーパー・アセット)』の中だけの話です。

 

株式も、投資信託も、債券も、銀行預金も、FXも・・・・みんな「紙の資産」というひとつの資産だけの話です。

アメリカ株も、日本株も、先進国も、新興国もそうです。

 

それは本当の意味での分散投資ではありません。

それらにバランスよく投資したとしても、それはただ単に「分けた」だけの話です。

本当の意味でリスクをヘッジしたことになりません。

 

おそらく次の市場の暴落が起こったとき、「分散投資していたはずなのにその分散効果がまったく効いてない」という事実に気づくはずです。

今みたいに市場が絶好調なときにはそのカラクリに気づくことはむずかしいものです

 

「紙の資産」という一種類のカゴに資金を投入するという行為は分散投資ではなくて集中投資なのではないでしょうか。

節税効果という甘い蜜に引き寄せられて、安易にiDeCoなどをやりはじめる人が続出しています。

 

 

『美しいバラには棘がある』ということを忘れてはいけません。