サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

レールから外れた人になれ! 小さな箱の中だけ一生を終えることのリスクについて考えてみた。

自慢じゃないけど、僕はずっとモジモジばかりしている男でした。

よく言えば、引っ込み思案。

悪く言えば、臆病者。

 

いつも自分に自信がなく、人前で大声で笑ったり自分の意見を堂々と言ったりできないタイプの人間でした。

 

そんな自分をなんとかしたいといつも思っていました。

でも、いつまで経っても克服することができず、ずっと苦しんできました。

 

なぜ僕はそんなに自分に自信がなかったのか。

その理由はカンタンです。

自信が持てるような『実績』をあげることができなかったからです。

 

勉強もできなかったし、部活が活躍することもできなかった。

クラスの人気者でもなかった。

社会人になって働き出しても、それほど営業成績でトップを取るような優秀な営業マンでもありませんでした。

 

でも僕はあるときから「このままじゃいけない!」と真剣に思うようになりました。

 

 

f:id:orange345:20191215100441p:plain


 

このままだったら、オレの人生は浮上できない

いつまで経ってもこのままだぞ

ここはひとつ、この「モジモジ」した自分から脱皮しなければならない!

 

 

そんなふうに心の底から思ったのです。

かなり追い詰められていたんだと思います。

激しいめまいに襲われ、心療内科で自律神経失調症と言われたのもちょうどこの頃です。

 

それ以来、僕はあえて「モジモジ」とは逆のキャラになろうとつとめてきました。

いつもより大きな声で話して思ったこともズバズバと言うようになりました。

 

「僕はこうしたい」ということを最初に相手に伝え、それに賛同しない人には「あっ、そう」ってな具合にズバッと切り捨てるようにしました。

自分のやりたいことだけやって自分のやりたくないことはやらないようにしました。

 

わざとデリカシーのないヤツになってやろうと思ったのです。

たとえ嫌われたとしても、「オレはこう思うんだ」「オレはこんなことがやりたいんだ」ということをはっきりと主張するようにしたのです。

 

そしたら何が起こったと思います??

人生が好転しはじめたのです。

いろんなことがうまくいきはじめたのです。

 

人から「すごいね」と言われることが多くなり、明らかに以前よりも人から慕われるようにもなりました。

これには僕自身も驚きました。

 

何の実績もあげていないのに

ただ単にキャラを変えただけなのに

考え方を変えてみただけなのに

 

本当の本当はすっごく弱っちいヤツなのです。

メッキを剥がせば全然大したことないヤツなのです。

 

そんな僕が後輩から「リーダーシップがある」とか「ついていきます」なんてことを言われるような男になった。

これには驚きました。

 

劇的な変化です。

今まで「モジモジ」していた自分はいったい何だったんだ?といったカンジです・・・

 

f:id:orange345:20191214070940p:plain


  

みなさんも一度開き直ってみるといいかもしれません。

人生に行き詰まりを感じてる人は、とくに・・・

 

本当は自信がなくても、「オレは間違ってねぇ」「オレのやることは正しい」ってな顔をして街を歩くんです。

いつもより派手な服を着てみましょう。

女性だったらいつもより化粧を濃くしてみましょう。

大声で話してみましょう。

「ガハハ!」ってな具合にいつもより豪快に笑ってみましょう。

 

それまでの暗くて、モジモジした自分を封印するんです。

 

軽やかに

堂々と

明るく

 

大丈夫。

バレませんから。

みなさんの本当の姿なんて誰にもわかりませんから。

みなさんの深層心理まで見抜ける人なんて滅多にいませんから。

 

『ニセモノ』を演じてみましょう。

ロバート・デ・ニーロがいろんなタイプの役を演じるように役者になり切ってみましょう。

 

本当はやってみたこと

今まで抑圧してたこと

言いたかったこと

言ってみたかったこと

etc・・・

それを全部、やってみましょう。

 

そしたら不思議なことが起こります。

突然、人生が輝きだします。

 

急にモテるようになります。

出世します。

いろんな人からいろんな誘いを受けるようになります。

重要な仕事を任せられるようになります。

リーダーに抜擢されます。

 

今まで自分が「あんな人になってはいけない」と思ってた人になってみる

今まで自分が「なんだ、あいつ、失礼なヤツだな」と思ってた人になってみる

 

モジモジして、引っ込み思案の自分にオサラバするのです!

 

誰かが自分の悪口を言っていたとしても、「ガハハハハ!」と大声で笑い飛ばしましょう。 

そんなキャラになってみましょう。

 

人生が変わりますよ!

 

 

f:id:orange345:20191211063345p:plain

 

なぜモジモジするのかというと、それは自分の中にある劣等感とか、挫折感とか、自信のなさといった『暗部』に支配されてるからなのです。

そういうネガティブなものに支配されちゃうと、人生そのものがダメになっていきます。

 

シロアリに食われたアパートみたいなものです。

シロアリは駆除しないといけません。

そうしないと建物が持ちません。

土台から腐っていくことになります。

 

『恥も外聞も捨てて』って言葉、ありますよね。

あまりいい言葉として使われないみたいだけど、本当に恥も外聞も捨てて何かに取り組んでみてください。

絶対に人生が良くなるはずです。

少なくとも今よりもちょっとはマシになるはずです。

 

波風を立てるのです。

当たり障りのないことしか言わない人間ではなく、まわりに波紋をひろげるような人間になってみるのです。

 

自分をさらけ出して、言いたいことを言って、やりたいことだけをやる。

どういうわけか、そういう人は人を惹きつけるのです。

遠慮して、モジモジして、暗く俯いてため息をついてばかりいると人は寄ってきません。

なぜか知らないけど、人生ってそういうふうになってるんだよね。

 

自分の失敗談や恥ずかしい部分を平気で人に話せるようになりましょう。

それが本当の自信につながります。

失敗することや笑われることを恐れないで思い切って行動すれば道は開けます。

オドオドしないでもっと堂々と生きましょう。

 

f:id:orange345:20191124091731p:plain

 

脱サラ起業することや、投資をすることや、借金をして事業をする人のことをバカにする人がいます。

何か行動に移した人のことを攻撃する人がいます。

 

じゃあ、その人は何かをやっているのかといえば何もやっていない。

ただ安全地帯にいて、観客席からワーワー言ってるだけ。

 

みなさんにはぜひともピッチに降りてプレーする選手の立場になってほしい。

失敗してもいいから行動し、実践する人になってほしい。

 

観客席にいてワーワー言ってるだけの人も本当はうらやましいんだと思います。

本当はユニフォームを着て、選手としてピッチ上で躍動したいと思っているんだと思います。

 

自分に自信がないだけなんだと思います。

 

失敗して傷つきたくない

笑われたくない

恥ずかしい思いをしたくない

etc・・・

 

だから何かにチャレンジしようとする人のことを攻撃したり、バカにしたりしているのです。

でもそのことを認めたくない。

自分でも薄々気づいてはいるけれど、それを認めたくない。

 

だから脱サラするヤツ、投資するヤツ、借金するヤツを攻撃して自分を正当化する。

フラストレーションをそいつにぶつける。

そうすることによって溜飲を下げようとしている。

 

なんてあさましく、さもしい振る舞いなのでしょうか・・・

その無意味な永遠ループ、もうやめませんか?

 

本当の自信とは自分の中から自然に湧き上がってくるもの。 

何の実績も何の資格もないのにフツフツと「オレはこれでいいんだ」と心の底から思うこと。

それがあれば何も恐れることはありません。

 

余裕も生まれます。 

余裕があるからガツガツしなくてもいい。

わざわざ人を攻撃しなくてもいい。

ガツガツもしないし、人の悪口を言わないからますます人から愛されるようになる。

 

モテる

出世する

責任あるポストを任せられる

リーダーに抜擢される

評価される

自由になれる

お金が入ってくる

楽しい毎日をおくることができる

etc・・・

 

あれを取得しないと低く見られる

これを達成しないとナメられる

 

かつての僕はそんなことばかり考えていたような気がします。

 

なぜか?

なぜそんなに必死だったのか?

 

それは余裕がなかったからです。

 

なぜ余裕がなかったのか?

それは自分に自信がなかったからです。

 

 

f:id:orange345:20191124091412p:plain


  

blogos.com

 

 

リーマン時代はすごい気を遣って、自分を殺して、意見も言えない(言わない)タイプでした。

そういう自分が嫌で嫌で嫌でたまらなかった。

生き方を変えたくて、こういう人生を選んだ。

 

ところがそこには代償がありました・・・

 

日本では「自由に生きる」ってことがあまり評価されないのです。

そもそも、みんな自由に生きたいなんて思ってもいません。

 

この国では自由よりも安定の方が尊重されるところがあります。

だから自由に生きてる人を見ると嫌悪感を抱く人が多いのです。

 

僕はその「冷たい視線」ってやつと常に闘っています。  

 

僕は「めんどくさいこと」「わずらわしいこと」から自由になりたくて脱サラ起業する道を選びました。

だけど、まさかその代償としてそういうものがあるなんて夢にも思っていませんでした。

 

なぜ遠慮する必要がある?

なぜ誰かの顔色を伺う必要がある?

  

まわりのことなんか気にしないで自分の好きなように生きたらいいんだよ!

 

チャレンジしないで狭い箱の中にいる。

その箱の中でポジション取りのことだけを考える。

そして、「これはコスパがいいか、悪いか」ということだけで己の人生を決めてゆく・・・

 

そういう『小さくまとまった男』ばかりが増えているような気がします。 

 

サッカーでもバスケでも相手がいるからおもしろい。

だからエキサイティング。

1人でやってたっておもしろくも何ともない。

 

そこに障害や困難があるからおもしろい。

人生も同じですよね。

 

失敗してもいい。

いや、失敗した方がいい。

失敗するからいろんなことが学ぶことができる。

世界のいろんな謎がだんだんわかってくる。

 

ところが今はまず、『失敗しないこと』を最優先にしちゃう傾向がある。

そういう男が増えている。

 

 

f:id:orange345:20191117095019p:plain

 

 

日本人がこんなに弱者に冷たいのは「ポジション取り」のことしか考えてない「コスパ野郎」が増えたからではないかと僕は思っています。

 

だから他社に救いの手を差し伸べようなんて思わない。 

 

〇〇高校に行くのは、〇〇大学に入るため

〇〇大学に行くのは、大企業に就職するため

 

それだけが人生のすべて。

この世には謎なんて何もない。

悩む必要もない。

25日になって給料をもらって、それで定年退職して、はい、終わり。

etc・・・

 

でも、その枠も限られています。

競争はますます激しくなり、こぼれ落ちないようにするだけで精一杯です。 

とてもじゃないけど、他人を助けようという余裕なんかありません。

 

本当は怖いのではないでしょうか。

本当は不安なのではないでしょうか。

 

だから外部に『敵』をつくり、それを攻撃することによってこう思いたいだけなのではないでしょうか。

 

自分は正しい

自分はまともだ

自分はこぼれ落ちてない

自分は強者の側にいる

 

 

 

姜尚中さんはこんな言葉を残しています。

 

 

結局、人生は何が幸いして何が災いするかわかりません。

つまり損か得かと考えることはじつはあまり意味がないのだと思います。

でも、善人がかならずしも幸せにならないのと同じように、得しようとして得が生まれるわけではないのです。

さらにいえば、損得という価値観で生きても、それがかならずしも幸福につながるわけではないのです。

 

 

 

悩む力 (集英社新書)

悩む力 (集英社新書)