サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

駆け引きしないで生きた方が幸せになれるよ! 損得勘定で生きると損する理由を教えます。

僕は駆け引きするのが好きではありません。

常に誠実でありたいと思っているし、誤魔化したり、出し抜いたりするのもあまり好きではありません。

カマをかけたりするのも嫌です。

 

そのことで損をすることもあるでしょう。

しかし、長期的に見れば駆け引きをしないほうがいいと思っています。

 

損得勘定だけで生きると、どうしても自分に正直に生きられなくなってしまいます。

 

本当はAの方向に行きたい、Aをやりたいと思っている

だけどAの方に行けば損をするのが目に見えている

だからBを選択する 

 

僕はそういう生き方はしたくないのです。

 

 

f:id:orange345:20191215100441p:plain

 

だからきっと脱サラ起業するなんていう大それたことができたんだと思います。

銀行から何億円も借金をして不動産投資をやるなんていうバカげたことができたんだと思います。

 

まともな考えでいたらそんなことできっこないですよね。笑

 

僕はどこかネジが一本飛んでるんだと思います。

でもそのおかげで自由と豊かさ、そして幸福を手に入れることができました。

 

損得勘定を優先させると、どうしても「コスパ人間」や「ポジション取り野郎」になってしまいます。

そうするとコスパのいいことだけはやるけど、コスパの良くないことはやらないという発想になってしまいます。

 

そういう思考におちいると、視野が狭くなり、人生がどんどん規定されてしまいます。

 

そういうタイプの人は絶対にサラリーマンを辞めてパン屋さんなんかになろうと思わないはずです。

どんなに自分の本当の心が「パン屋になりたい」と思っていたとしても。

だってパン屋になるためには修行をしなければなりません。

朝早くに起きて、ほとんど休みなく、毎日パンをつくり続けなければなりません。

 

「それはコスパが悪い」と思えるでしょう。

そんなことをするくらいだったらこのままサラリーマンを続けていた方がマシだ。

大人しく働いてさえいれば25日になれば給料も振り込まれる。

 

そう考える人がたくさんいることでしょう。

でも、それは自分の心の嘘をついてることになるのです。

その嘘の代償は高くつきます。

 

もしかしたらパン屋として成功して大金持ちになれるかもしれません

もしかしたら有名になれるかもしれません

もしかしたら今よりももっと幸せになれるかもしれません

etc・・・

 

目先の損得勘定で人生を決めてしまったら、そういった「夢」や「可能性」を全部捨ててしまうことになるのです。

 

人はなぜ駆け引きをするのか。

それは「素のままの自分」に自信がないからです。

だからストレートを投げれない。

だから変化球に頼ってしまう。

 

でも僕はこれからの時代はもうそのやり方は通用しないと思っています。

これからは駆け引きしない誠実で正直な人間が勝ちをおさめると思っています。

 

もしもそれで失敗したとしても、少なくとも自分の心に正直に生きてさえいればその失敗もいい経験になります。

そして、その失敗から何かとても大切なものを学ぶことができるでしょう。

 

でも損得勘定を優先させて、自分の心を欺いてしまった場合は何も学べません。

失敗もしないかもしれないけれど、むなしさも同時に残るはずです。

 

f:id:orange345:20191215100522p:plain

 

僕は人生はゲームだと思っています。

ゲームである以上、面白ければ面白いほどいい。

生きていると遭遇するさまざまな障害も面白さを演出するものだととらえましょう。

 

もしもサッカーにもゴールキーパーがいなかったら

もしもボーリングにガータがなかったら

それはきっと面白くもなんともないものになっていたはずです。

 

『専業大家さんになって脱サラして自由気ままに暮らす』という夢をまわりにいる人に話したとき、僕は散々バカにされました。

アホだ、マヌケだ、非現実的だ、絵空事だ・・・・って、それはもうひどい言われようでした。笑 

 

「すぐに尻尾も巻いてサラリーマンに戻ってくるはずだ」と笑われもしました。

でも僕はその下馬評をくつがえし、大家さんとして成功をおさめることができました。

2010年には法人成りもしました。

 

だから人生は面白いんです。

「そんなの無理だ」「そんなことできっこない」ということをひっくり返すから面白いんです。

だから人生は生きるに値するんです。

 

これがもしも意外性も何もない、ただ単にのんべんだらりとしたものだったらこれほどつまらないことはありません。

 

ぜひみなさんも無難に生きないでほしい。

どうせ生きるなら面白い生き方をした方がいい。

まわりの人をアッと言わせるようなことをやってほしい。

 

人生は短いのです。

せいぜい80年くらいでしょうか。

それだったら面白い人生の方が楽しいと思いませんか?

コスパ人間やポジション取り野郎なんかになってる場合じゃなくないですか?

 

「絶対に不可能だ」とか「そんなことできっこない」と人から言われるようなことに挑戦して、それを成功させることはとてもおもしろいことだと思います。

痛快だと思いますし、めちゃくちゃ興奮すると思いますよ。

 

f:id:orange345:20191204154113p:plain

 

人生には「たまたまうまくいった」ということもあるのかもしれません。

でもほとんど場合、そういうことってないものです。

 

やっぱりうまくいく時というのは必ずそこには「うまくいくだけの理由」のようなものがあるんです。

ただなんとなく・・・・だけじゃやっぱりうまくいかないものなんです。

 

幸せを手に入れたり、楽しい状況を作ったり、自由を感じたりすることができるのってやっぱりその人がうまくいく選択をしてうまく方向へ舵を切ったからだと思います。

そうじゃなきゃ、とてもじゃないけどたどり着くことなんてできませんよ。

 

うまくいくような選択をしたからこそそれを手に入れることができた。

逆に言えば、いまうまくいってない人というのはうまくいくような選択をしてこなかったということです。

 

きっと選択の機会は与えれていたと思うのです。

それなのに、うまくいく方の道を選ばなかった。

その結果が今なんだと思います。 

 

たとえば、仕事のことで悩んでる人がいたとします。

「そんなに嫌なら辞めちゃえば?」って僕は思うんです。

でも、その人と話をすると必ず「いや、そんなことできっこない!」って言うんです。

 

たとえば、結婚生活のこと苦しんでる人がいたとします。

「そんなに苦しんだったら離婚しちゃえば?」って僕は言うんです。

でも、その人は絶対にこう言うんです。

「いや、それだけは絶対に無理だ!」って。

 

うまくいかない方の道を選択しておいてうまくいくわけがない

苦しむほうの選択をしておいてハッピーになれるわけがない

 

人生をうまくいかせたいんだったらやっぱりうまくいかせる方へ舵を切ってあげないと! 

 

人生の分かれ道に差し掛かった時、自分が楽しい!と感じる方を選ぶようにするといいよ。

面白い方を選んだ方がいい。

損得勘定や「正しい/正しくない」で選ばない方がいい。

 

f:id:orange345:20191126100456p:plain

 

正しさよりも楽しさの方を優先させた方が人生はうまくいくものです。

 

「正解か、不正解か」という価値基準から導き出されたものには十分注意する必要があります。

 

人間はコンピューター・プログラムじゃありませんからね。 

 

バフェットの投資法はバフェットにとっては正解だった

フロイトの精神分析はフロイトにとっては正解だった

 

でも、それはみなさんにとっては正解ではないかもしれません。

それを誰かに当てはめようとしたり、それをマネしたからって必ずしもうまくいくとは限らないのです。

 

僕らにできることはただひとつ。

『自分独自の方法』を自分自身で発見するしかないということです。

 

結局のところ、自分を幸せになるレシピは自分で作り出してゆくしかないのです。

誰かのレシピ通りにやったとしても幸福になるとは限らないということです。