サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

「自分はダメな人間だ…」という心理状態におちいった人にぜひ読んでもらいたい僕が人生を逆転させた話

もしも、みなさんが今、「人生がうまくいってないな・・・」と感じているのだとしたら、ぜひどうしてそのような事態になったのか冷静に分析してみてほしい。

きっとそこには何らかの理由のようなものがあるはずです。

 

わざわざ自分をツライ想いをするようなシチュエーションに自分を追い込んじゃったりしていないか・・・

 

やっぱり足の遅い人が陸上部に入ったって活躍できない。

ずっと経理をやってきた人がいきなり営業の部署に回されたって成績は伸びない。

 

どんなに頑張ったってその分野に長けている人には叶わない。

これはもう仕方のないことだと思います。

 

いくら「あきらめるな!」とか「10000回やってダメだったとしても、10001回目はうまくいくかもしれない」と言われたとしても、ダメなものはダメですよね。

 

 

f:id:orange345:20190825102920j:plain

 

出典:【根性論】をやめて、【根性】論でいこう! | とあるラッパ吹きのつぶやき

 

 

生まれつき足の速い人にはどんなに努力したって勝ち目はないのではない。

それなのに、負け戦なのに「根性論」や「精神論」で戦いを挑んで深い傷を負ってる人があまりにも多いように僕の目には見えます。

  

僕は勉強ができませんでした。

要するに落ちこぼれです。笑

 

だから僕は人生の途中で『自分は勉強という分野では輝けない』ということに気づいたんです。 

でもそのおかげで勉強という分野から離れることができた。

 

僕が現在、ビジネスの世界でそこそこ成功することができたのもそのどこかの時点での気づきのおかげだったと思えるのです。

 

そのことに気づかず、苦手な勉強にエネルギーを注ぎ込み、不毛な戦いを繰り返していたら・・・・僕の人生はかなりマズイことになっていたような気がします。 

仮に今の僕の状態が成功だとするのなら、それは僕が勉強に挫折したおかげです。

その挫折が僕を思いもよらぬ場所へ導いてくれたのです。

 

ビジネスの世界というのはご存知のとおり、勉強の良し悪しはまったく関係ない世界です。

エジソンも、松下幸之助も、僕の町にいる有名なメガ大家さんもいわゆる高学歴ではありません。 

それでもあれだけの大成功をおさめることができたんです。

 

商売やビジネスの世界での成功と、勉強のできるできないは必ずしもリンクしていないということの証明です。 

もしもこの2つがリンクしているのだとしたら行列のできるラーメン屋のオーナーはみんな高学歴でなきゃいけない。

 

「東大卒の人がつくったラーメンの方が地元の工業高校しか出ていない人がつくったラーマンよりうまい」なんてことありませんよね?

 

f:id:orange345:20191205142309p:plain

  

僕はアパート経営という商売をやっていて、不動産を取得する際には銀行の担当者や支店長と何回も打ち合わせをします。

 

ここでおもしろい話を。

その何回、何十回にも及ぶ銀行との打ち合わせの最中に僕の学歴のことに話題が及んだことはただの一度もありません。

僕の学校時代の成績のことについて質問されたことは一回もないのです。

 

それはつまりどういうことか?

彼らが融資するかしないかを決めるときの判断材料に僕の学歴は一切関係していないということです。 

 

不動産というのは高額です。

何千万円、何億円というお金が動きます。

そんな大金を動かす当事者になるなるのです。

僕も大変だけど、銀行だって大変です。

 

もしも誤った判断をしてしまったら銀行も損失を被ることになります。

だから彼らは決算書だとか、納税証明書だとか、ありとあらゆる書類を提出させて隅から隅まで厳しくチェックします。

 

そんな大事な意思決定の判断材料に『学歴』って一切影響を及ぼさないのです。

これってなかなか興味深いことだと思いませんか?

 

融資がうまくいけば僕の人生は変わります。

現に僕は融資がうまくいったことによって人生が変わる経験をしてきました。

その積み重ねの結果が今の僕の状態です。

 

そんな人生の一大事に僕の学校時代の成績=つまり学歴が一切関係しないなんて・・・

なかなか興味深いことだなぁと僕は個人的には思っています。

 

そして、それよりも興味深いのは銀行が融資の際に無視をするような『学歴』ってやつを世の中の人々は過剰に重要視することです。

 

本当に学歴の高さってその人の人生を引き上げてくれるものなのでしょうか?

世の中って学歴の高い人から順に幸せになってゆくような仕組みになっていましたっけ?

 

僕はそのことに気づくのに随分と遠回りをしました。

遠回りをして自分をずいぶん傷つけてきました。

 

f:id:orange345:20190825103705p:plain

 

出典:まずはチェックシートで自分の強みを把握す…:日経クロストレンド

 

 

学校時代、落ちこぼれだった僕は「自分はダメな人間なんだ・・・」とどこかで思い込んでしまっていたんだと思います。

本当はダメでもなんでもなかったんです。 

 

ただ単に自分が輝けない分野で不毛な努力をしていただけのことだったんです。

 

もしもみなさんが今、何かに悩んでいるのだとしたらそれはもしかしたら『それ、君に向いてない分野だよ』というメッセージかもしれません。 

そのことに気づけるかどうかの違いだけのような気がします。 

 

自分に合ってない分野で輝くことは非常にむずかしいものです。

そんなことにエネルギーを注ぐくらいなら自分が輝ける分野を見つけてさっさとそっちへ乗り移っちゃった方がいいのではないでしょうか。 

 

モグラは蝶にはなれません。

だけど、そのことは決してネガティヴなことでも何でもないんだと思います。

 

モグラにはモグラとしての特性があります。

なんと言ってもモグラは地面を掘ることができます。

だけど、蝶は地面を掘ることはできません。

 

みなさんの中にも『何か』があるはずです。 

とにかく無駄な努力をしないこと。

無意味なことにエネルギーを注ぎ込まないこと。

 

f:id:orange345:20191117095019p:plain

 

自分の弱点が最大の武器になることってあるものです。

僕は自分には実力がないということを誰よりも自覚していました。 

だから『不動産投資』というもの引き寄せられたのだと思います。

 

だって不動産投資は『自分以外の人の力』を利用することができるものだから!

 

アパートの部屋の空室が埋まるのはアパートにそれだけの価値があるからです。

だからその部屋を契約してくれる入居者さんがいるのです。

 

それは僕が優れているからじゃありません。

僕が取得したアパートが優れているのです。

 

さらに、お客さんを連れてきてくれる優秀な賃貸営業マンがいてくれます。

その建物を管理してくれる管理会社の人がいます。

建物を定期的にキレイに掃除してくれる清掃業者さんがいて、修繕工事してくれる工事業者さんや設備屋さんがいます。

 

僕ひとりの力だけではとてもじゃないけどやっていけませんでした。

 いろんな人の力を利用させてもらえるのが不動産投資のスゴイところなんです。

 

その物件の所有者が必ずしも優秀である必要はないのです。

 

不動産投資にはまだまだたくさんの人の力を借りることができます。

税金についてアドバイスしてくれる税理士先生もいます。

僕みたいな無能な人間にたくさんのお金を貸し付けてくれる銀行の融資担当者がいます。

 

不動産投資はいろんな人の力を利用させてもらうことができる世にも不思議な投資法ななのです。

 

僕は自分に力がないことをずっと前からわかっていました。

だから誰かの力を借りることができる方法を探しました。

その結果、『不動産投資』という鉱脈にたどり着くことができました。

 

自分の中の弱点=最大の武器なのです!

 

レバレッジとは『お金』のことだけのことを指す言葉ではありません。

僕は銀行借入を利用したわけですが、僕にとっては収益物件も管理会社も賃貸の営業マンも家賃を払ってくれる入居者さんも銀行もすべて『レバレッジ』です。

 

僕自身は大したことのない人間なのです。

頭もそれほど良くないし、能力も低いです。

そんな僕が今、自由と幸せを謳歌できているのもたくさん『レバレッジ』を使うことができたおかげなのです。

 

 

もしも「オレはダメだ・・・」という悩みを抱えている方がいたら、どうか気を落とさないで!と申し上げたいです。