サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「悪いことが続いたあとに良いことがある」という状態をつくり出すためにやらなければいけないこと。

日々生きてると、人生にはイヤなことってたくさん起こります。

でもだからってそのイヤなことをずーっと引きずってても何もいいことはありません。

そこにばかり焦点を当ててたら、他のことが目に入らなくなってしまいます。

 

登山をしてても山道にはゴミはいっぱい落ちてるもの。

でもそんなことにばかりに気をとられていたらせっかくの登山が楽しめません。

落ちてるゴミのことに気を取られるよりまわりの美しい景色のことに目を向けましょう。

 

人生も同じです。

生きてゆくなかで遭遇したイヤな出来事のことばかり考えてずっとそれにとらわれて生きるのはもうやめましょう。

 

f:id:orange345:20190826081006g:plain

 

出典:嫌なことを忘れる時に思い出したい「あかさたなはまやらわの法則」 | Message 名言 | Cool words, Powerful words, Positive words

 

 

恋人にフラれたのは別の素敵な人と出会えるチャンスでもある。

就職試験に落ちたのは「別のもっといい会社の方に行った方がいいよ」というお知らせかもしれない。

 

ものの見方をちょっと変えてみるんです。 

いつまでもネガティヴなものに囚われて生きるのは人生を台無しにしてしまう行為。

 

今すぐその悪い癖をやめよう。

 

自分の考え方を変えようとしない人は本当は困ってなんかいないという説もあります。

だって本当に困っていたら否が応でもヒトは自分を変えようと思うはずですからね。 

「このままじゃマズイ。今までの考え方をしていたんじゃこれから先、お先真っ暗だぞ」って気づくはずですからね。

 

今までと同じ思考パターンから抜け出せない人って、結局そんなに困っていないし、苦しんでないのかもしれない。

「なんとかしよう」「なんとかしなきゃ」と心の底から思ってないのかもしれない。

 

『自分に起こるすべての出来事は今の自分にふさわしい出来事』というふうに考えてみたことありますか?

 

もしも仕事のことで悩んでいたら「その悩みは今の自分に必要なことなのかもしれない」と思ってみよう。

もしかしたらそれは「その仕事を辞めて違う会社に転職した方がいいよ」というメッセージなのかもしれない。

 

 

僕の人生をふり返ってみても、悪いことが起きるときというのはだいたい自分の精神状態も悪いときだったような気がします。

ネガティブ思考に陥っていたり、暗い顔をしていたり、イライラしていたり、ね・・・

 

そんな状態のときにまさしくそんな状態にピッタリの出来事が起こるもの。

今まではそれをただただネガティブにとらえていただけだったけれど、それはもしかしたら「自分を変えろ!」というサインだったのかもしれません。

「おい、今までの考え方を捨てなきゃいけない段階に来たぞ!」というお知らせだったのかもしれません。 

 

だから悪いことって決して悪いことじゃないんです。

そのことに気づけるかどうかが問題なんです。 

 

f:id:orange345:20190826081134j:plain

出典:2015年10月:沖縄発!元気が出る筆文字言葉

 

 

以前の僕は『人生はまわりの環境や状況が創っている』と思っていました。

それは大きな勘違いでした。

 

僕たちは人生を自分の好きなようにデザインすることができるんです。

それを知らなかったがために僕は随分、遠回りをしてきてしまいました。

 

環境や状況に問題があるのではなく、自分自身のあり方に何か問題があるということです。

 

みなさんは今、どんな状況にいますか?

何か良くない状況にあるとき、外側に目を向けるのではなくときには内側にも目を向けてみましょう!

 

問題を解決するカギは意外と自分の中にあったりするものです。

自分の中に「何か間違ってるところはないだろうか」と探ってみましょう。 

きっと何かがあるはずです。

 

目の前の状況というのは自分自身の心の投影でしかないのですから・・・

 

どんな生い立ちで、どんな境遇の元に育ったとしても、それは単なる客観的な事実に過ぎません。

「だからどうしたの?」といった感じに捉えてみましょう。

 

あまり自分を卑下しないように。

あまり卑屈にならないように。

拗ねないように。

他人を妬まないように。

 

自分のペースで自分らしく歩いていけばいいのです。

 

不幸な事実が積み重なったからといってその人が不幸にならなきゃいけないわけではないのです。

人生は数学じゃないから。

「こうしたら、こうなる」という世界ではないのです。

 

 

f:id:orange345:20191126093854p:plain

 

 

フロイトは『夢』について熱心に研究したことで知られています。

夢は僕らの精神状態を映し出すスクリーンです。

だからしょっちゅう悪夢を見る人は何らかの不安や悩みを抱えている人が多いといいます。

ストレスと無縁で好き勝手に生きてる子供たちは楽しい夢を見やすいと言われています。

 

物事というのはすべて自分の心の投影に過ぎないということです。

夢にまでそれがあらわれてくるのです。

 

だから何か良くないことが起こったら自分の中に「何かおかしいところがないか?」と分析してみましょう。

そして、そこを改善してあげましょう。

そうすればきっと物事も自然といい方向へ流れてゆくと思います。

 

その出来事は何かのサインなのです。

もしかしたらみなさんに何かを知らせようとしているメッセージかもしれないのです。

そのメッセージをキャッチしましょう。

そして、その根本的な問題に目を向けましょう。

 

 

我が身から出ずるもの いずれ我が身に戻りくる。

 

 

という言葉があります。

これ、マジで真理だと思います。

 

 

f:id:orange345:20191203081152p:plain

 

自分の心が整っていないときに出会う人には要注意です。

そういう精神状態のときに出会う人とはうまくいかなくなることが多いです。

 

過去に出会ってきた人のことを思い浮かべてみてください。

特に「出会わなければ良かった」と思うような人と出会ってしまったときのことを思い浮かべてみてください。

 

そのときのみなさんの精神状態はどんな状態でしたか?

もしかしたらそのときの精神状態にぴったり合致するような人と出会っていませんか?

 

物事はすべて引き寄せ合うのです。

出会いも自分と同種の人と出会うような仕組みになっています。

だから常に心を磨いておくようにしましょう。

 

いまの状況を改善したければ、いまの自分を改善するように努めましょう。 

自分を何ひとつ変えないでおいて状況だけ変えようとしてもうまくいきません。

 

でも自分の内面を磨けば外の世界も変わっていきます。

こちらが何もしなくても自然と好転していきます。

 

すべての問題を解くカギは自分のなかにあるのです。

 

現実は僕たちの心が投影されたものに過ぎないということです。

その人の『想い』が現実となって立ち現れてくるのです。

 

生きることを楽しみ、この世を希望や夢、喜びに満ちあふれたものとして捉えることもできる。

逆に苦しみ、怒り、妬み、悲しみだらけの世界として捉えることもできる。

 

すべては『想い』の副産物なんです。

 

 

 f:id:orange345:20191003075418p:plain

 

僕たちは自分が考えたとおりの人間になり、考えたとおりの人生を歩みます。 

僕たちが本当に影響を受けるのは環境とか景気とか仕事とか人間関係といった外側の事柄ではないのです。

 

本当に影響を受けるのは内側です。

つまり、自分の精神(心)です。

 

邪悪な心に支配されてる時、必ず悪いことが起こる

幸福な心に支配されてる時、必ず良いことが起こる

 

要するに、「何を考えたか?」によって人生というのは変わるということです。

 

だからなるべくなら『良いこと』を考えましょう。

何を考えたかによって人生が良い方向に変わってゆくのだとしたら良いことを考えれば人生は良い方向へ向かってゆくはずです。

それを試してみる価値はあると思います。

 

ヒトは自分が望んだ通りの人間になることができる

環境も人格も全部自分で設計しなおすことができる

 

僕たちの内面にはそのような特殊能力が備わっているのです。 

その気になれば誰でもその魔法を使うことができるんです。

 

でもほとんどの人は(かつての僕も)そんなふうには思っていない。

『まわりのせいでこんな風になった』『人生を変えることは不可能だ』と考えちゃう。

 

そのネガティブな考え方の『根っこにあるもの』を変えた方がいいと思います。 

自分のまわりを変えることにエネルギーを注ぐよりも、自分自身を変えることにエネルギーを注ぎましょう。

 

いつまで経っても状況が改善しない原因はそこにあるんじゃないのかな。

 

すべての問題は僕たち自身がつくり出したもの。 

問題は外側にあるんじゃなく、内側にあるんです。

だからいくらでも解決することができるんです。

 

僕たちは敵になんか囲まれていない。

僕たちを苦しめてる本当の敵は僕たちの心の中にいるんです。

 

f:id:orange345:20191126100456p:plain

 

僕の知ってるお金持ちたちは皆、人格者ばかり。

彼らを見ていると『外側の成長は内側の成長なしには成しえない』ことがよくわかります。

 

ビジネスの世界は心の世界と直結しています。

短期間に金を稼ぐことはできるかもしれませんが、その繁栄をずっと持続させるのは内側の充実なくしてはあり得ないのです。

 

だけど、商売がうまくいってない人はついつい外側の世界にばかり目を向けてしまいまう。

そして、『自分』という内側の世界に目を向けることを疎かにしてしまいます。

 

困難な状況を修行と捉えるか、不運と捉えるかはその人しだい。 

いちばんの敵は自分で、いちばんの味方も自分。

自分を哀れんだり、自分の人生を呪ったりして自分自身の奴隷になってはいけません。

 

他者と争い、勝利することは大事なことかもしれない。

だけどもっと大事なのは自分自身と折り合いをつけて、コントロールすることです。

 

自分の心をコントロールできるようになれば洞察力と識別眼が身につく。

それは仕事、恋愛、人間関係、ビジネス、投資、etc・・・・・何をやる上においても大いに役立つものだと思います。