サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

日本とギリシャの違いはコレだ! 「日本は財政破綻するのでは…」と怖くなったときに読んでほしい記事

日本の財政を語るときによく出てくるのが「日本もギリシャのようになる」という話。

これも財務省によるインチキです。

  

ギリシャはユーロ建てで国債を発行していました。

それに対して日本は日本円建てです。

日本の国債も日本銀行をはじめとする金融機関や機関投資家がほぼすべてを保有しています。

いわば身内から借金をしているようなものなのです。

 

状況はギリシャとまったく違うのです。

 

日本の国債の40%を保有しているのは日本銀行。

日本銀行って政府の「子会社」みたいなものです。

「配偶者」と言ってもいい。

あるいは「同一人物」と言ってもいい。

 

だからギリシャのように国債の利息が海外に流出したりもしないのです。

日本が財政危機におちいることなんてあり得ないのです。

 

日本政府も国内にも海外にも資産をいっぱい持っています。

日本の対外純資産の額なんてものすごいです。 

財務省と裏で手を握っている御用学者たちも「このままだと日本は破綻する」というデマを流しつづけています。

池上彰さんをはじめとするマスコミも彼らのフェイク・ニュースをそのままお茶の間に流しつづけています。

 

彼らの狙いは消費税を増税し、代わりに法人税を減税すること。

着々と実行に移しています。 

 

何の根拠もなく、完全なデマなのに、この恐怖心はほとんどの日本人の心に植えつけられてしまいました。

だから多くの国民が消費税増税に賛成するようになってしまいました。

 

 

それにしても財務省の官僚たちはどうして財政再建にこんなにこだわるのでしょうか。

こういうデフレの時期に消費税増税なんかやったら日本経済はますます衰退し、民間(企業や国民)の多くが痛手を負うことぐらいわかりそうなものなのに。

あんなに頭がいいんだから・・・

 

 

 

① 「法律(財政法)にそう書いてるから」というただそれだけの理由

(アイヒマン的真面目な公務員体質)

 

② 自分たちが間違っていたことを認められないエリートゆえのプライド

 

③ 超大金持ちたちに利益を渡すため

 

④ アメリカ(ウォール街)からの圧力

 

⑤ 実は何もわかっていない

 

 

さて、これのうちどれなのか。

⑤の「実は何もわかっていない」というのは絶対にあり得ない。

彼らは絶対にわかったうえでやっている。

 

もしわからないでやっているのならば、こんなふうにホームページに「日本はデフォルトしない」なんて堂々と載せたりしないはず。

 

「日米などの自国通貨建ての国債を発行している国でのデフォルトは考えられない」と書いています。

これ、財務省の公式見解ですよね。

 

 

www.mof.go.jp

 

 

片一方で「破綻しない」と述べておいて、もう一方では「破綻する」と述べるという分裂ぶり。

これ、何らかの意図があるとしか思えない。

それはいったい何でしょう。

 

彼らが「二枚舌」まで使って国民を騙し、消費税を上げたい理由は何なのでしょうか。

そこまでしてプライマリーバランスの黒字化を達成したい理由は何なのでしょうか。

 

彼らの真の目的は何なのだろう。

 

「財政を黒字化しなさい」と各国に圧力をかけ続けているIMF。

そのIMFの言うとおりにして、おもいっきり緊縮財政をし、国民に増税を課した結果、アルゼンチンやギリシャ、韓国がどうなったか・・

とても興味深いものがあります。

 

そして、それと同時にこのIMFという組織に財務省からの天下りが何人も入っていることも興味深い。 

これも財務省が消費増税をしたい理由のひとつなのかもしれません。 

 

「消費税増税、反対」「緊縮財政、反対」と言うと、必ず言われるのが『じゃあ、財源はどこにある?』ということです。

 

もちろん財源はあります。

基本的にはれいわ新選組の山本太郎氏と同じです。

 

 

① 新規国債の発行

 

② 法人税に累進制を導入する

 

③ 所得税にさらに細やかな累進制を導入する

 

 

これによってゆるやかなインフレに持っていき、景気を回復させる。

そうすることによって企業の業績や国民の所得がUPする。

それと同時に政府に法人税と所得税が入ってくる。

 

「これ以上、赤字国債を発行したらハイパーインフレになるじゃないか。国家が破綻するじゃないか」という方もいらっしゃるかもしれません。

ご安心ください。

 

「自国通貨建ての国債はデフォルトしない」と言っているは僕ではありません。

山本太郎でもありません。

財務省が言っているのですから。  

 

  

・日本は財政破綻しない

・消費税は廃止してもいい

・財政再建は考えなくてもお

・(インフレ率にさえ気をつけていれば)国債をいくら発行してもいい

 

 

この考えは、今は「トンデモ」に聞こえるかもしれません。

でも天動説は最初いずれ人々も自分の考えが間違っていたことに気づくことでしょう。

 

ところが今の日本は財政破綻の危険性を語った方がウケるようになってしまった。

財政再建を訴え、消費税増税を主張した方が選挙で受かるというアベコベの現象も起こっている。

 

国民を豊かにするために政治家は存在しているはずなのに、「国民を貧しくします!」と掲げた方が当選するというパラドックス。

 

 

「空気」の研究 (文春文庫)

「空気」の研究 (文春文庫)

 

  

山本七平の『空気の研究』という有名な本があるんだけど、日本人はいつも“空気”に従っちゃうんです。

その日本人の体質があの悲惨な戦争を招いたことを忘れてはいけません。

 

財政再建したら具体的にどうなるのかなんて国民は考えていません。

ただなんとなく空気に従ってるだけです。

なんとなく右へ倣え。

そこに明確な理由もなく。

 

「向こう三軒両隣」の精神です、、、

 

 

本当に財政再建したいのであれば今すぐ消費税を廃止して、積極的に財政支出をして本気でデフレから脱却すべきです。

逆のことをしなければなりません。

 

国民の所得が増えれば必然的に所得税も多くなります。

企業が儲かれば必然的に法人税も増えます。

 

消費税を増税すればするほど国民は貧しくなり、消費は落ち込みます。

消費が落ち込むと企業の業績は悪くなります。

企業の業績が悪くなると企業は人件費を削ろうとします。

おまけに法人税の税収も落ちます。

所得税も減ります。

 

これがデフレ・スパイラルなのです。  

 

このデフレの状況下では消費税を上げても財政再建はできません。

消費税増税なんかやったら、実体経済の方も、財政の方も両方悪くなるのです。

 

政治家も財務省もマスコミも経済学者もみんな、『合成の誤謬』におちいっています。

 

*合成の誤謬 = 正しいことをやっているんだという思い込みが間違った判断に導くこと

 

 

「カネは天下の回りもの」とはよく言ったものです。

 

 

政府の赤字が拡大する→民間の黒字が拡大する

 

政府の借金が増える→国民が豊かになる

 

政府がカネを払う→そのカネは僕たちの懐に入る

 

 

それだけカネが循環してるってこと。

カネを回さないってことはそれだけ僕たちが貧乏になるってこと。

 

 

財政破綻論を述べる人は「日本の国債は暴落する」と言って不安を煽るけど、もし本当に貸し倒れリスクがあるのなら国債の金利は0.1%なのはなぜだろう?

  

『闇金ウシジマくん』のカウカウファイナンスの金利が高いのはキケンな人にお金を貸すから。

リスクが高ければ金利は高くなるものです。

 

 

闇金ウシジマくん(1) (ビッグコミックス)

闇金ウシジマくん(1) (ビッグコミックス)

 

 

 

国債の金利が低いということはそれだけ信用が高いということ。

市場関係者は誰ひとりとして実は「日本は破綻する」なんて思っていません。

 

 

① 日本の国債は円建ての国債である

 

② デフレで大企業が金を借りない&中小企業には怖くて貸せない。だから仕方なく銀行が国債を買いまくっている

 

③ 日本銀行も国債を買いまくっている

 

 

これでどうやって国債が暴落するというのでしょう。

なぜ日本の財政が破綻するのでしょう。 

 

「日本は破綻する」と不安を煽り、国民を恐怖と不安のどん底に突き落とすことによって消費税増税をしようという手口。

そして、その増税した消費税を法人税の減税の穴埋めに使おうという手口。

 

政・官・財の癒着構造は今にはじまったことではありませんが、ますます酷くなっています。

 

市場関係者は誰ひとりとして「国債は暴落する」なんて思っていません。

だからこんなに金利が低いのです。

 

財政破綻間際のギリシャの国債の金利は30%を超えていました。

騙されるな!と僕は言いたいです。