サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

経験者は語る! 人生がツライと感じたらぜひ試してもらいたいそこから超簡単に脱する方法

結局のところ、人生がうまくいってないという人はその人が悪いというよりはむしろ、その人の『考え方がちょっとだけズレてるだけ』なんだと僕は思っています。 

だから「何かうまくいかない」「何かがおかしい」と感じている人は自分の中のどこの部分がズレているのかをチェックしてみるといいと思います。

 

そうすると、必ずズレてる個所が見つかるはずです。 

家電製品の修理と一緒ですね。

どこかに故障してる個所があるから、正常に作動しないんです。

 

心理的用語を使うと、こういうのを『認知の歪み』というらしいです。

人生がうまくいってない人というのはどこかにこの「認知の歪み」があるんです。

 

 

f:id:orange345:20190831113643j:plain

 

出典:メンタル研修で注目される「ストレスコーピング」理論とは – 株式会社らしさラボ公式|営業力向上、ソーシャルスタイル研修、コーピング研修

 

 

なぜ僕にそんなことがわかるのか?

それは僕自身が散々この認知の歪みってやつに苦しめられた経験があるからです。笑

 

そのせいで僕はこじらせるだけこじらせてしまった。

そのせいで僕はいろいろ大変な目にも遭ってきたんです。 

だけど運良く僕はそこから生還することができました。

 

はっきり言って、危なかったと思います。

あのまま方向転換もせずに突き進んでいたら僕は本当に行き着くところまで行ってしまっていたと思うのです。

 

自分自身の心を自分で分析するのに慣れていない人は他人をよく観察してみることでも理解できるようになると思います。

他人というのはいろんなことを教えてくれる人生でもっとも貴重な教師です。

 

f:id:orange345:20190831113832j:plain

 

出典:「人の振り見て我が振り直せ」の意味や例文を紹介!類語や英語も解説

 

  

いつも悪口を言っていたり、誰かをいじめたりしている人のことを思い浮かべてみてほしい。

そういう人のところにはやはり同じようなタイプの人が集まってきます。

 

相乗効果がさらなる相乗効果を生み、手が付けられないほどのマイナスのオーラを発する集団が形成される・・・

必ずそういう負のオーラを発する集団というのは自滅してゆく運命にある。

 これはもう自明です。

 

だからよく観察してみてほしいのです。

マイナスのバイブレーションを発している人たちというのは自らが発するその毒のせいで窒息してゆくはずですから。

そういう集団というのはこちらが何もしなくても内部から崩壊してゆくもの。

遅かれ早かれロクなことにはなりません。

 

なぜそういうことが起きるのか?

マイナスの想いを抱え、マイナスをオーラを発しているからです。

そして、そういうものを身にまとった人が集団を形成しているからです。

 

歪みのない人はそういうネガティブなものは身にまとわないものです。

 

 

f:id:orange345:20190831114139g:plain

 

出典:仕事の人間関係で悩む方への的確で分かりやすいアドバイス | キャリアHUB | 世界最大級の総合人材サービス ランスタッド

 

 

人生がうまくいく人というのは自分がそういう集団の中に身を置いてることがだんだんガマンできなくなっていくもの。

そして自然とそういった集団とは距離を置くようになります。

 

だから影響を受けない

だから毒がまわっていかない

だから最小限のダメージで済む

 

そういう集団というのはありがたい存在でもあるんです。

彼らは身をもって僕らに教えてくれています。 

「マイナスのオーラを出し続けると、いったいどんな恐ろしいことになるか?」ということを教えてくれているのです。

 

人生でもっとも重要なことを自ら体現して僕らに教えてくれている。

彼らを反面教師してしまいましょう。

 ありがたくその教えを頂戴し、「自分はこのようにはならないぞ」と肝に銘じるようにしましょう。

 

もしもみなさんが今、あまり宜しくない状況に身を置いていると感じているのなら、是非とも自分自身と真正面から向き合ってみることをおススメします。

 

でもそれはすごく怖いことだと思います。

本当の自分と向き合うことほど恐ろしいことはありません。

だけど目を背けないで真正面から自分を見つめることもときには必要なのです。

 

そうすることによって故障している箇所も早く見つかるもの。

そして早くそこを修理すれば、早く症状は改善されるもの。

 

僕も危なかったです。

もうちょっとで底なし沼に落ちてゆくところでしたからね、、、、

 

 

f:id:orange345:20191001081617p:plain

ちょっと違う話になりますけど、僕はずっと自分が「人とちょっと違う」「変わり者だ」ということをずっと悩んできました。

 

どうしても大多数の中に入れない。

無理してみんなに合わせようとするとどうしても浮いてしまう。

そんな自分にコンプレックスを感じてずっと生きてきました。

 

多くの人がいいと思っていることをやった方がいいんではないか・・・

ずっとみんなに合わせよう合わせようとして生きてきたのです。

学生からサラリーマンになって、リーマンとしての生活を長く続けていくなかにおいて僕はずっとそのような悶々とした思いを抱えて生きてきました。

 

でも今にして思えばそれは全部間違いだったのです。

僕は世間の人がいいと思うことをただやろうとしていただけなのです。

それは本当の自分が求めていたことじゃなかったのです。

 

本当の僕はやっぱり変わり者だったのです。

人とちょっと違う人間だったのです。

それなのに無理矢理まわりに合わせて、みんなと同じことを考えて、みんなと同じようにしなければいけないと自分に言い聞かせていた。

だからずっと苦しかったんです、、、、

 

自分の中でいちばん恐ろしいと感じていたことはまわりからもっともっと変わり者だと思われることでした。

そして、もっともっとみんなから嫌われることでした。

 

白い目で見られる

怒られる

ため息をつかれる

舌打ちをされる

etc・・・

 

でも、そういったことのなかに『本当の自分』ってやつがいたのです。

そこに僕のアイデンティティがあったのです。

 

僕はずっとそのことを知らずに生きてきた。

そのことをずっとコンプレックスに感じてきた。

だからそれを打ち消そう、打ち消そうとばかりしていた。

 

それが僕の最大の『強み』だったのに、、、

 

f:id:orange345:20191109062753p:plain


 

 

僕はなぜ今、こんなことをやって生きているのか。

銀行から多額の借金をして不動産投資なんてものをやっているのか。

やっぱりそこにも僕の個性(あるいは特性)といったようなものが関係しているのです。

 

そして、そのおかげで僕は現在、家族とともに自由で幸せな毎日を送れている。

 

僕はどこかの時点で開き直ったのです。

世間の人がいいと思うことに背を向けて、自分らしく生きる道を選んだのです。

アウトサイダーとして生きることを決断したのです。

 

その結果、僕はなんとかブレイク・スルーすることができたと思っています。

 

もしもあのとき、大多数の意見に従って自分を押し殺す道を選んでいたら現在の僕はありませんでした。

不動産投資なんてやっていなかったかもしれない。

銀行から何億円なんてお金を借金するなんて、そんな恐ろしいこととてもできませんでした。

 

だけど僕は自分のなかの本当の声に耳を澄ませてみたのです。

そして、その声が「あっちに行け!」と指差す方へ歩いていったのです。

死ぬほど怖かったけど、、、、

 

 

f:id:orange345:20191004085112p:plain

 

今、多くの人がしんどい想いをしていると思います。

だけどその苦悩はもしかしたら世間一般の声に合わせよう合わせようとして苦労を背負い込んでいるのかもしれません。

 

そんなことをしなければ悩む必要なんてないのかもしれない。

「大多数の意見に従わなければならない」という強迫観念が苦しみを生み出しているのかもしれない。

 

苦しみを生み出す輪の中に飛び込んでいったら、そりゃ苦しくなるに決まってますよ。

 

普通はこういう風にすべきでしょう

こういう風にするのが当たり前でしょ

これが世間一般で言われていることでしょう

etc・・・

 

実はそういったことの中には答えはないのです。

答えは自分の心の中にあるんです。

自分の心の中のずっとずっと奥の方にあるのです。

その本当の声を無視して「世間一般」とか「大多数」とかに合わせると、必ずうまくいかなくなる。

 

変わり者と思われたっていいじゃないですか、自分がハッピーならば。

みんなから白い目で見られたっていいじゃないですか、自分がハッピーならば。

 

どうしてわざわざ苦しみを味わうことをしようとするのでしょうか。

そのままそこに居続ければいいじゃないですか。

何も変える必要はないではないですか。

 

みんなから白い目で見られて、変わり者だと思われて、笑われる場所にずっと入ればいいじゃないですか。

もしもそっちの方が自分にとって居心地が良かったのならば。

そっちの方がハッピーならば。

 

世の中的には「ラクな方を選んではいけない!」と言われています。

でも本当にそうなのでしょうか。

ラクというのは自分にとって居心地が良くて、ハッピーな気分でいることができるという意味でもあります。

なぜそれが悪いことなのでしょうか。

 

たとえば、僕は今、不動産投資をやって不労所得を得て暮らしています。

毎日、満員電車に揺られて朝から晩まで働いてる僕の友人なんかに比べたら、それはラクでしょう。

でもそういう生き方を選ぶことは世間では「ダメなことだ」と言われちゃうのです。

そして、満員電車に揺られて朝から晩まで働くことが「いいことだ」と思われています。

 

僕は自分が選んだ生き方に対して罪悪感を抱いていた時期もありました。

 

世間一般の人は汗水垂らして働いているのに自分だけは楽をしている。

何か自分は悪いことをやっているのではないだろうか。

そんなふうに考えて自分を責めていた時期もありました。

 

でも、そこが落とし穴だと僕は思っています。

みんなその落とし穴にハマってにっちもさっちもいかなくなってしまうのだと思っています。

 

 

f:id:orange345:20191005180418p:plain


 

自分が居心地がいい、ラクだと感じる場所にいればいいんです。

世間の人にどう思われたとしても。

自分の心に正直であるべきです。

どんなにまわりから浮いていたとしても。

 

そこに『答え』があります。

 

僕は自由に自由になりたい、ストレス・フリーに暮らしたいと思って不動産投資をやりはじめました。

そのために何億円という借金を銀行からしました。

その結果、望んだとおりの生活を手に入れました。

 

ところが僕みたいに自由気ままに暮らすことを日本社会では良しとしないのです。

僕はその「風当たり」みたいなものと日々闘っています。

もうかれこれ10年になります。笑

 

日本は勤勉であることが最も尊いことだとされるお国柄です。

僕みたいに働かないで暮らしている人間は許されない風潮があるのです。

それは「あってはならない」ことであり、「許してはおけない」ことなのです。

 

なぜなら、それは自分たちの価値観に真っ向から相反するものだから。

それを許してしまったら自分たちのアイデンティティーが崩壊してしまうのです。

 

でも、その同調圧力に負けてはいけないと僕は思っています。

そこに負けて、罪悪感を抱き、「やっぱりちょっと働かなきゃいけないのではないだろうか、、、」と思って再就職してサラリーマンに戻ったとしましょう。

(再雇用してもらえるかどうかは別の話として)

 

でも、そういう道を選択したとしても、きっとまた悩みはじめると僕は思っています。

だってそれは僕の本意じゃないのだから。

 

f:id:orange345:20191109062519p:plain

・・・というか、僕がもしも「そっちの方」を優先するタイプの人間だったら、そもそも不動産投資なんてやってなかったでしょう。

そういう道を選択しなかった。

法人なんて作らなかったかもしれません。

 

ずっとサラリーマンのまま、「勤勉であること」を金科玉条のごとく掲げて、それを誇りに65歳になるまで働き続けていたことでしょう。

ため息をつきながら、、、、

 

そういう生き方が悪いわけではありません。

でも、もしそっちの方を選んだとしたら、こっちの選択肢は捨てなければなりません。

 

真面目であったがゆえに自由を失った

不真面目であったがゆえに自由を得た

世間から尊敬される人物であったがゆえに何かを失った

世間から白い目でみられる人物であったが故に何かを得た

 

人生とは本当に面白いものですね。

僕たちはもっとラクに生きてもいいんです。

もっとわがままに生きましょう。

 

ちなみに「我儘(わがまま)」という言葉は仏教用語で『自然体』という意味になるそうですよ!

 

 

 

 

他人を意識し過ぎるとオンリーワンにはなれず。あの人に数字で負けてるとかあの人はこれを持ってるとか。そこは重要ではなく意識しないといけないのはあくまで自分の人生を緩やかに確実に向上させていく事かと思う。他人は無関係だから人生において成すべきは自分の中での納得のいく絶対的不動の成功だ

— 与沢 翼 (@tsubasa_yozawa) September 2, 2019