サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

外資系IT企業大手の社員たちが「日本支社に勤めたい」と切望している驚きの理由

安倍内閣支持率、58%に上昇 という記事を読んだよ。

 

www.yomiuri.co.jp

 

www.nikkei.com 

 

うん、これがまったく理解できないんですよね。

なんで??

 

これは嘘でも捏造でもないと思う。

みんな本気で真剣にアベ政権を支持しているんだと思う。

 

消費税が増税されても、年金が減額されても、国民の豊かさよりもアメリカを優先させても、「長い物には巻かれろ」の精神。

『欲しがりません勝つまでは』の頃から何も変わってないんですよね。

 

 

 

f:id:orange345:20190901104214p:plain

 

出典:日本の「国民負担率」は右肩上がり、2015年は過去最高の44.4% - シニアガイド

 

 

多くの人が誤解してることなんだけど、税金というのはインフレを抑制するツールなんですよね。

増税をすると、購買意欲が落ちるからインフレ抑制になる(つまり、デフレになる)んです。

 

そういった意味でいうと、こういうデフレ下の状況で消費税を増税するというのは極めて奇妙なことなんですよね。

 

あれ、デフレから脱却したいんじゃなかったっけ?

インフレにしたいって言ってなかったっけ?

 

 

f:id:orange345:20190901104604j:plain

 

出典:日本を20年間もデフレにしたのは、消費税である。 | 格差の無い福祉国家を目指す。

 

 

「インフレになると物価が上昇するから困る」と言うけれど、それに伴って賃金も上昇していけば何も問題ない。

年収が増えるということだから。

手取りが増えるということだから。

 

モノの値段も上がるけど、それに伴って給料もボーナスも増えたらOKじゃね?

健全なインフレは喜ぶべきことなんですよ。

 

 

f:id:orange345:20190901104755p:plain

 

出典:https://incomlab.jp/%EF%BD%97ith-the-inflation-4811

 

 

インフレの心配をするよりも、デフレの心配をした方がいいですよね。

デフレというのは国民が貧しくなって経済が衰退すること。

インフレは経済が成長して国民が豊かになるってこと。

 

インフレ率が基準を超過してヤバイってことになってきたら、その段階になってようやく『増税』という話になってくるんです。

 

結局、MMTを批判する人たちっていうのは『グローバリスト』なんですよね。

政府とか国境とかを飛び越えて、規制も全部取っ払って全世界規模で大儲けをしたいと考えてる勢力、、、

GAFAがいい例だけど。

 

一部の特権階級や超大企業がすべてを独占し、世界を席巻し、支配しても構わないと考える人たち。

 

 

f:id:orange345:20190901105155j:plain

 

出典:GAFAをじわりと覆う世界の"徴税包囲網” 「タックスヘイブン潰し」が始まる | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

 

 

支配者層にとっていちばん困るのは労働者が潤うこと。

貧しいままにしておいた方が何かと都合がいい。

力で押さえ込み、自分たちが君臨することができる。

 

今、世界で起こっているのはこの『グローバリズム VS 反グローバリズム』の闘いなんですよね。 

左とか右とかの時代はもう終わったんですよ。

 

いちばんわからないのが今、労働者たちの多くが、支配者層でないのに消費税増税やグローバリズムに賛成してること。

むしろ、グローバル資本主義の中で傷つき、弱り果てた人たちのことを「自己責任だからな!」と言って切り捨てている。

 

「いや、あなた、逆でしょ!」と僕は言いたい。

「あなた、どっちの味方してるの?」という話。

 

 

f:id:orange345:20191107082438p:plain

 

Google の社員などは日本で働きたいと思っている人が多いそうです。

その理由は日本がどんどん物価が安くなって入ってるからです。

完全にデフレの影響ですね。

 

グローバル企業というのは結局、どこで働くとしても給料というのはあまり変わらないそうなのです。

それだったら物価の安い国で働いた方がたくさん手残りがありますよね。

 

さらに日本の場合は物価の安さだけでなく、めちゃくちゃ治安もいいですよね。

サービスもいいし、インフラも整備されている。

グローバル企業に勤める人にとっては最高の環境だと思います。

 

今、サンフランシスコ周辺では家賃が高騰して社会問題化しているそうです。

シリコンバレーにIT関連企業がどんどん進出してきて、そこに勤める社員が増えて、そのせいで周辺の不動産価格が高騰しているからだそうなのです。

 

Google や Apple 、Amazon の社員はものすごく年収が高いことで有名です。

そういう企業に勤めている人は日本で働きたいと考えるみたいです。

だけど日本人はどうでしょうか。

 

日本人として日本に生まれて日本企業に勤める。

果たしてそういう人にとって今の日本は住みやすい国でしょうか。

生きやすい国でしょうか。

ハッピーに過ごせる国でしょうか。

 

もしそうなのだとしたらどうしてこんなにうつ病に苦しむ人が多いのでしょうか。

一頃より少なくなったとはいえ、どうしてこんなに自殺する人の数が多いのでしょうか。

 

 

f:id:orange345:20191107082553p:plain

 

出典:https://www.mhlw.go.jp/kokoro/nation/4_06_01dyp.html

 

 

日本人として日本に生まれた人が生きづらさを感じる一方で世界のエリート達は日本で暮らしたいと切願している。

日本人が生活が苦しいと嘆いているのに世界の大企業に勤めているグローバル企業に勤めている人達は日本は物価が安いと考えている。

 

このことを僕らはどのように捉えたら良いのでしょうか。

 

日本は北欧諸国に比べて消費税もまだまだ低いという人もいますが、日本には社会保険料というものもありますし、大学の学費も相当かかります。

また、いい大学に入るためには子供の頃から塾通いをしなければならないんで、その教育費もバカになりません。

 

ご存知の通り、北欧諸国は教育費がほとんどかかりません。

大学の授業料もタダのところが多いです。

そういったことを考えていくと、日本はとても国民負担が重い国なのです。

 

それに加えて2019年10月ら消費税が8%から10%に引き上げられました。

ただでさえも負担率が重いのにさらに負担を重くしようというのです。

 

さて、果たして日本は生きやすい国でしょうか。

税金という名目でなくても、年金や健康保険といったものもたくさん取られてるのが日本の現状です。

 

サラリーマンは給料天引きなので普段はその痛みがよくわからないかもしれません。

だけど確実に給料からそれらの費用は引かれているのです。

源泉徴収という形で。

 

そしてそれらを引かれた後に受け取っている手取りで世の中の人は生活しているわけです。

日本はとてもコストがかかる国なんです。

 

 

f:id:orange345:20191107082741p:plain

 

北欧諸国やデンマークなどは医療費も無料だし、大学費用も無料だし、失業手当なんかも充実しています。

その代わり、税金が高いのですが、向こうは軽減税率がとても分厚くなっており、ごく普通の一般庶民は痛みを感じないようになっています。

国民負担率からいったら、日本の方が重く感じるのではないでしょうか。

 

北欧諸国は高負担高負担と言われますけれども、その代わりに見返りもたくさんあるのです。

要するに高福祉なのです。

 

それに対して日本は中負担と言われますが、実は見えない負担がいっぱいあって、なおかつ大学も無料でなかったり、医療費も高かったりして北欧諸国に比べると見返りも少ないのです。

僕は日本というのは低福祉高負担なのではないかと思っています。

 

右肩上がりの経済成長を遂げている頃は景気が良くて経済が回っていたので給料もどんどん上がっていきました。

そういう時代が長く続いたので北欧並みに高福祉ではなくても国民はハッピーに生きていくことができました。

 

だけどこの20年間のデフレ不況下においては、負担の方ばかりどんどんきつくなっています。

税金の還元率が低いんですね。

国民に優しくないんです。

 

だからそういう国でうつ病患者がどんどん激増しているのもある意味では必然ともいえるのです。

自殺者の数も相変わらず高止まりが続いています。

引きこもりやニートが社会問題化しています。

 

そのことに首をひねるおじさんもたくさんいますが、僕はとても納得できるのです。

国民に優しくない国でどうやって幸せに生きることができるでしょうか、、、

 

それなのに、どうして日本人は自分たちの生活を苦しめるような政策を打ち出している政党に選挙になったら投票するのでしょうか。

どうして消費税増税に賛成している人がこんなにもたくさんいるのでしょうか。

 

僕にはまったく理解できません、、、

 

そう言えば、外国人旅行者の数が急増していて、ネトウヨ界隈では「どうだ、日本はすごいだろ」という声が飛び交ってるらしい。

でもあれも『日本が物価が安くなってるから』という事情もあるらしいですよ。

 

この日本を襲っている深刻なデフレ不況について、日本人はもうちょっと真剣に考えた方がいいかもしれないですね。

 

 

 

 

「法人税を減税します。消費税を増税します。おまけに憲法改正して戦争のできる国にします」と言ってる政党を法人でもない、一般庶民がなぜ支持しているんだろう。。 https://t.co/e6gFsE0Y3e

— サカモトハルキ (@sakamoto1haruki) September 13, 2019

いいえ、消費税は廃止は可能です。財源は国債発行すれば良いだけです。計量シミュレーションでも確認済みで、インフレ率もそこまで高くなりません。また、私は責任取る気マンマンです。この20年間、間違った経済政策を行っても一向に責任を取らない人達と早く交代して責任を取る立場になるつもりです。 https://t.co/Onnkipqchm

— 池戸万作 (@mansaku_ikedo) October 3, 2019

保護主義って反グローバリズムだよね。
だからトランプの『労働者を守れ』っていうのは新自由主義に対するアンチで、弱者救済のリベラルな側面がある。
かえってウォール街の連中と仲良しのヒラリーの方が新自由主義的。
ややこしい…
日本も同じだよ
だって立憲民主党は消費税減税に消極的だもんね…

— サカモトハルキ (@sakamoto2haruki) October 20, 2019