サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

知らないと損する! 『資産運用の専門家』と称される人の話をアテにしない方がいい驚きの理由

 

借金から減らせとアドバイスするお金の専門家は大勢いるけど、借金を増やせと言う人はほとんどいない。
なぜなら彼らは『借金』というもの賢く使う術を知らないから。
だから専業の投資家にはなれない。
あれだけの知識を有しているのに、投資からのリターンだけで家族を養うことができてないでいる。

— サカモトハルキ (@sakamoto2haruki) September 22, 2019

 

『質のいい資産』を手に入れることさえできれば、労働時間を大幅に減らすことができます。

自分の代わりにその資産が働いてくれるから。

 

でも投資アドバイザーの多くは「30年も40年も働きつづけて、積み立てて、複利で運用しろ!」と言います。

このパラドックスをどう解釈したらいいんでしょうか。

 

その人はいったい何なの?

何をやって生計を立てている人なの?

投資からのリターンだけで生活している人なの?

それとも、どこかの会社に雇われたサラリーマンなの?

 

ものすごく単純な話です。

 

その人の生活費はいったいどこから来ているのか。

その人が家族持ちだとしたら、家族を養うためのお金をどうやって捻出しているのか。

 

それを考えると、自ずと答えは出てくるはずです。

 

 

f:id:orange345:20191023100510p:plain

 

投資から得られるリターンだけで十分に生活できていて、投資アドバイザーや投資評論家の仕事は「趣味」とか「世のため人のため」にやってるって人ならいいですよ。

 

ところが、もしもそうじゃなかったら?

その人の収入のほとんどがサラリーだとしたら?

投資からもリターンもあるかもしれないけれど、決してそれだけで家族を養ってるわけじゃないとしたら?

 

果たして、そういう人の意見を自分の投資に取り入れて本当にいいんだろうか。

果たして、その人の言ってることは本当に当たっているんだろうか。

果たして、その人がみなさんに語る投資に関するアドバイスは信用できるものなのだろうか。

その人がススメル金融商品は本当に大丈夫なんだろうか。

 

 

この『投資アドバイザーの多くは専業投資家ではない』というパラドックスにもっと注目した方がいいと思います。

そんなに投資に長けているのなら、なぜその投資からのリターンだけで生活できていないんだろう。

なぜわざわざ時間と労力をかけて人々にテレビに出たり、雑誌に出たりしているんだろう。

 

そのアドバイスに従って僕らは本当に『実利(実際の現金)』を手にできるんでしょうか。

その人の言ってることを信じて本当にいいんでしょうか。

 

その人の経歴なんかはどうだっていいんです。

その人が東大を出ていようが、ハーバードを出ていようが、MBAだろうが、NBAだろうが、そんなことはどうだっていい。

 

そんなことは僕らが『質のいい資産』を手にすることができるかどうかとは一切関係ない話なんです。

僕の知り合いの中卒のお爺ちゃん大家さんの方がよっぽどそういう投資アドバイザーの人たちより金持ちだと思いますよ!

 

f:id:orange345:20191011075249p:plain

 

 

『権威バイアス』には注意しましょう。

学歴や資格や肩書きだけで大金持ちになれるなら資本主義はイージー・ゲームです。

 

でも、話はそんなに簡単じゃないんですよ。

市場はそんなに甘くないんです。

 

実は「投資アドバイザー」とか「投資の専門家」と称される人のほとんどが「勤め人」か「個人事業主」の世界に属しています。

つまり、『勤労所得』で暮らしているんです。

 

だから、彼らは僕たちにも「働き続けろ」とアドバイスします。

死ぬまで働き続けて積立投資をしろと彼らはよく言います。

 

「引退する頃にはS&P500は今よりも10%上昇してるはずだから」と彼らは言います。

「だからドルコスト平均法で毎月、積立をしていけ」とアドバイスします。

僕らに「インデックス・ファンドやETFを買え」と言います。

 

本当にそれは正しいアドバイスなんでしょうか??

 

もしもみなさんがその選択をしたら、死ぬまで株式市場をアテにしながら生きることになります。

ずっと株式市場の崩壊にビクビクしながら、、、

 

それは幸せな選択でしょうか。

 

 

f:id:orange345:20191008102804p:plain

 

僕は不動産投資もやっています。

不動産投資の世界にも得体の知れない「アドバイザー」とか「専門家」と呼ばれる人たちがたくさんいます。

 

不動産投資で失敗した人の多くはこういった人たちのアドバイスを鵜呑みにして、よく考えないまま不動産の世界に足を突っ込んでしまっています。 

たとえ相手が宅建持ってようが東大出てようが関係ないのです。

 

ベテランのおじいちゃん大家さんから話を聞いた方がよっぽどタメになると思いますよ。

僕の知ってる成功してる高齢のおじいちゃん大家さんたちは宅建なんか持っていなかったですよ。

大学なんか出ていなかった。

地主でもありませんでした。

 

それなのに不動産投資で大成功して、毎日悠々自適の暮らしをしています。

いったい何棟のアパートを所有しているのかわからないほどたくさんのアパートを保有していますよ。

 

投資アドバイザーとか投資の専門家と言われる人たちが僕の知り合いのこの大金持ちの大家さんのように投資からのリターンだけで悠々自適に暮らしていないのだとしたら、、、

その人のアドバイスはあまり参考にならないかもしれません。

 

 

どうしてそんなに投資に精通しているのに、いまだにあなたはは投資一本で生計を立てれていないんですか?

 

という話です。

 

そのことを冷静に考えてみたら、おのずと答えは見えてきますよね。

 

経済評論家だろうが、大学教授だろうが、シンクタンクに所属してようが、みんな『給与所得者』であることには変わらないんです。

決してジム・ロジャースやウォーレン・バフェットみたい投資からのリターンだけで食べてる人じゃないんです。