サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

【緊縮財政反対】 教えます! 「このままでいったら日本は財政破綻する」という話が国家的洗脳である理由

 

 

 

なぜ国民は消費税増税に賛成するんだろう?

f:id:orange345:20191005181000p:plain

消費税増税や歳出カットをすることはいいことだ!という奇妙な空気が日本列島を覆っています。

僕は「その空気こそが危機だ!」と思っています。

 

「これ以上、国の借金を増やしたら日本は滅びる…」というイメージはほとんの国民の共通認識になってしまった感があります。

あのウエンツ君も「いますぐ消費税を20%に引き上げてほしい」とテレビ番組で発言し、物議を醸しました。

その理由は『このままでいったら日本は財政破綻してしまうから』というものでした。

 

この財政破綻の声は政府与党からも聞こえてくるし、困ったことに野党からも聞こえてきます。

だから消費税増税は正しいし、歳出カットは正しいし、財政支出をしないことは正しいという考え方。

これってすべて財務省の考え方ですよね。

 

東大法学部を卒業した秀才集団はまんまと日本人一人ひとり、ほとんどすべての政党に「このままでいったら日本は財政破綻する」というイメージを植えつけることに成功しました。

あとはやりたい放題です。

 

彼らの悲願であった消費税増税も実現しました。

そのうち10%をはるかに超えた税率になることでしょう。

そのときも国民の多くは消費税増税に賛成することでしょう。

 

ウエンツ君のように。

 

スポンサーリンク

 

 

こんなデフレの時期に消費税を増税するなんて正気の沙汰じゃない

f:id:orange345:20191003111512p:plain

人間の心に植えつけられた恐怖心というのはなかなか解消されないものなのです。

アタマのいい財務省の役人たちはそういう恐怖心を巧みに利用しました。

 

お勉強が好きな人たちですから、きっと心理学や精神分析についても勉強したんだと思います。

その甲斐もあり、見事に国民を騙すことに成功しました。

 

財務省はありとあらゆる手を使って緊縮財政に反対する人をつぶしにかかります。

スキャンダルという形で社会的に抹殺しようとします。

それは政治家だけにとどまりません。

 

積極財政をとなえ、財務省に反旗をひるがえすような経済評論家や学者なども狙い撃ちされます。

彼らは国税を持っていますので、いつでも税務調査に入れます。

また警察や検察といった国家権力とも手を握っています。

マスコミともお友達です。

 

だから彼らのもとにはありとあらゆる情報が入ってきます。

自分たちにとって都合の悪い人間を排除することなど、彼らにしてみれば朝飯前のことなのです。

僕たちはそんな恐ろしい世界に生きているのです。

 

考えてもみてください。

日本は20年以上もデフレが続いているのです。

大企業に勤める一部のエリート・サラリーマンや国家公務員などをのぞき、一般庶民の賃金は増えていません。

賃金も増えないのですから、当然消費も伸びません。

 

だから日本はいま、デフレ・スパイラルにおちいっているのです。

 

そんな時期に消費税増税をやるなんて正気の沙汰とは思えません。

さらに緊縮財政をやるなんて・・・・

いったい誰がトクをするのでしょうか?

 

省内のなかで出世したい財務省の役人とその家族はトクをするかもしれません。

しかし、ほとんどの国民は貧しくなるでしょう。

いったい財務省のお役人さんたちはこんな時期に緊縮をやったり消費税増税をやったりして、何がしたいんでしょうか。

 

何が目的なのでしょうか。

日本を潰したいんでしょうか。

国民が苦しむのを見たいんでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

「緊縮財政路線は左右両方のウケがいい」という奇妙な現象について

さらに財務省のこの緊縮路線は右派にも左派にもウケがいいという奇妙な現象も起こっています。

 

右派は構造改革をやりたい。

小さな政府にしたい。

規制を取っ払いたい。

新自由主義。

優勝劣敗。

弱肉強食。

グローバリズム賛成。

だから国民にカネを配るような政策に反対する立場をとります。

 

これは財務省と馬が合う考え方です。

ところが、話をよりややこしくしているのは緊縮路線はリベラル(左派)の連中ともウマが合う点です。

 

彼らは心のどこかで「経済成長はいけないことだ」という考えを持っています。

いわゆる『清貧の思想』ってやつです。

みんなで貧しくなればそれでいいじゃないかという考え方です。

 

東大の上野千鶴子先生も「みんなで貧しくなればいいじゃない」ということを発言して物議をかもしました。

 

blogos.com

 

この考え方に染まる人が増えれば増えるほど、税務省は喜びます。

なぜならこの考え方は財務省が押し進めようとしている『緊縮財政路線』とウマが合う考え方だからです。

 

なぜ緊縮財政がこんなにもてはやされるようになったのでしょうか。

その背景にあるのはやっぱり「日本は財政破綻する…」という恐怖心でしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

「清貧の思想」はキケン! その考え方は財務省に利用される

f:id:orange345:20190930142635p:plain

『国の借金は1,000兆円を超えている!』と言われたら、誰だってビビってしまうはず。

1,000兆円なんて数字、途方もない数字のように思えるでしょう。

「早く借金を減らさないと大変なことになる」と考える人が増えるのも納得できます。

 

ウエンツ君なんか「いますぐ消費税を20%に引き上げてほしい」と発言しています。

その理由は「いますぐ借金を減らさないと、日本は財政破綻してしまうから」というものでした。

 

この考え方は大多数のリベラル(左派)の人たちの共通認識でもあります。

それが問題をより深刻なものにしています。

 

基本的にはリベラルの人というのは「心やさしい人」が多いのです。

だから「子供たちに1,000兆円を超える借金を押しつけていいのか?」と言われたら、「それは良くない!」と瞬時に考えてしまう人が多い。

 

子供たちへの負担はなるべく少なくしてあげたい。

心やさしい人たちはそう考えます。

そのためだったら自分たちが貧しくなっても構わないという自己犠牲の精神を持っています。

 

そこで登場するのが『清貧の思想』です。

「みんなで貧しくなればいいじゃない」という上野千鶴子さん的な考え方です。

 

財務省はアタマのいい連中です。

この左派のやさしさをも彼らは巧みに利用します。

 

本当は未来の子供たちが政府の借金を返済するわけではないのに・・・

誰もそのことに気づいていません。

その真実を知っているのは緊縮財政をすすめたい財務省のお役人さんだけです。

 

この四半世紀、「日本は破綻する」「日本はギリシャやベネズエラのような国になる」とずっと言われてきました。

ところが、そんな財政破綻寸前の国の国債の金利が1%を下回っている・・・

このパラドックスをどう解釈したらいいのでしょうか。

 

今にして思えば、「日本は破綻する」と言い続け、国民の脳内に恐怖を植えつけることはすべて財務省の策略だったような気がします。

彼らは誰よりも日本がデフォルトすることはないことを知っています。

 

財務省のホームページでもいまだにこのような言葉を掲載しています。

 

日・米などの先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。

 

スポンサーリンク

 

 

www.mof.go.jp

 

 

財務省はなぜここまでして緊縮財政をやりたがるのだろう?

f:id:orange345:20191021085917p:plain

つまり、財務省はわかっているんです。

自国通貨建ての日本は財政破綻などしないということを。

 

わかったうえで国民に恐怖心を植えつけようとしているのです。

わかっていないのはアベ政権を盲目的に応援している人や上野千鶴子さんに代表されるような心やさしい左翼の方、そしてウエンツ君に代表されるような無知な国民たち、etc…

 

全部、アタマのいい財務官僚たちにいいように利用されているのです。

僕たちはそんな国に生きているのです。

 

なぜ財務省はこんなに緊縮財政をやりたいのでしょうか。

インフレ率さえ極端に上昇しなければ財政赤字をどんなに出しても大丈夫だということを知っていながら。。。

僕にはそのはっきりとした理由はわかりません。

 

エリートとしてのプライドでしょうか。

達成欲でしょうか。

彼らはなんといってもエリートです。

むずかしいテストをパスしてきた連中です。

自分たちが掲げたお題目をクリアすることに心血を注ぐようなことがあります。

 

そんなことのために国民にとたんの苦しみを味合わせていいのでしょうか。

ゲーム感覚やテスト感覚で国の舵取りをされたんじゃ、たまったものじゃありません。。。

 

スポンサーリンク