サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

悪いことは環境や状況が生み出すのではなく、自分の中の〇〇が生み出すという話

本当の知恵とは学歴や資格のことではなく、『人生は自分の心が創っている』という法則に気づくことだと僕は思ってるよ。

現在の自分はこれまで何を考えてきたかの結果。

 

だから未来の自分はこれから何を考えるかによって変わってゆくってカンジかな。

 

 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』という映画はこの法則のことを描いている映画だと僕は思ってるんだ。

非常に深いテーマ性を持った映画!

 

嫌なことが起きたり、嫌な人に会ったりしたとき、僕たちはついつい環境や状況の方にばかり目を向けてしまうよね。

僕も以前はそうだったからわかるんだ。

 

でもある時それは間違いだということに気づいた。

悪いこととは自分の心が引き寄せているんだ。

 

物事というのは自分のその時の精神状態に呼応して起こっているんだよね。

 

以前の僕は『人生は自分ではなく、まわりの環境や状況が創っている』と勘違いしていた。

でも僕たちは人生を自分の好きなようにデザインすることができるんだ。

 

それを知らなかったがために僕は随分、遠回りをしてきてしまったよ、、、、

環境や状況に問題があるんじゃないんだ。

 

自分自身のあり方が問題なんだ。

 

f:id:orange345:20191005180538p:plain

 

もしもみなさんが今、何か良くない状況にあるのなら、外にその問題を解決する答えを探すのではなく、自分の中を探ってみよう。

「何か間違ってるところはないか?」って。

きっと何かがあるはずだよ。

 

どんな生い立ちに生まれ、どんな境遇の元に育ったとしても、それは単なる客観的な事実に過ぎないんだ。

「だからどうしたの?」といった感じ。

 

不幸な事実が積み重なったからといって、その人が不幸にならなきゃいけないわけじゃない。

人生は数学じゃないんだ。

「こうしたら、こうなる」ということはないんだよ。

 

目の前の状況というのは自分自身の心の投影でしかないんだから。

 

フロイトは『夢』について熱心に研究したことで知られているよね。

夢は僕らの精神状態を映し出すスクリーンだと僕は思ってる。

 

だからしょっちゅう悪夢を見る人は何らかの不安や悩みを抱えていることが多いんだ。

 

ちなみにストレスと無縁で、自由に好き勝手に生きてる子供たちは楽しい夢を見やすいと言われているよ。

だから物事というのはすべて自分の心の投影に過ぎないとも言える。

 

何か良くないことが起こったら、自分の中におかしいところがないか分析してみよう。

そこを改善してあげれば、きっと物事も自然といい方向へ流れてゆくよ。

 

 

我が身から出ずるもの いずれ我が身に戻りくる。

 

 

何かの本に出てきたこの言葉。

これ、マジで真理だとぼくは思ってるよ。

 

 

その状況や環境が問題なのではない。自分のあり方が問題なのだ。

 

 

これ、すごくいい言葉だよね。

本当にそうだと思う。

 

f:id:orange345:20191005180623p:plain

 

人間関係で悩みを抱えたり、目の前に「嫌だな」「苦手だな」と思うような人があらわれたとき、人はついつい『自分には何の非も落ち度もなく、その人が問題なのだ』と考えがち。

でも、それは違うということに最近気づいたよ。

 

これは対人間関係の話だけじゃない。

仕事においても、恋愛においても、投資やビジネスにおいても、etc・・・

 

「何か状況があまり芳しくない、、、」と思ったとき、『自分のあり方にどこかおかしなところはないだろうか?』と分析してみることってすごく大事なことだと思うよ。

 

過去をふりかえってみても、自分のレベルが低い頃の人間関係はかなり問題があった。

それは僕のまわりにいる人たちが問題なのではなく、僕の中に問題があったんだ。

 

確かにあの頃の僕は人生がうまくいってなく、ネガティブだった

でも自分のレベルが上がると、自然とその悪い縁も切れていったよ!