サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

今の現状から逃げたいと思ってる人へ! ほんの少しのマインド・チェンジだけで心を軽くする方法

f:id:orange345:20200204084223j:plain

 

天国や地獄って死んでから訪れるものではありません。

生きてるうちに天国を味わう人もいれば、生きてるうちに地獄を味わう人もいます。

 

今、その人がどういう状況に置かれているかはその人の顔つきを見ればそれはすぐにわかります。

 

天国にいる人は天国にいるような顔をしています。

地獄にいる人は地獄にいるような顔をしています。

 

だからどこかで断ち切らないと、どこまでも落ちていきます。

どこかで這い上がらないと、状況はどんどん悪くなるばかりです。 

 

僕は今、天国にいます。

毎日自由で、とても幸せに暮らしています。

 

だけど、人生の途中まではそういう状態にはなかなかなれませんでした

でも地獄を体験したこともあります。

あのときは相当ヤバかったな・・・ 

 

でもそこから僕はV字回復しました。

何とか生還する事ができました。

 

そして、天国と地獄どちらも体験してわかることは、「やっぱり天国の方がずっといい!」ということです。 

 

当たり前ですよね。 

「地獄と天国、どっちを選びますか?」って言われたら誰だって「天国」と答えるはずです。

 

だったらみなさんも素直に天国を選べばいいじゃないですか。

意地を張ってないで。

自分のまわりを天国にするような選択をすればいいじゃないですか。

 

それはみなさんが思ってるよりもずっとずっとカンタンなことなんです。 

 

腰痛という病気が治らなくても腰痛持ちの人は腰の痛みが消えてくれれば嬉しいものです。

それと同じで悩みや苦しみを『解決しなきゃいけない』って思うから余計に苦しくなる・・・・

 

解決しなくてもいいんです。

ただ症状が出なければいいんです。

痛みが消えてくれればそれでいい。

 

そうすれば問題は問題じゃなくなります。 

 

幸せは何でもない日常の中にある

お金は失ってもまた増やすことができるけど時間はそういうわけにはいきません。

失った時間はもう二度と手に入らないのです。

 

子供はあっという間に大きくなっちゃいますよ。 

カネ、出世、成功、贅沢、etc・・・あんまりそういったものに人生を支配されない方がいい。 

幸せって案外、何の変哲もない日常のなかにあったりするものです。

 

 

物質的な豊かさは大事なものです。

清貧の思想が正しいわけではありません。

でも幸福はお金を出せば手に入るものじゃない。

 

グッチやプラダの服を買ってカードの請求に悩むくらいなら、GAPでカッコいいデニムのシャツを買った方がいいと僕は思います。 

意外とトミー・フィルフィガーのシャツよりGAPのデニム・シャツの方が「カッコいい!」って言われたりするものですよ!←実体験。笑

 

U2のボノがこんなことを言ってました。

 

こないだ、こんな夢を見た。

目を覚ますと、家族にも見捨てられ、この世の中でひとりぼっちだった。

 

それで暗い気持ちのままキッチンに降りていくと、そこに妻のアリがいた。

それで、「コーンフレークに何をかける?」って僕に聞いた。

 

僕は泣きそうになってしまった。

"そうか、この何気ない日常こそが幸せなんだ!”とそのとき悟ったよ。

 

 

U2の名曲『You’re The Best Thing About Me』はこのボノの経験から誕生しました。 

とてもロマンティックで素敵な話だなぁと僕は思った。

こんな歌詞です。

 

 

君こそが僕の最高の存在

僕の人生の中で起こった最高の出来事 

 

 

幸いなことに僕にも家族がいる。

奥さんがいて、子どもがいる。

もう結婚して何年にもなる。

ときどき喧嘩するけど、「コーンフレークに何をかけるか?」と聞いてくれる存在が僕にもいるのです。

 

それってとても幸せなことだと思います。

僕にとってみれば奇跡のような出来事です。

そういう存在が僕を支えてくれています。

 

何か特別なことをする必要はないんです。

ただそばにいてくれさえすればそれでいい。

それだけで十分、僕はハッピーです。

 

この感覚、わかるでしょうか?

何でもない日常のなかにこそ本当の幸せがあるってことです。

 

 

良質な時間を過ごすことの大切さ 

映画とか音楽とか文学とかが好きな人ってすごく豊かな人だと僕は思っています。

そういうものに一切興味がない人よりも日常が豊かで鮮やかに彩られています。

 

ときどき 「映画なんか観たって何の役にもたたない」と言う人がいます。

でも僕は違うと思ってます。

「芸術に親しみ、感動できる感受性」ってお金には代え難い財産だと思うのです。 

 

IT技術の発展によって世の中はすごく便利になりました。

でもそのせいで失ってしまったものもたくさんあるような気がします。

 

ジム・ジャームッシュや是枝裕和の映画を全部観たからって別に老後の資金2,000万円が貯まるわけではありません。

だけど豊かさって『カネ』だけじゃない。 

確かにおカネも大事だけど、人生はカネだけがすべてじゃない。 

 

凄まじく速いテンポで過ぎ去ってゆく毎日の中で芸術に戯れる趣味を持ってる人ってすごく幸せだと思います。 

仕事、出世、競争、ノルマ、過密スケジュール、資産運用による金儲け・・・・人生すべてがそういったものに追い立てられるだけの慌ただしいものだったら精神を健やかに保てません。

 

うつ病患者がこんなに激増するのもわかるような気がします。

人生を「収入」と「支出」だけで埋め尽くしてしまうと、人間は行き詰まってしまうんです。

なぜなら人生って『数字』に置き換えられないものだから。

 

僕たちは統計データじゃない。

僕たちは「ひとりの人間」なんです。

それなのに多くの人が気にすることといえば『コスパ』のことばかり。

 

そうやって効率性の名の下に非人間的な生き方をしているのが現代人なのです。

そりゃ、心が傷つくのも無理ありません。

『心が叫びたがっているんだ』というアニメがありましたが、まさにそれです!

 

時間の過ごし方ってすごく大事です。

老後の2,000万円も大事かもしれないけど、「良質な時間をいかに過ごすか?」ってことをもっと考えましょう。

 

落ち込んでも何も解決しない  

『金持ち喧嘩せず』とはよく言ったものです。

それは真実だと思います。

僕が出会ってきた大金持ち大家さんもみんな明るくて、気さくで、おだやかな人ばかりでした。



逆にうまくいってない人はいつもイライラしていました。

愚痴っぽくて、いつも人の悪口ばかり言ってました。

 

もしも本気で幸せになりたかったら心を穏やかに暮らすように努めたほうがいいと思います。

どんなことが起こっても、だれから何を言われても、いちいち動揺しない。

誰かの悪口を言って盛り上がるような集団には近づかない。

それをやるだけで人生はうまくいきます!

 

おだやかな心を維持できる人って「自己コントロール」ができる人。

常に冷静だから、いざ何かを判断するときにも選択を誤らない。

その能力はとても重要です。

投資やビジネスだけじゃなく、恋愛においても、人間関係においても・・・・

 

長谷部じゃないけど、心が整ってるんだよ。

そう言えば長谷部、今年もフランクフルトで契約更新しました。

あれだけ入れ替わりが激しいサッカーの世界でそれはとんでもないことだと思います。

 

いま仕事で悩んでる人もそのことを額面どおり受け取って嫌々やるのではなく、「これはきっと幸せにつながってる」「きっと自分を成長させてくれる」と思ってやってみたらどうでしょうか。

 

金持ち喧嘩せずでいきましょう。

 

人間関係でも何でも、『放っておく』って結構大事なこと。

「どうにかしよう」と思って一生懸命あっちに手をつけ、こっちに手をつけをやるよりも自然の成り行きに任せた方がうまくいったりするものです。

 

必死になってあれこれやってみても功を奏さない場合はそれは『放っておきな。』というサインなんだと思うようにするといい。

 

誰かに酷いことを言われたって、それをずっと引きずる必要はないってことです。

たとえ子供の頃に親に酷いことを言われたってそんなこと気にしちゃダメ。

そんな酷いことを言うような人なんだから。

それだけ未熟な人なんだから。

そんな未熟な人に何か言われたからって傷つく必要ないんです。

 

たとえそれが自分の親だとしても・・・

 

人から何か言われたりなんかした時すぐ「落ち込む」人っています。

僕も昔そうだったけど。

でも落ち込んでも物事って解決しないんです。

 

落ち込む姿を見せられてもまわりもツライ。

大切なことは自分の悪いところを直して実際に改善してゆくってことです。