サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

きっとあなたも勘違いしている! 不動産投資が世間の人々から大きく誤解されてる3つのコト

 

 

 

不動産投資って基本的に世間からいろいろ誤解されてるよね

不動産投資は誤解されてばかり。

 

特に次の3つが・・・

 

① 不動産投資は多額の自己資金が必要だから金持ちじゃなきゃできない投資法だ 

いやいや、金持ちでなくてもできます。

銀行からは「ある程度の」自己資金は要求されるけれど、そんな多額の自己資金は必要ないです。

 

もしも自己資金だけで勝負しなきゃいけないんだったら、レバレッジを効かせることができるという不動産投資最大のメリットが霞んでしまいます。

 

 

② 借金はなるべく早く返済しなければいけない。ゆえにどんどん繰上返済すべし  

いやいや、アパート・ローンは住宅ローンじゃないから、そんなに焦って完済を目指さなくてもいいです。

それよりも重要なのは、資金繰りがショートしないこと。

 

突発的な工事やトラブルは不動産投資の場合、つきものなので、それに柔軟に対応できるようにある程度の資金を温存しておくことが重要です。

「早く返済しなきゃ!」と焦るあまり、肝心要のときの援護射撃ができないようじゃ、安定した賃貸契約はできません。

 

 

③ いい物件は不動産業者が全部、買い取ってしまうためにいい物件が市場に出てくるはずがない 

「優良物件が市場に出てくるはずがない」というのは資産運用の本にもよく出てくるよね。

だから不動産を取得したことのないヒトは「そうなんだ」と思い込む・・・

 

でも実際は売主はいろんな事情を抱えていう。

相続、資産整理、利益確定、etc・・・・売却理由も実にさまざまなんだよね。

 

必ずしもダメ物件だから売りに出されるわけじゃない。

そこには、いろんな『物語』があるんだよ。

 

売主さんはいろんな事情は背景があって、その物件を売りに出すんだよね。

相続税対策だったりとかもよくある。

 

でも本とかツイッターとかで「いい物件が世に出るわけない」って言ってる人多いですよね。

それから、一見するとボロボロの物件でも、工事したら蘇ったり、前の所有者のやり方がおかしくて空室になっていたりいろいろある。

 

不動産投資って投資というより、『商売』だからね。

商売だから「交渉」とか「工夫」とか「知恵」とかでピンチをチャンスに変えることもできる!

 

そのこちら側の工夫によって、利回りをガラッと変えることもできる。

投資結果をこちらでコントロールすることができる。

 

恐らく不動産投資をやったことがない人がイメージだけでで、「いい物件が世にでるわけがない」と言ってるんだろうな。

紙の資産と同じ感覚で捉えているんだろうな。

 

キチキチっとした『意識的な世界』じゃないんです。

不動産の世界は。

もっと人間臭い世界なんだよね、不動産の世界って。