サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

実際にセミリタイアしてみてわかった! 『自由な時間』はいちばん大切な資産である驚きの理由

 

僕たちが所有しているのは不動産とか金融資産とか車とか洋服とかだけじゃない。

『時間』も所有している。

 

でもこの時間っていうものはなぜかスルーされがち。

 

自宅マンションや仕事のことなんかについては真剣に考える人は多いけど、時間について真剣に考える人は極端に少ない

 

1日は誰にでも平等に訪れ、みんなが所有できるものだ。

そんな貴重なものなのに真剣に考えないなんて、なんだかちょっとヘンな話だ。

 

『時間』というものはいつも粗末に扱われる

でも僕は時間こそがもっとも大切な財産だと思ってる。

 

みなさんにはあと、どのくらいの時間が残されているだろう? 

その限りある時間をなるべく充実したものにし、幸せに過ごしたいものだ。

 

その大切な時間を「忙しさ」と「やらなきゃいけないタスク」に奪われてしまって本当にいいのだろうか・・・

 

そんなにカツカツ・セカセカと生きなくてもいいんじゃねーの?というのが僕の意見だ。

 

f:id:orange345:20191003123541p:plain

 

 

電車が15分遅れて会議に間に合わなかったからってそれがいったい何だっていうんだ?

もっと余裕をもって、ゆっくりのんびり生きてもいいじゃないかな。

 

子供はあっという間に大きくなってしまう。

その成長してゆく姿を落ち着いてみることもできない現代人の生活は、あまりにも不自然なことではないだろうか。

 

過ぎ去った時間はもう二度と取り戻らないのに・・・

僕は『自由な時間』という最高の贅沢を手に入れた。

僕にとって自由な時間こそが最も重要なこと。

 

それ以外の贅沢にはまったく興味がない。

 

僕は質素な暮らしを心がけている。

いろんなものが増えすぎると、それに時間を割かれてしまうから。

「もっと、もっと」とお金を求めすぎると、身の丈に合わない経営になってしまうから。

 

そうなると、いちばん大切な自由な時間が奪われてしまう。

 

広すぎる家、使わないモノ、無意味な人間関係、つきあい、しがらみ、etc・・・

僕は『自由』を阻むものをいちばん恐れているんだよね。

 

僕は自分の人生にだけ集中していたい。

だから極力、生活をシンプルにしたい。

 

自分の好きなことだけやり、それ以外のことはやらない。

それが僕にとっての最高の贅沢なんだ。

 

 

f:id:orange345:20191004085027p:plain

 

村上春樹さんも『考える人』のインタビューで語っていたけど、「あなたにとって何がいちばん大切なことですか?」という質問に対して、日本人で『自由』と答える人ってほとんどいないんだってね。

それは驚くべきことだよ!

 

この国では自由って優先順位が低いんだね。

そりゃ世界で最も起業する人の割合が低い国になるわ・・・

 

なぜストレスフリーな自由への道よりも、ストレスいっぱいの窮屈な道の方を選択するんだろう?

そこにあるのは多分『みんながそうしてるから』という感覚だと思う。

 

何と言っても、この国は『和を以て貴しとなす』の国だから。

でも、みんなと同じ行動をしていれば幸せになれた幸福な時代はもう終わってしまったよね。

 

もっと『自由』を大切にしようぜ!

 

僕は何よりも『自由であること』が大事だと思った。しかしそれはあくまでも「僕はそう思った」というだけのこと。

『自由より安定の方が大事だ』と考える人ももちろんいる。

 

でもそれは「その人はそう思った」というだけのこと。

僕とその人は別のことを考えている。

 

それでOK

わかってもらえなくてOK

 

僕は一人っ子で両親は共稼ぎで夜遅くにならないと帰ってこなかった。

子供の頃ずいぶん寂しい想いをした。

 

だから自分が親になったらたっぷり子供と一緒に過ごそうと思った。

そして「そのためには会社に縛られない自由な生き方が必要なのだ」と僕は考えた。

 

そのためには不労所得を得なければならない、ってね。

 

f:id:orange345:20191004085112p:plain

 

ビートルズのドキュメンタリーを見てたら、インタビューの最中にジョンがジョージの髪の毛を灰皿に見立てて、タバコの灰を(本当に)に落とすという「ギャグ」をやってる!笑

 

今こんなことやったら大変なことになるよね。笑

 

本当に自由!

この自由な感覚から世の中を変える芸術が生まれたんだなぁってよくわかる。

 

今はちょっと息苦しすぎるよね。シリアスすぎるというか、みんな「マジ」になり過ぎてる。

もう少し肩の力を抜いた、フランクな人が増えるといいなと常々僕は思ってるよ。

 

 

このビートルズのドキュメンタリー番組の中のウーピー・ゴールドバーグの言葉が良かった。

 

 

彼らを”白人だ”と思わなかった。

彼らはビートルズよ。

国籍や人種なんて関係ないと生まれて初めて思えた。

誰でも受け入れられるとビートルズに教わった。

私は私自身でいていいんだと。

好きな格好をして、自由に好きに生きていいんだと。

 

 

ビートルズとかジョンの何がすごいかって、あの自由さだよね!

「関係ねぇや、そんなもん!」という精神。

 

それって今、いちばん必要なことのような気がする。

 

なんか今ってさ、ヘンにシリアスというか、真面目というか、だんだんキュークツな世の中になってきてるでしょ?

「勝利・競争至上主義」というか何というか、すごく息苦しい世の中になってきた。