サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

私、バカでした! 勤め人よりも法人の方が有利であるということを知らずにいたなんて…

 

 

 

 

法人税を低く抑えるためには次の2つの方法しかないんだよね。

 

① 売上を減らす

 

② 経費を増やす

  

このうち①の方法は本末転倒だということはわかると思う。

売上は極力減らすべきじゃないよね。

 

銀行もチェックしてるからね。

右肩上がりでいくべき。

そうやって考えてゆくと、結局、法人税を下げる方法は経費を増やしていくしかないんだよね。

 

もちろん、バランスを見ながらだけどね。

あまり経費を増やし過ぎて、会社の決算書の内容が悪くなるのもダメだ。

ここも銀行はチェックしてるからね。

 

うちは昨年、法人税の節税のために急遽、『経営セーフティ共済』というものに入ったんだ。

 

www.smrj.go.jp

 

 

気をつけなきゃいけないのは次の2つ。

 

 

・個人は所得控除にならない

 

・解約金を受け取ったら、その分が所得になる

 

 

うちの会社はアパート経営をやってる会社。

だから、いつかのタイミングでどっちみち大規模修繕工事をやらなきゃいけないんだよね。

 

そのタイミングに共済の解約金をぶつければ、それでプラスとマイナスが相殺になるからOK

 

法人ってこのようにいろいろ自分で税金面で調整できちゃうからすごいよね。

個人事業主の場合、なかなかこういうことできないもんね。

 

サラリーマンや公務員といった場合だったら、なおさらできない・・・

だから僕は脱サラして、法人成りをしたんだ!

 

法人成りしてつくづく思うのは『この世は法人に有利に、個人に不利にできている』ということ。

ただ、ここで2つのパラドックスにぶち当たる。

 

 

・大人たちが子供に「事業家にはなるな。労働者でいろ」と教えるのはなぜか?

 

・法人に有利な政策ばかりを打ち出す政党に個人の多くが投票するのはなぜか?

 

 

それから、期末の緊急避難的な法人税の節税方法に、『前払い』というものがあるよ。

うちは僕個人の生命保険という形で今年はやってみたんだけど、1年分の保険料を前払いすればそれが経費として認められちゃうんだ。

 

保険だけじゃなく、家賃なんかもOKみたいだよ

期末ギリギリになって法人税を減らしたい人は有効!

 

でもこの方法は次の2つのデメリットがあるよ。

 

1年分以上の前払いは経費として認められない

 

・毎年同じ会計処理をしなくちゃならない

 

 

要注意だよ!

儲かった年だけ使って、儲からなかった年は使わないということができないみたいだよ。

 

だから、あくまでも緊急避難的な方法だね。

ギリギリになって、切羽詰まったときの緊急の節税方法ね。

 

それから、生命保険による法人税の節税方法は今後、もう使えなくなるみたいだね。

うちは「ギリギリ・セーフ」のタイミングで入ることができたから、まあ、良かったんだけどね。

 

あくまでも税理士と相談しながらやった方がいいよ!