サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

【最重要!】 『減価償却費』という魔法を利用できる不動産投資がいかに有利な投資法であるかについて

 

 

ほとんどの人は『減価償却』というものがどれほどスゴイものであるか知らないまま人生を終えると思います。

はっきり言って、これは現代の魔法です!

 

実際には一銭も払っていないのにもかかわらず、堂々と経費(損金)にできる、とんでもないものなんです。 

 

この存在を知らない人は「何をわけのわからないことを言っているんだ?」と思われるかもしれません。

でも信じてください。 

本当にそういう不思議なものがこの世には存在しているんです。笑

 

そして、それは株や投資信託という『紙の資産』では使うことができない魔法なんです。

でも、『不動産投資』には使えます。

 

どっちも投資なのに、不動産投資だけこの魔法を使うことが許されているのです。

僕が最初に株式投資ではなく、不動産投資に惹かれた理由が一つがコレです。

 

このことのスゴさに気づいてしまったのです。

よくよく計算してみるとわかると思います。

そこそこの物件の減価償却費分を株式投資からのリターンで稼ごうと思ったら、いったいどれくらいの自己資金を用意しなきゃならないか・・・

 

配当だけでは追いつかないと思います。

運よくキャピタルゲイン(売却益)が得られればいいけれど、ご存じのとおり、それが簡単じゃないからみんな苦労しています。

 

そう考えてみれば、物件を取得さえすればすぐにこの減価償却費の恩恵が受けれる不動産投資というものがいかに優れた投資法であるかがわかると思います。

 

f:id:orange345:20191119081431p:plain

 

この減価償却費という経費は銀行融資の際にも大いに役に立血ます。

銀行は『償却資産を持っているかどうか』ということをやたら気にします。

 

そして、減価償却費分はマイナスとして評価せず、プラスとして評価してくれます。

たとえば、減価償却費が年間30万円あったら、銀行は年間の家賃収入に減価償却分の30万円をONして考えてくれるのです。

 

こんな不思議なことってありますか?

減価償却費って経費ですよ。

経費なのに『収入』と同等に扱ってくれるのですよ!

 

つまり、減価償却という不思議な存在は税金面からみてもスゴイけど、銀行の融資面においても重要な役割を果たす一石二鳥の役割を果たしてくれるものなのです。 

 

銀行は減価償却というものをむちゃくちゃ高く評価します。

銀行がそれほど高い評価するということは、ほとんど「純利益」に匹敵するくらい価値があるものと捉えていいでしょう。

 

なおかつ、それがあるおかげで税金が安く済みますから、手元に実際にキャッシュも残ります。

減価償却は自分のフトコロを痛めずに経費にできるので、驚くほどの節税効果があります。

 

株式投資にはこの魔法は使えません。

でも、『建物』を扱う不動産投資には使えます。

 

 

 

f:id:orange345:20191117095019p:plain


 

 

みなさんは『減価償却』というものがいかにすごいものであるか知ってますか? 

「聞いたことはあるけど、具体的には何のことだかよくわからない」という人もけっこういるんじゃないかな。

 

もしそうだとしたら、すごくもったいないことをしているよ。はっきり言ってこの減価償却を味方につけることができるかどうかで、お金持ちになれるかなれないかが決まると言っても過言ではないよ。

 

僕も最初はよくわかっていなかったんだ。そのメリットとか、本当のスゴさというものも後から知ったんだ。物件を取得して、税理士先生とあーでもないこーでもないとやってるあいだに「こりゃ、とんでもないバケモノだ!」ということにだんだん気づいていった・・・・という経緯がある。

 

それくらいこの減価償却って普段、僕らの日常のなかでは登場しないものなんだよ。ほとんど陰に隠れてる存在なんだよ。だけど、いちばん大事なときにその威力を発揮してくれる、ありがたい存在なんだ。

 

いわば『縁の下の力持ち』的存在なんだよ。そして、この減価償却というものが持っているパワーを目一杯使うことができるのが、不動産投資・アパート経営の最大のメリットなんだ。

 

この減価償却のおかげで、僕たちアパートのオーナーはとても助かっているんだ。そして、ほかの人よりも圧倒的に有利な立場に身を置くことができているんだ。

 

残念ながらこの減価償却というものは株や投資信託といった紙の資産では使えないんだ。建物というものを扱う不動産投資にだけ使うことができる魔法なんだよ。不動産投資信託にも使えないんだ、、、

 

減価償却を使えば、フトコロを痛めることなく、毎年たくさんの経費を落とすことができるんだ。これがどれほどすごいことか! 僕はうまく説明できない。とにかく「すごいんだよ」としか言えない。笑

 

経費で落とせる額が多ければ多いほど、税金も安く済む。会社の場合は法人税が低く抑えられる。個人の場合は所得税が安くなる。しかも、経費として落とせるのに実際にはお金が出ていかないんだよ。

 

「何を言っているんだ?」と思われるかもしれないけど、本当なんだよ! お金を一銭も払っていないのに、堂々と経費で落とすことができるという世にも不思議なものなんだよ。

 

だから、この減価償却を活かせば、お金は手元に残りやすくなるってわけ。だって、お金は出ていかないのに税金は少なくなるんだよ! これを魔法と言わずして何が魔法と言えるだろう。

 

しかも銀行融資の審査の際にも重要な役割を果たす。とにかく一石二鳥どころか、一石三鳥・四鳥のサイコーにクールなものなんだよ。

 

 

f:id:orange345:20191122085800p:plain

 

 

減価償却と不動産投資は切っても切れない関係なんだよね。

なぜなら基本的に不動産投資というものは『建物』を取得するところからスタートするものだから。

 

どうしても減価償却というのは無視できない存在にならざるを得ないんだ。

 

株とか投資信託には「建物」なんてないもんね。

不動産投資信託にも仮想通貨にも「建物」というものはない。

だからこれらの紙の資産には減価償却という魔法を使うことができないんだ。

 

もちろん、減価償却というものはアパート経営をやる人だけの特権ではないよ。

ほかの業種だって、建物や機械、車やコンピューターといったものを使うだろう。

そういうものは減価償却ができる。

工事をしたりなんかしても減価償却を使うことができる。

 

それらは経費として堂々と落とすことができるんだ。

でもやっぱり経費としていちばん大きくお落とせるのは「建物」だよね。

不動産って高額だからね。建物の金額もそれ相当なものになるんだ。

 

高額なものを扱うぶん、恩恵も大きなものになるというわけなんだよね。

 

f:id:orange345:20191003164942p:plain


 減価償却費が大きければ大きいほど、節税効果が生まれます。

もしも会社が黒字だったら、減価償却費で落とせるものがあるのとないのとではおさめる法人税の金額も変わってくる。

その結果、会社の決算書の内容も変わってくるんだ。

 

みなさんは『経費』という言葉を聞いて、「人件費」だとか、「水道光熱費」だとか、「交際費」といったものをイメージすると思うけど、僕は「減価償却費」こそが最も大切な経費だと思ってるよ。

 

人件費とか、水道光熱費とか、交際費なんかも経費であることには変わりないけど、これらの経費はみんな支出にともなう経費だもんね。

実際に自分のフトコロを痛める経費だ。

 

経費として落とせるのは嬉しいけど、自分のポケットからお金が出ていってしまうものだ、、、、そう考えるとトクをしたのか損をしたのかよくわからなくなるよね。

 

でも減価償却だけは違うんだよ! 

減価償却だけは実際にはフトコロからお金が出ていかないのにもかかわらず、なぜか経費として落とすことができる不思議なものなんだよ。

 

f:id:orange345:20191003165022p:plain

 

 

だから僕はこの魔法を使える不動産投資というものをやろうと思ったんだよ。

紙の資産では減価償却という魔法が使えないからね。

 

お金持ちのほとんどはこの魔法を使うことによって、ますますお金持ちになっている。それを『ズルイ』と取るか、『賢い』と取るかはあなた次第!、、、、というわけなんだよね。

 

不動産投資をやる人は「デッドクロス」に注意しよう。

元利均等返済の場合、元金は当初は少ないがだんだん増えてゆく。

 

減価償却費が元金より多い状態の時はいいけど、逆転してしまうと下手をしたらデッドクロスを起こす。

だからこそ利回りの高い物件を取得し、自己資金の比率を高くしておく必要があるよ。