サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

意外に重要! 減価償却費という魔法の経費を利用できる不動産投資がいかに有利な投資法であるかについて

 

 

 

減価償却と不動産投資は切っても切れない関係なんだよね。

なぜなら基本的に不動産投資というものは『建物』を取得するところからスタートするものだから。

 

どうしても減価償却というのは無視できない存在にならざるを得ないんだ。

 

株とか投資信託には「建物」なんてないもんね。

不動産投資信託にも仮想通貨にも「建物」というものはない。

だからこれらの紙の資産には減価償却という魔法を使うことができないんだ。

 

もちろん、減価償却というものはアパート経営をやる人だけの特権ではないよ。

ほかの業種だって、建物や機械、車やコンピューターといったものを使うだろう。

そういうものは減価償却ができる。

工事をしたりなんかしても減価償却を使うことができる。

 

それらは経費として堂々と落とすことができるんだ。

でもやっぱり経費としていちばん大きくお落とせるのは「建物」だよね。

不動産って高額だからね。建物の金額もそれ相当なものになるんだ。

 

高額なものを扱うぶん、恩恵も大きなものになるというわけなんだよね。

 

f:id:orange345:20191003164942p:plain


 減価償却費が大きければ大きいほど、節税効果が生まれます。

もしも会社が黒字だったら、減価償却費で落とせるものがあるのとないのとではおさめる法人税の金額も変わってくる。

その結果、会社の決算書の内容も変わってくるんだ。

 

みなさんは『経費』という言葉を聞いて、「人件費」だとか、「水道光熱費」だとか、「交際費」といったものをイメージすると思うけど、僕は「減価償却費」こそが最も大切な経費だと思ってるよ。

 

人件費とか、水道光熱費とか、交際費なんかも経費であることには変わりないけど、これらの経費はみんな支出にともなう経費だもんね。

実際に自分のフトコロを痛める経費だ。

 

経費として落とせるのは嬉しいけど、自分のポケットからお金が出ていってしまうものだ、、、、そう考えるとトクをしたのか損をしたのかよくわからなくなるよね。

 

でも減価償却だけは違うんだよ! 

減価償却だけは実際にはフトコロからお金が出ていかないのにもかかわらず、なぜか経費として落とすことができる不思議なものなんだよ。

 

f:id:orange345:20191003165022p:plain

 

 

だから僕はこの魔法を使える不動産投資というものをやろうと思ったんだよ。

紙の資産では減価償却という魔法が使えないからね。

 

お金持ちのほとんどはこの魔法を使うことによって、ますますお金持ちになっている。それを『ズルイ』と取るか、『賢い』と取るかはあなた次第!、、、、というわけなんだよね。

 

不動産投資をやる人は「デッドクロス」に注意しよう。

元利均等返済の場合、元金は当初は少ないがだんだん増えてゆく。

 

減価償却費が元金より多い状態の時はいいけど、逆転してしまうと下手をしたらデッドクロスを起こす。

だからこそ利回りの高い物件を取得し、自己資金の比率を高くしておく必要があるよ。

 

 

 

www.nomu.com

 

www.renosy.com