サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

人生を良い方向へ飛躍させるためには『ガツンと痛い目に遭うこと』も必要です。その理由とは?

f:id:orange345:20200105154545j:plain

 

人間関係に悩んでる人はぜひ「緊張感や刺激があってかえってOK」と考えてみましょう。

僕はこれを燃料にして脱サラ起業することができました。

 

平穏無事に何事もなく生きてるだけじゃパワーは育たないのです。

「今に見てろよ!」という熱い気持ちも大切です。

それは燃料になります。

ものすごいエネルギーを生み出します。

 

何事もなく平穏無事に・・・・をひたすら祈って生きる人はそういうパワーを手に入れることができません。

ただビクビクオドオドして生きるだけです。

そんな人生、嫌じゃないッスか?

 

たしかに人間関係はいろいろ大変です。

ムカつくことも多いと思います。 

だけど、それをバネにするのです。

そうすることによってより大きく飛躍できます。

 

平々凡々と過ごすことが第一義の人たちよりもより高い場所へ到達できるかもしれません。 

人間関係の悩みはマイナスのことだけじゃないのです。

 

 

恋愛に『リターン(見返り)』なんて期待するな 

僕たちは自分が考えたとおりの人間になり、考えたとおりの人生を歩みます。

僕たちが本当に影響を受けるのは内側(つまり自分の心)です。

決して環境とか景気とか仕事とか人間関係といった外側ではありません。

 

邪悪な心に支配されてる時、必ず悪いことが起こる

幸福な心に支配されてる時、必ず良いことが起こる

 

ヒトは自分が望んだ通りの人間になることができます。

環境も人格も全部自分で設計しなおすことができるんです。 

僕たちの内面にはそんな特殊能力が備わっていてその気になればそれを存分に使うことができます。

 

でも、ほとんどの人は(かつての僕も)『まわりのせいでこんな風になった』と考えちゃう・・・

 

 

www.fnn.jp

 

 

これは若者のせいじゃない。

『コスパ野郎』な大人が増えたせいです。

実際、すべてを損かトクかで判断する大人ばかりが多くなってきましたもんね。

 

恋愛って損得とは本来関係のない世界のもののはず。

もともとコスパが悪いものなんです。

そこにビジネス・マインドみたいなものを持ち込んだからおかしくなってきてしまった。

 

人を好きになるって非合理的なものなのです。

 

勉強も手につかないし、仕事も集中できなくなる

メシも食えなくなるし、夜も寝れなくなる

 

でもそれでいいんです。

だからワクワクするんじゃないか! 

そこに「リターン」とかを持ち出すからストーカーみたいなヤツが出てきちゃうのです。

「オレはこんなに尽くしたのに見返りがない」とかって騒ぐ輩が出てくる。

 

自分の子供にはぜひ恋愛のできる、きちんと人とお付き合いできる男になってほしいと僕は思っています。

スマホの画面じゃなく対面でちゃんとコミュニケーションできる男に・・・

その経験って、実社会で生きてゆくうえでもの凄く大事なことだと思います。

 

早い話が、みんな恋をしようぜ!ってことです。笑

 

リア充アピールも、リア充なヤツ叩きも、どっちもむなしい。

そんなことで時間を無駄にするくらいならおもいっきり恋におぼれてみましょう。

『バカップル』って笑われるくらいラブラブで濃密な時間を誰かと過ごしてみよう。

 

恋愛は現実を忘れるからいいんです。

地に足がついてないからステキなんです。 

 

恋に没頭してる時間って本当にスペシャルな時間。 

それに比べて、リア充アピールしてるヤツやリア充叩きしてるヤツのむなしさといったら・・・

 

 

『現状維持バイアス』には注意しよう!

 

gendai.ismedia.jp

 

 

ケチケチするとかえってリターンが少なって損をする法則があります。

投資でも人間関係でも仕事でも恋愛でも、「損したくない」「失敗したくない」って考えてる人ほどうまくいかないもの。

 

チョコチョコやらないで100%のパワーで「えいや!」ってやった方がなぜかうまくいくのです。

要するに『おい、小さくまとまるなよ!』ってことですね。

 

やりたくないことはやらない

行きたくないところには行かない

会いたくない人には会わない

 

そうやってわがままに自分勝手に生きてると反発を食らいます。

妬まれます。

恨まれます。

攻撃されます。

 

でもその苦しみと我慢して無理をして本当の気持ちを誤魔化して生きる苦しみ、さて、どっちがいいですか?

 

『現状維持バイアス』には注意しよう!

人間はそもそも現実を変えることを嫌がる傾向があります。

 

変えるのは面倒くさいし、労力もかかる

今までやってきたやモノへの愛着もある

 

だからどうしても今までやってきたことの方を優先してしまうのです。

これ、投資でも仕事でも人間関係でも当てはまります。

 

でも、失敗するのが嫌だからといってやりたかったことを我慢していいのか?

損をするのが怖いからといって夢を諦めてしまっていいのか?

 

 

安定よりも、飛躍を!

 

 

人生の残された時間を『失敗しないこと』だけを考えて過ごして本当にいいのか?

せっかくこの世に生まれてきたっていうのに・・・

 

身銭を切るとは要するに失敗をして痛い目に遭うということです。

損をしたり傷ついたりすることは確かにツライことではあるけれど、本当に大事なことは身銭を切ることでしか学べません。

 

身銭を切ってはじめて学べるものってあるのです。

 

僕が最近気がかりなのは何かに挑戦しようとする人が極端に減ってること。

痛い想いをしたくないという気持ちはわかるけど、失敗を恐れてばかりいたら「何も学べず、何も得られず」です。
 

僕はそっちの方がよっぽど怖いな。笑

 

 

小さくまとまるなよ!

 

www.excite.co.jp

 

 

よく夢を追いかけて失敗した人のことを『人生の敗北者だ』とかって言うけど、僕は全然そんなふうには思いません。

いちばんヤバいのは自分では何ひとつやろうとしないで観客席でほかの観客といっしょになってワーワー言ってるだけのヤツです。

 

「あなたもフィールドに降りてきてプレーすれば?」って言いたくなります。

 

失敗したら下手したら自己破産だよ。

でも破産したから何だっていうの?

その経験はものすごいメリットになると思います。

その人はきっと「何をどうすれば失敗するのか」ということを誰よりも学ぶと思います。

 

失敗の経験は喜ばしきことなんです。

 

いちばんヤバイのは自己破産すらできない人

失敗することができない人

せっかくの学びの機会を逃してしまう人

自分は安全地帯にいて自分は何もやらないで実際にやってるヤツのことをあーだこーだ批評して高みの見物だけしてる人

etc・・・

 

みなさんのまわりにもいるでしょ?

 

どうかみなさんにはそういう人間にだけはなってほしくありません。

そんな人生なんてちっともエキサイティングじゃないですよ。

 

よく夢への挑戦のために会社を辞めた人のことを「あいつは逃げた」とか言ってみんなして寄ってたかって悪口を言ったりしますよね。

This is 日本です!

 

『会社教』と呼ばれる、「サラリーマン絶対主義」の悪しき名残がまだ残っているんですね。

僕はそれはまったく逆だと思います。 

「逃げ」という意味で言えば何かにチャレンジすることもなく、やりたくもない仕事を延々と続けているほうがよっぽど逃げだと思います。

 

そっちの方がラクだもんね

傷つかなくても済むもんね

失敗しなくても済むもんね

 

だけど、そういう人は死ぬまでそこから抜け出せないのです。

昨日と今日と明日はずっと一緒ですからね。 

満員電車からも、サービス残業からも、社内の人間関係からも、抜け出せない・・・

 

多少は出世するかもしれませんが、どんなに出世したとしても根本的なお金の問題からは解放されない。

 

いっぽうにおいて、夢に向かって挑戦した人は失敗するかもしれないけれど、うまくいくかもしれません。

どっちに転がるかわからないけど、少なくともエキサイティングな人生であることは確かです。 

何もしないよりはマシだと僕は考えます。

 

 

特に若いうちはイヤっていうくらい転んだほうがいい。 

無謀なことする若いヤツがもっといっぱい増えればいいと僕は思っています。

 

小さくまとまったヤツばっかが増えてきて、ときどきイヤになります。笑