サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

良さげに見えるから余計に厄介! いま人気の投資信託というものの危険性について考えてみた。

 

 

 

不動産でも、個別株の銘柄でも、特定の投資信託やETFでも何でもいいんだけどさ、『流行ってるもの』『ブームになってるもの』『みんなが殺到してるもの』には十分注意したほうがいいよ!

 

ブームになってるってことは、それは「プレミア価格になってる」ってことだからね。

プレミア価格になってるってことは、通常の値段よりも高くなってるってことだからね。

 

そこを見抜かないといけないよ!

 

そういうものってものすごく魅力的に見えるんだ。

「バスに乗り遅れるな!」という言葉があるくらい、それに今すぐ飛びつかないと自分だけを損をしてしまうような気になってくる・・・・

 

だけどそれこそが『罠』だから十分気をつけて!!

 

焦って飛びついて高値づかみをしてしまったら大変なことになるよ。

下手したらそれがきっかけで転落人生をおくることになるかもしれないよ。

 

ドットコム・バブルが加熱してた頃のことを思い出してほしい。

あのとき、あれに飛びついた人たちがその後どうなったのかを思い出してほしい。

 

とにかく、流行ってる投資法だとか、ブームになってる資産運用法なんてものには飛び付かないに限るよ!

 

そういったものに飛びつきそうになったら、ウォーレン・バフェットの言葉を思い出すんだ。

 

 

 流行っているものを買って成功することはない。

 

 

 

インターネットが発達したとしても、チューインガムを噛む人がいなくなるわけではない。

 

 

 

オレオのクッキーは50年後のアメリカの子供たちも食べている。

 

 

 

なるほどなー。

 

流行ってるとか、ベストセラーになってる本とかで紹介してるもの、マネー雑誌でしょっちゅう特集されてるものに惑わされないようにね!

 

バフェットは人々の生活に浸透しているもの・日常に中に自然に溶け込んでいるものが好きなんだよね。

つまり生活必需品だね。

 

そうやって世界一の投資家になったんだ。

別に流行ってるものやブームになってるものに飛び乗って成功したわけじゃないんだよ。

 

もちろん今、流行ってる分散されたインデックス・ファンドやETFをドルコスト平均法で積み立て方式で買いましていって30年後40年後に億万長者になったわけでもない。

よく考えたほうがいいよ、マジで・・・・

 

僕はアパート経営で黒字を出してるから、ついつい不動産投資の良さについて熱く語ってしまう。

 

僕は区分所有物件よりも、一棟物件の方を好む。

その理由は簡単明瞭。

区分所有物件というのは、一つしかないから。

 

一つしかないということは、そこに空室が発生したら家賃はゼロになるということだ。

 

僕はコンビニ一棟もののオーナーになるより、商店街丸々のオーナーになった方がいいと考える。

でも間違いなく言えることは不動産投資には大きなリスクがあるということ。

 

何の投資でもバラ色のものはない。

僕は行き詰まった大家さんを何人も見てきた。

 

常に「一歩引いた目で見る」ってすごく大事だよ。

 

同じことは不動産投資以外の投資についても言える。

ベストセラーになってる本や雑誌、ネットでも話題の投資法。

やはり「一歩引いた目」が必要だ。

 

『バスに乗り遅れるな!』という言葉はいつの時代でも流行る言葉だ。

 

それが単なるプロパガンダだったらどうする? 

著作者の宣伝媒体だったらどうする?

 

 

shisan-unyou.jp