サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

良さげに見えるから余計に厄介! いま人気の投資信託というものの危険性について考えてみた。

不動産でも、個別株の銘柄でも、特定の投資信託やETFでも何でもいいんだけどさ、『流行ってるもの』『ブームになってるもの』『みんなが殺到してるもの』には十分注意したほうがいいよ!

 

ブームになってるってことは、それは「プレミア価格になってる」ってことだからね。

プレミア価格になってるってことは、通常の値段よりも高くなってるってことだからね。

 

そこを見抜かないといけないよ!

 

そういうものってものすごく魅力的に見えるんだ。

「バスに乗り遅れるな!」という言葉があるくらい、それに今すぐ飛びつかないと自分だけを損をしてしまうような気になってくる・・・・

 

だけどそれこそが『罠』だから十分気をつけて!

 

焦って飛びついて高値づかみをしてしまったら大変なことになるよ。

下手したらそれがきっかけで転落人生をおくることになるかもしれないよ。

 

ドットコム・バブルが加熱してた頃のことを思い出してほしい。

あのとき、あれに飛びついた人たちがその後どうなったのかを思い出してほしい。

 

とにかく、流行ってる投資法だとか、ブームになってる資産運用法なんてものには飛び付かないに限るよ!

 

そういったものに飛びつきそうになったら、ウォーレン・バフェットの言葉を思い出すんだ。

 

 

 流行っているものを買って成功することはない。

 

インターネットが発達したとしても、チューインガムを噛む人がいなくなるわけではない。

 

オレオのクッキーは50年後のアメリカの子供たちも食べている。

 

 

なるほどなー。

 

流行ってるとか、ベストセラーになってる本とかで紹介してるもの、マネー雑誌でしょっちゅう特集されてるものに惑わされないようにね!

 

バフェットは人々の生活に浸透しているもの・日常に中に自然に溶け込んでいるものが好きなんだよね。

つまり生活必需品だね。

 

そうやって世界一の投資家になったんだ。

別に流行ってるものやブームになってるものに飛び乗って成功したわけじゃないんだよ。

 

もちろん今、流行ってる分散されたインデックス・ファンドやETFをドルコスト平均法で積み立て方式で買いましていって30年後40年後に億万長者になったわけでもない。

よく考えたほうがいいよ、マジで・・・・

 

僕はアパート経営で黒字を出してるから、ついつい不動産投資の良さについて熱く語ってしまう。

 

僕は区分所有物件よりも、一棟物件の方を好む。

その理由は簡単明瞭。

区分所有物件というのは、一つしかないから。

 

一つしかないということは、そこに空室が発生したら家賃はゼロになるということだ。

 

僕はコンビニ一棟もののオーナーになるより、商店街丸々のオーナーになった方がいいと考える。

でも間違いなく言えることは不動産投資には大きなリスクがあるということ。

 

何の投資でもバラ色のものはない。

僕は行き詰まった大家さんを何人も見てきた。

 

常に「一歩引いた目で見る」ってすごく大事だよ。

 

同じことは不動産投資以外の投資についても言える。

ベストセラーになってる本や雑誌、ネットでも話題の投資法。

やはり「一歩引いた目」が必要だ。

 

『バスに乗り遅れるな!』という言葉はいつの時代でも流行る言葉だ。

 

それが単なるプロパガンダだったらどうする? 

著作者の宣伝媒体だったらどうする?

 

 

shisan-unyou.jp

 

 

f:id:orange345:20191124170005p:plain

 

なぜ人間は同じ過ちを繰り返してしまうんだろうね?

2008年のリーマン・ショックのひきがねを引いたのは、サブプライムローンを組み入れた投資信託だったよね。

 

リーマン・ショックというのは別に景気が悪くなって起こったわけではないんだよね。

おかしな投資信託が原因で起こった金融パニックだったんだよね。

 

あれから10年が経過した。

まわりを見回してみてほしい。

 

あのとき、あれだけ痛い目に遭ったのに、舌の根も乾かないうちにまた投資信託が王座に返り咲いているじゃないか!

この現状をみなさんの目にはどう映っているだろう・・・

 

あのとき、僕らは確かに学んだはずだよね。 

忘れちゃったのかな?

 

大統領がオバマになろうが、トランプになろうが、日経平均株価が3万円になろうが、1万5千円になろうが、そんなことは重要なことじゃないんだ。

大切なことは『自分なりの"ノアの箱舟"をつくっているか?』ということだ。

 

大嵐は必ず来るよ。

札幌に毎年、雪が降るのと同じくらいの確率で、必ず来る。

 

さて、その時、みなさんはどうやってそれに対処しますか? 

何に頼りますか?

 

f:id:orange345:20191124164448p:plain

 

金融庁「老後2千万円不足するから投資しろ」は極めて危険…投資信託購入者の半数は“損” という記事を読んだよ。

  

www.excite.co.jp

 

「自分だけは詐欺なんかに引っ掛からない」と思ってる人がいちばんアブナイよね。

多くの人は「いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤め上げれば幸せになれる」と教えこまされて、無防備なままペテン師たちがウヨウヨしている実社会に放り込まれる。

 

不動産投資、投資信託、仮想通貨、バイナリー、マルチ、プログラミング教室、アフィリエイト、etc・・・

詐欺師たちは手ぐすねを引いて『子ウサギちゃん』を待ち構えている。

 

「オレは正しい」と豪語しているヤツがおかしな不動産投資や投資信託に手を染めているというパラドックスにもっと注目しよう。

 

「分散しているからリスクを回避している」と言う人のポートフォリオがなぜ株価の暴落で毀損する?

本当にリスクをヘッジしているのなら、暴落が起こっても平気なはず・・・

 

何かに勧誘するための街コンや婚活パーティーもある。

さて、皆さんはいったいどうやってそういうもの見分ける?

みなさんは洞察力や識別眼みたいなものは持っているだろうか?

 

子供たちに本当のマネー・リテラシーを教えなければ大変なことになる。

本当のマネー・リテラシーとはiDeCoやNISAの仕組みを理解させることじゃない。

本質を見抜くチカラを身につけさせること。

 

例えば、「分散」と「ヘッジ」の違いを把握させること。

詐欺師に騙されない『眼』を養わせること。

 

定年後、僕らは生活するのにいくらのお金が必要だろうか。

1000万円だろうか、3000万円だろうか、5000万円だろうか。

 

本当に65歳の時点で5000万円があれば余生を安心して過ごせるだろうか。

その頃、円の価値はどうなっているだろうか。

確定拠出年金はどうなっているだろうか。

 

ファンマネも経済評論家も常に間違うんだよね。

市場の上がり下がりなんて、誰にもわからないんだ。

 

本当に株や債券は今後20年30年、上下を繰り返しながらも右肩上がりで上がっていくのだろうか。

そして引退する頃に本当にご褒美をくれるのだろうか。

 

本当にキャピタルゲインを目的に投資することは正しいのだろうか。

その答えは誰にもわからないんだよね。

 

・・・・ってことは、そういうものに投資する人っていうのは「どうなるかわからないもの」に投資してるってことなんだよね。

これほど恐ろしいことってないと思いませんか?