サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

「嫌われても構わない」と割り切って人と接する人から順に幸せになってゆく法則

f:id:orange345:20200210155523j:plain


  

幸せに生きてる人って人の悪口とか陰口とかで盛り上がってる集団から距離を置くタイプのヒト多い。 

これは確信を持って言えることなのです。 

 

幸せになるヒトって自分の目の前で悪口大会がはじまると自然に居心地が悪くなってしまうのです。 

そして、「ああ、この場に居たくないな・・・」と瞬時に思って、とっととその場をあとにします。 

 

基本的に悪口を言うヒトというのは満たされてない人なのです。

自分が現在ハッピーじゃないから誰かを攻撃することで溜飲を下げたいと考えてる人です。

 

そういう人は同じようなネガティヴな波長の人と引き合います。

そして、ネガティヴな集団を形成するようになると相場は決まっているのです。

 

幸福な人が(あるいはこれから幸福になろうって人が)そんなネガティヴなオーラ満載の集団のなかにいるわけがありません。

そういうところに居ないからハッピーになれるのです。

 

徳を積んだ人になれば自然にいいことが起こるようになる 

もう一つおもしろいのはネガティヴな集団というのはだいたい遅かれ早かれ自ら崩壊してゆくということです。笑 

いつの間にかお互いがお互いをいがみあうようになり、修羅場へと発展してゆくケースが非常に多い。

 

ぜひ目を凝らしてチェックしてみてください。

だいたいそうなってゆくパターンが多いですから。笑

 

だからそういう集団の中にいちゃいけないんです。

自分を守るためにも。

そうしないと崩壊に巻き込まれちゃいます。 

だから早くそこから逃げ出さないと!笑

 

人をいじめたり、悪口を言ったり、意地悪をする人はいつか痛い目に遭うものです。

「お天道様は見ている」という言葉があるけれど、本当にそうだと思います。

 

天に選ばれた人になりさえすればチャンスが自然にめぐってくるようになります。

こちらが大して努力をしなくてもまわりが勝手に御膳立てしてくれて、いい話を持ってきてくれるようになります。

 

僕の知ってる大金持ちの大家さんはとにかく「いい人」で、いつもニコニコしています。

気前もいいです。

だからいろんな不動産会社の営業マンから愛されています。

 

その人の物件はいつも満室です。

みんなこぞってその人の物件の空室を埋めようとしますから。

その人のところにはいつもおいしい物件情報が舞い込んできます。

 

普段から徳を積んでる人というのは人生がうまくいくようにできているんです。

 

 

毒を吐く人のそばにいると悪影響を受ける

たとえば、みなさんの目の前で誰かの悪口を言い始めた人がいたとします。

そういう人が現れたらみなさんは普段どうしてますか?

僕はとっととその場から逃げるようにしています。笑

 

悪口を言う人のそばにいると必ず悪い影響を受けるもの。

心にも悪影響を及ぼすし、身体にも悪影響を及ぼします。

 

「最近なんか体調が良くないな・・・」と感じたらぜひ自分のまわりにどんな人がいるのかに気を配ってみてください。

 

自分のまわりに人の悪口ばかり言ってる人はいないか

自分はいっつもその人から聞きたくもない人の悪口を聞かされていないか

 

是非、再確認してみてください。 

きっといるはずです。

延々と誰かの悪口を言ってる人が・・・・

 

悪口というのは、はっきり言って『毒』なんです。 

だからずっとそれを浴びせられているとその毒でこっちがマイってくるんです。

マイナスの言葉をずっと聞いているとなぜか体調が悪くのはそのせいなんです。

 

毒がまわっているんです。

悪影響を受けているんです。

 

毒をまわりにまき散らす人というのは『負のオーラ』を発してる人なんです。

だからその人の近くにいると、こっちまでその負のオーラの影響を受けちゃう。

 

なかには一緒になって悪口大会に参加したりしてる人もいます。

そういうふうにいつも悪口大会ばかりしてる集団って必ずいつか悪いことが起きるもの。

だからみなさんはそういう人たちのそばにいちゃいけないんです。

そういう毒をまき散らすような人のそばから離れて、その直接的な影響を受けないようにしなくちゃならないんです。

 

もしもみなさんが幸福な人生をおくりたいと心の底から思っているんだったら、なおさらそういう人のそばにいちゃダメです。

ハッピーに生きてる人はいつも誰かの悪口を言ってるような人のそばになんかいません。

そういう人のそばにいると、居心地が悪くなっちゃうんです。

具合が悪くなっちゃうんです。

 

毒をキャッチするセンサーが働くんです。

「おい、ここにいちゃいけないぞ。さっさとそこから逃げな!」っていう無意識からの警告にきちんと耳を傾けることができる。 

だから幸福に生きてる人のまわりにはネガティブな人がいないんです。

 

集まってくる人はみんなポジティブなオーラを発する、「いい人」たちばかり。 

みなさんはそっちの方へ行かなきゃダメです。

 

悪口は悪い出来事を引き寄せる呪文です。

普段からネガティブな言葉ばかりを発している人が幸せなことやラッキーなことを引き寄せると思います?

 

ぜひ見ていてください。

悪口ばかり言ってる人には必ず良くないことが起こりますから。

そういうふうに相場は決まっているんです。

 

これはものすごく重要なことです。

 

毒を吐く人は自分の毒でダメになってゆく

 ネガティブな人とケンカをするなんてもってのほかです!

いちばんやってはいけないことです。

 

どんなにその人からひどいことを言われたって、攻撃されたって、決して相手にしてはいけません。

柳に風っていうカンジで受け流しておかなきゃいけません。

 

まかり間違ってもその人の挑発に乗っかったりしてはいけません。

もしもみなさんがその挑発に乗ってきたら、その人は「待ってました!」とばかりにみなさんに執拗に絡んできます。

絶対にその手に乗っちゃダメです。

 

みなさんが手を加えなくても、ちゃーんとそういう人って自然に落ちていきます。

なぜか知らないけど、そういう人には必ず災いが起こります。

必ず起こりますからぜひ見ていてください。笑

 

そのまわりにまき散らした毒で自分も参っちゃうんです。

自分で毒を吸いこんじゃってるんです。

それで自分で発した毒に自分もやられちゃうんです。

  

そういう人を反面教師にしましょう!

 

−1+−1=−2です。

勉強のできない僕でもそのくらいわかります。

 

マイナスのものが集まってもプラスになることはないのです。

これは人間関係においても同じ。 

ネガティブな波動はお互いに引き寄せあうものです。

 

気をつけましょう。

ネガティブな人のそばにいても何一つプラスにならないということに早く気づきましょう。

 

人間関係の悩みは自分が引き寄せている

今、人間関係に悩んでいませんか? 

くだらないヤツのそばにいて苦しい想いをしていませんか? 

自分とまったく合わない人と言い争ったりして、エネルギーを無駄に消耗していないでしょうか?

 

もしもそうだとしたら責任の一旦はみなさんにもあると僕は思ってます。

なぜか? 

そういう疲れさせるような人のそばから離れようとしなかったからです。

 

ある意味においては人間関係の悩みって自分自身が引き寄せているとも言えるんです。

僕も散々、人間関係に悩んでたからそのあたりのことはよくわかっています。

 

人間関係の悩みってすごく大変なんです。

そして特効薬みたいなものはほとんどありません。

 

唯一解決する方法があるとすれば、その悩みの原因となってる人物から物理的に距離を置くことぐらい。 

僕も散々、人間関係に苦しんできてそのことを嫌というほど学びました。

 

自分が苦しくなるようなヤツのそばにいるから苦しくなるんだということです。

 

その学びを得てから、一緒にいて苦しくなるようなヤツのそばにはなるべく近寄らないようにしています。

そしたらだいぶラクになりました。

 

人間関係の悩みって僕らが思ってるよりも自分の人生に深刻なダメージを与えるもの。

僕たちの人生に大きな影響をおよぼすもの。

だからこそきちんと対処しなければいけないのです。

 

その問題を軽く捉えて、「我慢」とか「忍耐」といったむかしながらの方法で解決しようとするからこじらせるのです。

そして、それは人生に大きな影響をおよぼします。

 

 

一緒にいて楽しくない相手とは距離を置け

僕はいつも「誰かと意地を張り合う」ということを極力しないように努めています。

これまでの人生のなかで、「誰かと意地を張り合っても、まずロクなことにならない」ということを散々学んできたから。

 

ムカつく相手やまったく価値観が合わないと感じた相手などがあらわれたときには割りとあっさりと切り捨てるようにしています。

真正面からぶつからないように気をつけて、なるべく衝突を避けるようにしています。

 

「大人気ない」と言われるかもしれないけれど、嫌なものは嫌ですからね。

そこはゆずれません。

ゆずれないし、ゆずるべきものでもないと思っています。

 

我慢には限界があるんです。

また、我慢していれば物事はいい方向へ向かってゆくというものでもないと思っています。

 

だから僕は割とドライに、「あっ、こいつダメだな」と思ったらサッっと身を引くことにしているのです。

それでストレスはだいぶ軽減されます。

 

「オレ、ちょっと変わってるからさ」とか、「オレ、世間の常識とズレた人間だから」ってなことを先に言って、いくらでもその場から逃げることはできると思います。

 

「いいや、違う!」「お前の言ってることは間違ってる!」って相手に反論したり、食ってかかったりするから問題が大きくなるんです。

それをやると悩みはますます深刻なものになってゆく・・・

 

気が強く、ストレス耐性のある人だったらそういう喧嘩戦法でもいいかもしれない。

だけど僕はそういうタイプじゃない。

だからなるべくストレスのかかることはしたくないんです。

 

僕は誰かとぶつかったり、ぶつかりそうになったら、いつも自分の方から先に折れるようにしています。 

人に言わせれば、それは「逃げてる」ってことになるのかもしれない。

「情けない」「男らしくない」ということになるかもしれない。

 

でも僕は誰かにそう言われても一向にかまいません。

喧嘩をしようと思ったらいくらでも喧嘩することはできるけど、『戦略的』にそのような態度を取らないようにしている。

 

なるべく関わらない

それ以上深入りしない

 

『金持ち喧嘩せず』という言葉もあるでしょ? 

まあ、僕は金持ちではないんだけどさ!笑

 

「議論を通じて分かり合う」とか「ぶつかることでお互いの理解が深まる」とか、そんなことは僕にとってはどうでもいいことなんです。 

それは解決法としてはすごく『遅い』ものです。

 

あまりにも長すぎるし、ストレスがかかりすぎる。

僕はなるべく人生をハッピーに生きたいと思っています。

一緒にいて楽しくない相手とは一秒たりとも一緒にいたくないと考えるタイプなんです。

 

 

まとめ

幸いなことに僕は事業家です。

自由人です。

だから自分の時間というもの好きなようにコントロールすることができる立場にあるんです。

 

僕はもうサラリーマンではないんです。

だから思いっきり自由にわがままに生きることができるんです。

 

だから僕は脱サラ起業したんです。

2010年の暮れのことだったけど・・・

 

人を好きになるのに理由はいらない。

同じように人を嫌いになるのにも理由はいらない。

それは理屈じゃない。

 

だから人を嫌いになってもいいんです。

・・・ということは同時に『人から嫌われてもいい』ということになります。

 

どちらにもOKを出しておこう!

「嫌ったらダメ・嫌われたらダメ」はツラいよ・・・