サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

これだけは知っておくべき! 本当の幸せとはどういう状態のことをいうのかについて僕の思うコト。

人間の幸福って「こういう状態になれば」といったような外側の部分では決まらないと思うよ。

若い頃は気づかなかったんだけどね。笑

 

なんというか、問題は中身というか、『コンテンツ』だよね!

 

 「箱のなかにはどんなものが入っていますか?」という中身の問題だと思うな。

 

人生もハードよりもソフトの方が大切というか、これまで生きてきたなかでどんなものを背負ってきたかのほうが大切というか、、、

 

でも人間ってついつい外側の部分ばかり気にしちゃって、「中身」や「内容」の部分を充実させようと思わなくなっちゃうんだよね。

あいつは〇〇という会社に勤めてるとか、〇〇という大学を卒業したとか、そういう外側の部分っていうのはハードウェアの部分なんだよね。

 

内容の薄っぺらい人間っていうのはすぐにわかるよ。

 

いちばん大切なのはいかにしてそのハードに『素敵なソフト』をインストールすることができるか?だと思うな。

 

その「素敵なソフト」っていうのは恋愛であったり、仕事であったり、イデオロギーであったり、考え方であったり、価値観であったり、哲学であったり、洞察力であったり、識別眼であったりする、、、、

 

人はついつい「外側を良くしさえすれば幸福になれる」と考えちゃう。でもコンテンツのほうが大事だとぼくは思う。

 

どんなに立派なシネコンができても、上映される映画が良くなかったら意味ないもんね!笑

 

これは不動産投資における物件選び、そして、買付証明書を出すとき。どこかの時点で「エイヤ!!」って思い切らなきゃいけないんだよね。

 

でも、ほとんどの人はこれができないんだ。笑

 

これは何も不動産投資に限った話じゃないんだ。仕事においても、恋愛においても、なんでもそうだ!

 

せっかく目の前にチャンスが流れてきたのに、それに思いきって飛び移れないんだ。

そうやって機会を損失してしまうんだ。

 

 

f:id:orange345:20191117095019p:plain

 

 

香川県警の署員が私用で訪れた店で揉め事「わしは生活安全課や」 という記事を読んだよ。

 

news.livedoor.com

 

いわゆる『マッチョな人』っているよね。

マッチョな職業、マッチョな芸能人、マッチョな政治家、etc・・・

 

そういう人たちをよく観察してみて。

そういうタイプに限って、心の中に弱さを持っていたりするから。

 

それをカムフラージュするために『マッチョ』を身にまとっている。

 

素のまんまの自分に自信がないから、肩書きとか社会的地位とか学歴とか職業とかを持ち出して、『マウンティング』しようとする。

心に不安がある人なんだよ。

 

もしもそういう人に出会って嫌な思いをしたら、どうか気にしないこと。

「ああ、この人、不安なんだな…」と思ってあげて。

 

鬱の人って、ある意味すごい人だよ。

自分の弱さときちんと向き合うことができる人だから。

ある意味、とっても強い人だよ。

 

「オラ、オラ!」って、人を威圧する人って、自分の弱さから目をそらし、逃げまわってる人。

本当に強い人、幸せに生きてる人は『暴力』に頼らないものだよね。

 

『マイナス思考の自分』を責める必要はまったくない。

「マイナスを考えることができる人」って極めて健全な人だと僕は思うな。

 

ブレーキが付いてない車を運転する方がよっぽど危険だよ。

鬱ばかり注目されるけど、躁も問題だよね。

 

四六時中、意識高くハイ・テンションでいればいいってもんじゃない気がするよ。

強い自分がいるから、弱い自分と向き合うことができる。

 

弱い自分に目をつぶり、きちんと向き合わずに逃げまわっている人の方がよっぽど弱い人だと思う。

マッチョで、男らしくて、いつも威勢のいいことばかり口にしてる人っているでしょ。

でもそれって弱い自分を隠すための『ペルソナ』を演じていたりするパターンが非常に多いんだ。

 

そこには自分自身に対する自信のなさやコンプレックスがある。

それをカムフラージュするために強さを前面に押し出してるんだね。

 

サラリーマンをしていた時、僕は営業成績で1番になろうと必死で頑張った。

でもその頑張りの本当の正体は、ただ単に自分に自信が持てないことのカムフラージュだった。

 

自分に自信がないから実績という名の『数字』で埋めようとしていただけ。

 

数字はどこまでいっても数字。

それは自信とは違うんだよね。

 

 

f:id:orange345:20191111092126p:plain

 

 

仕事をやめたい → 辞めたらええやん

あの人と別れたい → 別れたらええやん

 

そのあとに「でも」とか「そうは言っても」は言いっこなし。

それを言った瞬間、濁る。

 

もう答えは出てる。

 

心の奥底から湧き上がってきた、その想い

いちばん最初の純度100%の、その想い

 

それが答えだ!

 

今まで「自由に生きてる人」や「チャランポランに生きてる人」のことを『許せない・・・』って思って生きてきませんでしたか?

それはもしかしたら、「本当はあんなふうに生きたい!」という願望の裏返しかもしれないよ。

 

これからはさ、もっと本当の自分の心の声に耳をすませてみようよ。

 

本当はやりたいことがあるんじゃない?

本当は言いたいことがあるんじゃない?

本当は行きたいところがあるんじゃない?

 

それを、ぜひやってみてください!

 

ちゃぶ台をひっくり返してください。

波風を立ててください。

 

もう『我慢』という方法で状況をなんとかしようとするのはやめましょう。

それは功を奏しません。

そのソリューションではうまくいかないってこと、今までの人生で散々学んできましたよね?

 

我慢してばっかりいるから、どんどん自分の中に『何か』が溜まってゆくんです。

自由奔放に生きてる人は、そういう『何か』を溜め込まない人です。

 

だから彼ら・彼女らのことを、「ズルい」「許せない」「ムカつく」と思ったんじゃない?

 

「私はこんなに我慢しているのに」

「私はこんなに歯を食いしばっているのに」

「私はこんなにまわりに気をつかっているのに」

って・・・

 

もう、その無駄な努力、やめましょう!

自由にわがままに生きてる人を見習って、今日から他人軸ではなく、自分軸で生きるようにしましょう!

 

 

それが「自分らしく生きる」ってことだよね・・・

 

(いい意味で)期待を裏切ってみよう。

 

「そんな人だとは思わなかった」って言われてみよう。

みんなが「やってほしい」ということを覆してみよう。

 

そしたら、あなたは自由になれる。

『本当の自分』でいられる。

 

プレッシャーからも解放されて、生きてゆくのがラクになってゆくよ。

 

自分の行きたい道が「人と違う道」だからといって悩む必要はないよ。

その道がどんなに人があまり通らないような道だとしても、自分の心が指差す方へ進むべきだよ。

 

あなたの心はすべてを知っている。

あなたの心はあなたよりあなたのことをわかっている。

 

心の声に従っていれば、まず間違いない。

 

 

4meee.com