サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

これを知らないとずっとお金の問題から逃れられない! 『レバレッジ』という魔法の効果的な使い方

 

 

 

これはよく言われていることだけど、僕がやっている不動産投資というのは『レバレッジ』というものを最大限に生かすことのできるものなんだよね。

 

このレバレッジというものはものすごい力を秘めていて、上手に使えばとんでもない恩恵を僕たちにもたらしてくれます。

その代わり、ちょっとでも使い方を間違えると、僕たちを簡単に地獄の底へ突き落とします。

 

これはある種の魔法だよ! 

ものすごいパワーを秘めた魔法。

 

だけどその魔法はプラスにも、マイナスにも振れる魔法なんだ。

レバレッジというのは、よく「てこ」に例えられるよね。

ほんのちょっとの力で大きなものを動かすことができることを指している。

 

僕がやってる不動産投資でいえば、ほんのわずかな資金で、なん千万とか、なん億もの物件を手に入れることができるというもの。

『銀行借入』という手段を使ってね。

これがレバレッジのパワーだよ。

 

なおかつ、ただ単に大きな資産を取得できるだけじゃない。

そこから毎月キャッシュフローまで得ることができるんだ。

 

そして僕はその資産からのキャッシュフローで家族を養って、自由気ままなハッピー・ライフをおくることができているというわけなんだ! 

 

本来の力は大したことはない。

僕なんか家が金持ちだったわけでもないし、ハイスペック男子だったわけでもない。

そんな僕でも数億円にのぼる資産を手にすることができたんだ。

これが『レバレッジ』というもののすごいところだよ。

 

何らかの知恵なり、道具なり、武器なりを使用・利用することによって本来持ってるもの以上のパワーを発揮できるんだ。

不動産投資は、このレバレッジの力をフルに活用できる投資ビジネスなんだよね。

 

株式投資でもよくこのレバレッジという言葉は登場するよね。

だけど僕は不動産投資のレバレッジこそが最強で、安全だと思っているんだ。

 

なぜなら不動産投資の場合、「不動産」という現物資産に投資するものだからね。

それは株や投資信託、FXといった「紙の資産」へ投資するのとはちょっと違うんだ。

 

『不動産投資』というのは簡単に言ってしまえば、アパートやマンション、戸建てといった現物資産を手に入れて、それを人に貸すことによって家賃収入を得るというもの。

それは市場がどうなったからといって直接的な影響を受けるものじゃないんだ。

 

だから僕は不動産投資を「投資」ではないと思ってる。

僕は不動産投資は「商売」だと思ってる。

「ビジネス」「事業」だと思ってる。

 

だから銀行はお金を貸してくれるんだよ。

それが事業だから融資してくれるんだ。

ご存知のとおり、銀行って『投資』にはお金を貸さないからね!

 

嘘だと思うなら、今度銀行の融資担当者のところに行って、「このETFを買いたいので、3,000万円融資してください」と言ってみて。

きっと門前払いだと思うから。

 

ところが、「この不動産を買いたいので、3,000万円融資してください」と言った場合は話は変わってくる。

最終的には断られるかもしれないけれど、きっと門前払いにはならないと思うよ。

 

人に貸して家賃収入を得るためには、『物件』を手に入れなければなりません。

不動産を仕入れないことには話にならないんだよ。

 

ところがこの物件というやつはそうそう簡単に手に入れられるものではない。

すごく高額なもの。パソコンやスマホを操作して、パッと買えるようなものじゃない・・・

 

ちょっとしたアパートを1棟購入しようと思ったら、軽く何千万円(下手をしたら何億円)を超えるよ。カンタンにキャッシュでポンッ!と購入できる人なんてそうそういない。

 

我々のような一般人は何千万なんてというお金なんか持っていない。

でも、ここで『レバレッジ』という不思議な魔法を使えば、僕たちは本来なら絶対に手に入れることができないようなものを手に入れることができるんだ!

 

もしもこのレバレッジを使わなかったら、僕は大家さんとして生計を立てることなんてとてもできなかったよ。