サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

起業したいリーマン、必見! 真面目に働くだけではいつまで経っても本当の安定は得られない理由を述べます。

手段と目的が『逆』になっていないか気をつけましょう。 

本当は「自由」や「楽しさ」や「幸せ」が大切だったはずです。

 

それなのにいつの間にか日々の仕事をこなすだけの人生になってしまってはいないでしょうか。

そういう人が結構たくさんいるのです。

 

会社にために真面目に働くのもいいでしょう。

でもそれはあくまでも将来の夢の実現のために働くのであって、『生活費のために働く』というラットレースにおちいらないように注意したい。

 

これは非常に巧妙な『罠』です。

この罠におちいって、気づいたときには身動き取れなくなってしまってる人がたくさんいます。

 

とくにいい大学を出て、いい会社に就職したようなエリート(ハイスペック)くんほど気をつけなければいけません。

満たされた環境にすっかり慣れきっちゃったがゆえに、「気づいたときには時すでに遅し・・・」という状態におちいってる人がたくさんいます。

 

f:id:orange345:20191204154113p:plain

 

真面目な人ほど目の前の仕事のことしか頭に入らなくなっていきます。

そして、その目の前の仕事を片づけることだけにエネルギーを注ぎ、それだけが人生のすベてになっちゃってる人が大勢いるのです。

 

自分の仕事を心の底から愛して、楽しんでる人ってどれくらいいるんでしょうか。

もしもみなさんが嫌々ながらその仕事をやっているのだとしたら、それはきっとあんまり良くない結果をもたらすことになると思います。

 

自分にも迷惑だし、まわりにも迷惑です。

どんなに年収が高くても、その他の部分で苦しんでいたら幸せな人生は送れないものです。 

 

幸せな状態というのは物資的的にも精神的にも満たされた状態のことをいうんだと僕は思っています。

どちらかが欠けていてもバランスが悪い。

 

だからいい大学を出て、いい会社に就職して年収さえ高ければ幸せな人生をおくれるというわけではないのです。

 

f:id:orange345:20190929172751p:plain

 

嫌いな仕事を嫌々ながら長時間やって幸福になれるはずがありません。

そんなこと続けてたら心もカラダもどこかおかしくなってしまいます。

 

僕はこんなに多くのサラリーマンの人がうつ病に苦しんでる理由がわかります。

「そりゃそうだろうな」って見ていて思います。

僕もうつ病でありかけたことが何度もあるからわかるんです。

 

僕の場合はたまたま運が良かった。

自由や楽しさや幸せを追い求めてがむしゃらにやってるうちにこんなところまで来てしまった。

『思えば遠くへ来たもんだ』ってヤツです。笑

 

ものすごいリスクを背負ったけど、今は「やって良かった!」と心の底から思っています。

本当に幸せを自分のもとにたどり寄せたければ、どこかでひと勝負しなきゃいけない局面というのがあるんです。

将来サラリーマンをやめて起業したいという夢を抱いてる人はどこかの時点でその決断をした方がいいと思います。

 

そうしなければ、また明日も代わり映えのしない今日と同じ日常が繰り返されるだけです。 

そして、そうやって黙々と仕事をしてるあいだに気がついたら人生が終わっていました・・・・なんて笑えないブラックジョークみたいな人生になる可能性が高いです。

そんなのイヤでしょ?

 

『真面目』という言葉は「真に面を見る」と書きます。

世間的には真面目って正しいこととされています。

でも僕は思うんです。

真面目って自分の心に素直に生きることなんじゃないかと。

 

決して『世間で正しいとされてることをすること』とイコールではない。

それは逆に言えば、自分を押し殺していることになる。

自分に嘘をついている事になる。

 

本当に真面目な人って自分に嘘をつかないで自分のやりたいことをやる人だと僕は思っています。

ところが世間ではそういう人のことを真面目とは言いません。

むしろ「不真面目」とか「わがまま」とか「自分勝手」とかって言います。

 

おもしろいですよね。

 

f:id:orange345:20191124091511p:plain

 

会社のために身を粉にして働けば多少は出世するかもしれません。

多少は年収もUPするかもしれません。

でも人生の面白いところは『それですべての問題が解決するわけではない』ということです。

 

その代償に差し出したものはあまりにも大きい。

そして、それは後から取り戻すことができないものなのです。

 

年収、出世、社会的地位、贅沢・・・それらのために犠牲にするものもあるはずです。 

現実というのはこちらが想像しているよりも厳しいものです。

そんなに甘くないのです。

 

仕事人間になるのは構わないけれど、そこに待ち受けている現実はあまりにも過酷だということは忘れないでいてください。

そして、本当に仕事だけの人生でいいのかということも考えてみた方がいいと僕は思います。

 

僕は時間こそがいちばん大切な財産だと思っています。

僕たちの一生はせいぜい80数年間しかないのです。

 

そのほとんどを「会社で働くこと(=労働)」に費やして本当にいいのでしょうか。

 

僕はタワマンや高級外車やスイス製の時計なんかにはまったく興味がありません。

そういうものを欲しいと思ったことは一度もありません。

 

だけど、子供と過ごす時間や自分の人生を自分でコントロールできる『自由』はめちゃくちゃ欲しかった。

だから、このような人と違う生き方を選ぶことになったんだと思います。

 

自由や時間を追い求める生き方は誤解を生み、さまざまな人から攻撃を受ける運命にあります。

僕なんて会社の社長をやっていてもいまだに白い目で見られています。笑

 

でもいくら攻められても、僕はこの自由を手放すつもりは毛頭ありません。

サラリーマンの頃と今とを比べたら、圧倒的に今の方が幸福だからです。

 

f:id:orange345:20190904084734j:plain

 

出典:個人の所得税どうなる? 高所得の会社員は負担増|出世ナビ|NIKKEI STYLE

 

 

自分のやりたいことを自分のやりたい通りに自分のやりたい時間にできる『自由』こそが最も尊いことだと僕は思っています。

良いとか悪いとかの話ではなく、それが僕の性質なのです。

 

僕はこれからは誰もがフィールド・プレイヤーになって自らピッチに降りてプレイしなきゃいけない時代になると思っています。

もう観客席に座ってのんびり試合観戦できるような時代ではなくなってゆくと思っています。

 

サラリーマンは税金や社会保険料などを支払ったあとの『手取り』でさまざまな買い物をします。

そして、その買い物に対しても消費税という税金が取られてしまう。

社会保険料も増大し、サラリーマンの負担は増える一方です。

 

これからはますます誰もが自らの頭で考え、「どう動くか?」を考えなきゃいけない時代になってゆくと思います。

会社がなんとかしてくれた時代はもう終わってしまったのです。 

 

お金はやり方しだいではいくらでも取り戻すことができます。

だけど、失った時間はもう二度と取り戻すことができません。

 

みなさんにはあとどれくらいの時間が残されているでしょうか。

その限られた時間をどう使うかをもっと真剣に考えた方がいいと僕は思います。

 

勤めてる会社の社長ではなく、『自分』を喜ばせてあげましょう。

みなさんが一生懸命働ければ働くほど本当に喜び、トクをするのは誰なのかを考えましょう。