サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。詩人(?) 不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

本当は教えたくなかった! 僕が投資信託というものがキライな理由が判明しましたので発表します。

 

f:id:orange345:20200105194618j:plain

 

はっきり言って、僕は『投資信託』という金融商品があまり好きではありません。

やるとしても「たしなむ程度」「デザート程度」にしたいと思っています。

メイン・ディッシュには危険すぎて、とてもじゃないけどできません・・・

 

投資信託には「アクティブ・ファンド」と呼ばれるものと、「インデックス・ファンド」と呼ばれるものの2種類があります。

昨今、お勉強のできる人たちがこぞって心酔しているのはインデックス・ファンドの方です。

 

そして彼らは「インデックス・ファンドこそが正しく、アクティブ・ファンドは間違っている」という考えを持っています。

だけど僕に言わせれば「どっちもどっちじゃね?」といったカンジです。 

 

確かにインデックス・ファンドはアクティブ・ファンドよりも手数料は低いです。

その点はメリットだと思います。 

でも忘れてはいけないのはインデックス・ファンドもアクティブ・ファンドもどちらも『投資信託だ』ということです。 

投資信託である以上、そこには投資信託ならではデメリットというものがあるのです。

 

投資信託でいちばん恐ろしいのは株価が下落することだと思っている人が大勢います。 

でも投資信託でいちばん恐ろしいのはそこじゃない。

 

株価は波のように上下します。

下がることもあれば上がることもあるでしょう。 

だから株価が暴落したとしてもずっと持ち続けれいれば、いずれやがて回復するかもしれません。

 

投資信託でいちばん恐ろしいのはそういう株価の上がり下がりのことではないのです。

投資信託でいちばん恐ろしいのは『そのファンドから資金が流出すること』です!

 

昨今のこの「ファンド・ブーム」は作られたもの!? 

インデックス・ファンドだろうが、アクティブ・ファンドだろうが関係ありません。

そのファンドから資金を引き上げる人が増えれば増えるほど投資信託という金融商品の土台が揺らぐことになります。

 

もしもファンドから資金流出したら解約資金を作るために資産の一部を売却するという自転車操業がはじまります。

まさに負の連鎖が起きはじめるのです。

これが投資信託という金融商品のいちばん恐ろしいところです。

 

投信会社がいちばん恐れているのもこの負の連鎖です。

だから彼らは政府やマスコミと一緒になってさまざまな形で一大キャンペーンを張っているのです。

 

投資信託に関するベストセラー本を売り、マネー雑誌で特集する。 

政府(金融庁)もそういった投信会社のお仲間です。

そのためには『天下り先のポスト』も用意しています。 

 

政府はそれに応える形でNISA、つみたてNISA、iDeCoといった新しい仕組みをつくり、それをバックアップしています。

そうやって無理やりニーズをつくりだし、人々をおびき寄せます。

 

かくして、飛んで火にいる夏の虫よろしく昨今のインデックス・ファンド(ETFも含む)のブームが形成されることになったというわけです。

 

なぜか頭のいい人ほどこれに騙されます。

「これだ! これしかない!」と言ってその情報に飛びついてしまいます。 

 

彼らはそれが『自然発生的に起こったブーム』なのか、それとも『ある意図によってつくられたブーム』なのかといったようなことはあまり考えません。

 

なまじっかお金を持っている層の人たちのほとんどは勤め人の方々です。

本業も忙しいし、世の中を『勤め人』の視点からでしか見られないようになってしまっっています。

 

彼らに商売人の視点がもしあったならば、昨今のこの投資信託ブームがいかに危険なものであるか瞬時に判断できるはずなのですが・・・

 

 

本当の意味での『お金の勉強』って何だ? 

資産運用を実際にやってる人というのは高属性の人が多いのが特徴です。

みんなそれなりに学歴も高く、それなりの会社や官庁に就職しています。

 

資産運用にまわせるお金を捻出できるような人たちです。

ある程度、年収が高く、社会的地位もそれなりにある人たちじゃなきゃそんなことできません。

貧乏な人にはとてもじゃないけど投資にまわせるお金はありませんからね。

 

でもそういう高属性の人たちが大きな勘違いは「自分たちは頭の良さでマーケットを出し抜ける」と思ってることです。 

市場というものが(自分たちが今までやってきたような)『お勉強』でなんとかなると思ってるフシがあります。

 

でも残念ながら投資の世界は学校や資格取得の勉強とは違うのです。

投資の世界はいわゆる世間一般で言われているような『頭の良さ』だけでは対抗できない世界です。

 

市場で勝ち抜くのはそんなに簡単なことではありません。

そこには魑魅魍魎がうごめいていて一寸先は闇の世界です。 

「ああすれば、こうなる」とか「ここをこうすれば、ああなる」といった方程式が通用しない世界なのです。

 

ほとんどの高属性の人たちは商売の世界とは無縁に育ちます。

親がサラリーマンか公務員の家庭がほとんどでしょう。 

商売の世界の厳しさやむずかしさを親から教えこまれた人というのはほとんどいないはずです。

 

だから多くの人が投資や資産運用でなかなか成果をあげられなくて苦労するのだと思います。

世の中を見る視点が「勤め人」の視点しか持ち合わせていないからです。

 

家でも学校でも本当のお金の教育を教えられません。

 

 

いい大学に行って、いい会社に就職して、なるべく年収の高い職業に就きさえすればお金の問題は解決する。

そして余剰資金で資産運用をやりなさい。

 

 

彼らはそう教えられて育ちます。

これが『ファイナンシャル教育』だというのです・・・

 

でもこれがファイナンシャル教育だと思ったら大間違いです。

だからこんなにたくさんの人がいまだに満員電車に揺られ、将来不安を抱えながらサラリーマン生活を卒業できないでいるのです。

もしもこの教えが正しいのだとしたら、こんなにたくさんの人が勤め人でいるはずがありません。

 

 

会ったこともない人にお金を預けることの危険性について 

お勉強ができて、属性が高く、投資信託に何百万円も突っ込んでるような人のほとんどがこの考えに染まっています。

そして、それがいかに危険なものであるかいまだにピンときていません。

 

いい大学に行って、いい会社に就職して、それなりの社会的地位につきさえすれば自分のお金に関する問題は解決するはずだと本気で信じているのです。

 

だから彼らのほとんどは自分を金持ちにするためではなく、誰かを金持ちにするために今日も働きに行きます。

 

自分では起業家にはならず、起業家のポケットにキャッシュを運ぶために惜しみなく自分の労力をつかう生活を今日も送るのです。 

そして、死ぬまで給与所得者として生き、先に起業家の取り分を横取りされ、先に政府の取り分を横取りされる生活を今日も送るのです。

 

さらに、そうやっていろいろ差し引かれたあとの残ったわずかなお金さえも証券会社や投資信託運営会社の手数料の餌食にされてしまうのです。

それでも彼らは自分たちがやってることが賢い選択だと信じて疑いません。 

会ったこともない見ず知らずの人にお金を預けてその人に運用してもらうことが賢い選択だと心の底から信じているのです。

 

彼らのこの帰依心はいったいどこから来るのでしょうか。

 

繁盛しているラーメン屋さんを見てほしい。

彼らは第三者にお店の運営を任せっきりになんかしていないでしょ?

必ず従業員とかフランチャイジーなんかにお店の運営を任せたりしています。

 

それなのに、いま、世間でもてはやされている投資法のほとんどは会ったこともなく、親戚でも友達でもない人にお金を預け、託し、その人に運用を任せっきりにするという投資法です。

 

そんな得体の知れない人に大切な大切な何百万円・何千万円というお金を渡して、よく平気でいられるなと僕なんかは思います。

そして、なぜ自分で商売をやるのではなく、よく分からない人にお金を渡して、その人に運用してもらうことが『賢い選択』になるのか僕にはさっぱりわかりません。

 

ファンド・マネージャーに自分のお金を託すアクティブ・ファンドも、株式市場に自分のお金を託すインデックス・ファンドやETFもどちらも一緒です。

どちらも『自分以外の人やモノに託す』ということですから。

 

それは何から何まで自分の裁量で決めることができて、コントロールできるラーメン屋やパン屋とはまったく違うやり方です。

僕がやってる大家業(不動産賃貸業)とも違います。

 

おそらく、それもこれも学校教育の弊害なんだと思います。 

お金の勉強よりも学力の方を重視してきたツケがまわってきたんだと思います。

NiSAやiDeCoをたくみに使いこなすことがファイナンシャル・インテリジェンスだと思ったら大変なことになります。

 

それに・・・・

ぶっちゃけ、そんなに儲かってないでしょ?笑

 

いま、流行りの投資法は証券会社や投信会社だけが儲かる仕組みになっているんです。

よく考えたらわかることだと思います。

どこの世界に人にお金を預けてその人に運用してもらうだけで大金を手にすることができるなんてものがあるでしょう。 

 

そんなことがもし可能ならば世界じゅうで億万長者がいっぱい誕生してるはずです。

  

 

『投資信託』という金融商品でいちばん儲かるのは誰か?

日銀がマイナス金利政策を発表してから「銀行に預金してもスズメの涙だから・・・」という言葉がアチコチで急に言われはじめました。 

でも引き下げられた金利の差って実は誤差のレベルですよね。

年間いっぱい手数料取られる投資信託などにお金を突っ込んで、その挙句含み損を抱えるのに比べたら・・・

 

もしかしてこれって政府の陰謀?

もしかしてこれって人々に投資信託を買わせるために仕掛けられた『壮大なトロイの木馬』?

 

そんなふうに疑りたくなることがあります。

あまりにも話ができすぎていて・・・

   

投資信託がいちばんカンタンでいちばん手っ取り早くはじめられるものです。

個別株を選ぶよりもお手軽だし、最初から分散されててパッケージ化されてます。

だからとても良い金融商品であるように見えます。

 

自分で食材を買ってきて自分で料理するのってめんどくさい・・・

それだったらコンビニで弁当を買ってきてレンジでチンして食べたほうがカンタンです。

 

僕は投資信託がこんなに流行っている背景にはそういう現代人の『お手軽志向』が影響しているんじゃないかと思っています。 

そして、なぜか知らないけど、『投資信託はいちばんリスクが低い』と思われています。

 

おもしろいなぁと思います。

実際には投資信託って罠がいっぱいの金融商品なのに・・・

 

サブプライム・ショックを引き起こしたのも投資信託でした。

なぜか知らないけれど、『投資信託は安全な金融商品だ』と多くの人が思い込んでいる。笑

 

投資信託の運用会社や販売会社、受託会社などは何で儲けていると思いますか?

あんなに高額な年収を受け取り、あんなに立派なビルに入居しているけど、その「利益」はどこから出ていると思いますか?

全部、投資信託を買った人が払っている『手数料』です。

 

それは持ってるだけで払わなきゃならないもの。

株価が上がっても下がっても取られてしまうもの。 

 

「信託報酬」と呼ばれる手数料は毎日、純資産高から引かれます。

投資信託を買った人は毎日、手数料を払っているのです。

 

だから投資をやる人が増えて、その投資信託を買う人が増えれば増えるほどそのファンドは喜ぶのです。

運用額が大きくなればなるほどファンド会社が儲かるシステムになっているからです。

 

政府とは大の仲良し。

天下りとかはどうなってるんだろう?

きっとどうにかなってるんだろうな。笑

 

投信を推奨する本の著者が証券会社の人間や経済評論家、FPといった人たちなのは何故だろう

株や不動産投資では『〇〇億円儲かった!』という話はたまに耳にするけど、投信では聞かないのは何故だろう

投資信託をはじめる人が増えれば増えるほど喜ぶのはいったい誰だろう

 

本当に儲かるのは投資家だろうか。

それとも証券会社や投資信託を運営する会社だろうか。