サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

本当は教えたくなかった! なぜ僕は投資信託というものがキライなのか分かった気がするので発表します。

 

 

 

はっきり言って、僕は『投資信託』という金融商品があまり好きではないんだよね。

やるとしても「たしなむ程度」「デザート程度」にしたいと思っている。

 

メイン・ディッシュには危険すぎて、とてもじゃないけどできない…

 

投資信託には「アクティブ・ファンド」と呼ばれるものと、「インデックス・ファンド」と呼ばれるものの2種類がある。

昨今、お勉強のできる人たちがこぞって心酔しているのは、インデックス・ファンドの方だよね。

 

そして彼らは「インデックス・ファンドこそが正しく、アクティブ・ファンドは間違っている」という考えを共有している。

だけど、僕に言わせればそれもどうかな?といったカンジ。

どっちもどっちだと思ってます。

 

確かにインデックス・ファンドはアクティブ・ファンドよりも手数料は低い。

その点はメリットだと思う。

 

でも忘れてはいけないのはインデックス・ファンドもアクティブ・ファンドもどちらも『投資信託だ』ということ。

 

投資信託である以上、そこには投資信託ならではデメリットというものがある。

投資信託でいちばん恐ろしいのは株価が下落することだと思っている人が大勢いる。

 

でも投資信託でいちばん恐ろしいのはそこじゃない。

株価は波のように上下する。

下がることもあれば上がることもあるだろう。

 

だから、たとて株価が暴落したとしても、ずっと持ち続けれいれば、いずれやがて回復するかもしれない。

 

投資信託でいちばん恐ろしいのは、そのファンドから資金が流出することだ!

 

f:id:orange345:20190929173251p:plain

 

インデックス・ファンドだろうが、アクティブ・ファンドだろうが関係ない。

そのファンドから資金を引き上げる人が増えれば増えるほど、投資信託という金融商品の土台が揺らぐことになる。

 

もしもファンドから資金流出したら、解約資金を作るために資産の一部を売却するという自転車操業がはじまる。

まさに負の連鎖が起こるんだよね。

 

投信会社がいちばん恐れているのはこの負の連鎖。

だから彼らは政府やマスコミと一緒になってさまざまな形で一大キャンペーンを張っているんだ。

投資信託に関するベストセラー本を売り、マネー雑誌で特集する。

 

政府(金融庁)も金融機関のお仲間。

なんといっても自身の天下り先のポストを用意してくれるありがたい存在なのだ。

邪険するはずがない。

 

政府はNISA、つみたてNISAiDeCoといった新しい仕組みをつくって、それをバックアップする。

頭のいい人たちは、そういった情報に触れ、「これだ!」「これしかない!」と思ってしまったのだ。

 

それが『自然発生的に起こったブーム』なのか、それとも『ある意図によってつくられたブーム』なのかは誰にもわからない。

ひと頃流行った、『食べる〇〇』のように・・・・

 

その大嵐に備えている投資信託信奉者が果たしてどれだけいるだろう?