サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

「インデックス投資は失敗する」と僕が密かに思ってる理由について解説します。

f:id:orange345:20200226083753j:plain

 

何やら「インデックス・ファンドをドルコスト平均法で積み立て投資をして書い続けていれば30年後にはものすごい額に膨れ上がってゆく」という幻想を抱く人が増えてきたような気がします。

 

僕は この「今まで右肩上がりだったからこれから先もずっと右肩上がりだろう」という考え方に大変疑問を持っています。

この考えには実は何の根拠もないのです。

そうなると決まったわけでは全然ないのです。

 

未来のことなんて誰にもわからないのです。

もしも未来のことが正確に見通せるのだったらみんな億万長者になってます。

 

これってただ単純にこれまでがそうだったからという理由だけで、「これからもそうなる」と結論づけているだけだ。 

決して必ずそうなると決まったわけじゃない。 

 

10回サイコロを振って9回連続で奇数が出たからといって10回目も奇数が出るとは限らないのです。

ところが、いま主流の考え方はそうではありません。

 

いま主流の考え方は「10回目に偶数が出ることはない。なぜなら9回連続奇数が出ているからだ」というものです。 

この考えに取り憑かれることがどれほどキケンなことか、わかるだろうか・・・

 

 「インデックス投資原理主義」におちいることは恐ろしいこと 

盲目的に思考停止した状態のままある特定の投資法にお金を突っ込むのはあまりにも危険なことです。

 

慢心におちいり、自信過剰になりすぎるのは要注意です。

なかには限りなく原理主義に近いくらいにまでインデックス投資に取り憑かれてる人もいます。

 

「不安を抱えながら」とか「矛盾を抱えながら」・・・ぐらいが丁度いいのではないでしょうか。 

それはいつもビクビクしているという意味ではありません。 

常にそういう用心深い感覚を持って投資した方がいいという意味です。

 

不安があるから物事を冷静を見つめることができるのです。

 

よく、ある期間からある期間だけを切り取って「これまでずっと右肩上がりできてるから今後も右肩上がりでいくだろう」と予測している人がいます。

インデックス投資をやってる人のあいだではこういった言い方をする人、たくさんいます。

 

でも1950年から2008年までの経済発展は人類史上例を見ないほどのものだったという事実を忘れてはいけません。

その成長率がもう一度やって来るかどうかは誰にもわからないのです。

 

もう一度、フォードやマクドナルドやコカ・コーラが反映していったような伸び率を示すかどうかは神のみぞ知るの世界なのです。

僕は以前の歴史を見て、それを基準にして未来を予想するのは非常にキケンなことだと思っています。

 

以前の急速な経済発展が『異常だった』という言い方もできると思うからです。

そういう異常な成長がもう一度やって来るかもしれない。

でも、やって来ないかもしれない・・・

 

リスクは計算することはできても、『不確実性』は計算することはできないのです。

 

 

これからも資本主義は発展しつづけるはずだ。

だから、これからも株価は右肩上がりで上昇してゆくはずだ。

 

 

この考え方は正しいのかもしれないけれど、間違っているのかもしれません。

そういうものに投資して果たして本当にいいのでしょうか??

 

そこは神のみぞ知るの領域。

そうなるかもしれないし、そうならないかもしれない。

 

30年後に今よりも株価が上がっていて自分が退職するときに資産が大きく膨らんでいるかもしれない。

だけど、自分が退職を迎えるちょうどそのときに株式市場が暴落(あるいは低迷)しているかもしれない。

 

それは誰にもわからない。

ウォーレン・バレットにもわからない。

 

そういう神のみぞ知るのものにお金を投資する行為は僕に言わせれば『ギャンブル』です。

そのことを気づいているのでしょうか?

 

リスクと不確実性を混同することは大変キケンです。

でも、いま流行りの投資法に飛びついてる人のほとんどの人はこの2つを同じものとして語っているのです。

 

 

 

「ギャンブラーの誤謬」には気をつけろ! 

 

基本的にみんなキャピタルゲイン、好きですよね。

でも僕はそれを目的に投資したくない。

 

 

3分後に売却するデイトレード

30年後に売却する長期投資

 

 

どっちもキャピタルゲインを目的に投資をしているという点ではいっしょです。 

 

僕はキャッシュフローが得られるものに投資したい。

しかも、早ければ来月末に通帳を記帳すれば入金になっているものに投資したい。

遅くても半年後に僕のポケットに入ってくるものに・・・ 

 

未来のキャピタルゲインより現在のキャッシュフローです。

 

僕は未来というのは現在と陸続きのものだと思っています。

 

 

現在が満たされなければ未来も満たされない

現在に利益が得られなければ未来にも得られない

 

 

買って、保有し、その価格が値上がりすることを『信じる』『願う』『祈る』・・・・・そういう投資スタイルは好きじゃないのです。

 

投資アドバイザーの多くは「株式市場はこれまでも上昇してきたから。だからこれからも株式市場は上昇する!」と言います。

でも、それは実際のところは誰にもわかりません。

それは神様しか知り得ない領域の話なのです。

 

そういう神のみぞ知るの領域のものに僕は大切な大切なお金を投資したくない。 

なぜ多くの投資家はキャピタルゲインのことばかり気にして、そればっかり狙おうとするんでしょうか?

 

  

やるんだったら僕は高配当株に入れます。

その理由は「紙の資産(株式)」と「現物資産(不動産)」という2種類の資産への分散投資(これが本当の分散投資です!)をしたい」という目的もあります。

 

僕はマネー雑誌でよく言われてる分散投資は本当の分散投資ではないと思っています。

それは『紙の資産』という1つの資産の中だけで分散してるだけの話。

本当のリスクヘッジにはなっていません。

 

たとえ300、3,000、30,000に分散しようが。 

だから市場が暴落したら一気にその影響を受けちゃう・・・ 

 

『ギャンブラーの誤謬(ごびゅう)』とは「合理的根拠が何もないのに特定のことが起きる確率を自分の主観で勝手に高く見積もる」ということを指した心理学用語です。


「サイコロを振って5回連続して奇数が出たから次は偶数が出る」

「株価はこれまで必ず上昇してきた。だから今後も必ず上昇する」

etc・・・

 

サイコロやルーレットは生起確率がわかっているからまだ的中する確率は高いけど、株式市場などは機関投資家、個人投資家などいろんな市場参加者の「属性」や「思惑」が影響するので千差万別です。

だから余計に予測不可能なのです。

 

株価の動きを当てる確率は限りなくゼロに近いと言われています。

これからインデックス投資をやろうとしている人はこのギャンブラーの誤謬の罠にだけはおちいらないようにしてもらいたい。

 

2045年株価がどうなってるかなんて2020年の時点でわかるわけないんだから!

 

まとめ

僕の株式投資をやる目的はあくまでもインカムゲインです。

キャピタルゲイン(値上がり益)が目的ではありません。

 

ここが非常に重要なところです。

「どちらのドアを開けるのか?」

それによってすべてのことが変わってきちゃいます。

 

株式投資におけるインカムゲインというのは配当金と株主優待のことです。

僕はそれを得るために株式投資に参入しました。

決して売却益を得るために株式投資をやりはじめたわけではないのです。

 

たくさんの人が売却益狙いで株式投資をやっていることは知っています。

なかには信用取引なんかを使って利益を出そうとしている人がいることも知っています。

でも僕にはそういうトレーダーのようなマネはできません。

そういう才能もないと思ってます。

 

僕は完全に酪農家タイプの投資家です。

牛ちゃんをたくさん放牧させ、彼らからミルクをもらうことに喜びを見出すタイプです。

 

決して畜産家タイプの投資家ではありません。

牛をまるまる太らせて彼らを売り捌くようなマネはしたくない。

 

牛を牧場にたくさん保有するのは解体するためじゃありません。

彼らからミルクをいただくためです。

 

みなさんはどちらのタイプの投資家でしょうか?

これは非常に重要なことです。