サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

投資法うんぬんよりも「1つ1つのモノの値段」の方が大切ということについて解説します!

 

 

 

 

『長期投資』とか、『分散投資』という言葉が飛び交っている。

なかには、その二つを掛け合わせて、「長期に分散投資をしていれば絶対に勝てる!」と盲信してしまってる人もいる。

 

でも何よりも大事なのは、買おうとしたときのその対象の『値段』だよね。

 

長期投資ということ自体は僕は別にOKだと思っている。

僕は不動産にしろ、株にしろ、基本的には『いったん買ったものは、よっぽどのことがない限り売らない』という姿勢を貫いている。

 

僕は投資スタイルは、売却益というものを基本的には放棄しているのだ。

そんなもので儲けようなんてハナっから思っていない。

 

その代わり、その投資から得られるキャッシュフロー(定期的なリターン)を楽しむ。

家賃収入、配当、株主優待、etc・・・

 

 

f:id:orange345:20190929174449p:plain

 

インカムゲインを目的に投資している僕みたいなタイプの投資家は市場の動きがどうなろうがあまり関係ない。

『値上がり』とか『成長』とか『期待』といったようなモノに投資するのは 、僕はあまり好きではないんだよね。

 

ただインカムゲインを目的に投資する人も、キャピタルゲインを目的に投資する人も、投資対象の『現在の価格』には十分に気をつけなければならない。

大切なのは「値段」だ!

 

これは不動産投資・株式投資・投資信託、関係ないよ。

 ほとんどそれがすべてと言ってもいい。

 

「いい価格(=なるべく安いとき)」で購入しないと、実際のリターンは得られない。

長期でやろうが、短期でやろうが、結局はひとつひとつの取引の中身が重要という話です。

 

www.itmedia.co.jp

 

independnt-investor.com