サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。詩人(?) 不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

これ、意外に大事! 投資法よりも一つ一つの資産を買うときの値段の方が大切ということについて解説します。

f:id:orange345:20200108194013j:plain

 

『長期投資』とか、『分散投資』という言葉が飛び交っています。

なかにはその二つを掛け合わせて、「長期に分散投資をしていれば絶対に勝てる!」と盲信してしまってる人もいます。

 

でも何よりも大事なのは実際に買うときのその対象の資産の『値段』です。

 

長期投資ということ自体は僕は別にOKだと思っています。

僕は不動産にしろ、株にしろ、基本的には『いったん買ったものはよっぽどのことがない限り売らない』という姿勢を貫いています。

 

僕の投資スタイルは基本的には『売却益』というものを目的にはしていません。

そんなもので儲けようなんてハナっから思っていない。

その代わり、その投資から得られるキャッシュフロー(定期的なリターン)を楽しみたい。

家賃収入、配当、株主優待、etc・・・

 

そのために僕は投資活動をしています。

 

  

 

 

インカムゲインを目的に投資している僕みたいなタイプの投資家は市場の動きがどうなろうがあまり関係ありません。

『値上がり』とか『成長』とか『期待』といったようなモノに投資するのは 僕はあまり好きではありません。

 

ただインカムゲインを目的に投資する人も、キャピタルゲインを目的に投資する人も、投資対象の『現在の価格』には十分に気をつけなければなりません。

何度も言いますが、大切なのは「値段」です。

これは不動産投資・株式投資・投資信託、関係ありません。

 

それが投資で成功するすべてと言ってもいい。

 

「いい価格(=なるべく安いとき)」で購入しないと良いリターンは得られません。

長期でやろうが、短期でやろうが、結局はひとつひとつの取引の『内容(中身)』が重要という話です。

 

本当に投資信託に投資していいのだろうか?

投資を成功させるうえで誰の意見を参考にするかということはあまりにも重要なことです。

その人の意見や考え方に従うか・従わないかで人生って変わってゆくもの。

 

もしもその人のアドバイスにしたがって自分のお金を何百万円も(へたしたら何千万円も…)その人が推奨する投資法に突っ込み、いざ現金を引き出そうと思ったときに世界的な金融パニックが起こっていたら・・・・

それまで積み上げてきたものが霧のように消えてしまいます。 

 

いま、インデックス投資やETFというものが大流行りです。

そういう投資法にも巨大なリスクがあります。

 

大きなリターンを得るためには大きな資金を動かさなきゃいけません。

だからいちばん重要なことは「その大きな資金を何に投資しますか?」ということ。 

 

その投資先が果たして本当に『たくさん分散された投資信託』でいいのでしょうか。

そのことを今(株価が高いこの時期に)しっかりと考えておく必要があると僕は思っています。

 

あんまり「お金の専門家」と呼ばれる人たちの意見に惑わされないほうがいいと思います。

彼らはもしかしたら何らかの意図があってみなさんに近づいているのかもしれないのです。

 

そしてそれはおそらくみなさんのためではなく自分のためにそうしてるんだ。

十分気をつけた方がいいですよ。

 

僕はこのブログのなかで何度もそのことを指摘しています・・・

 

 

 

 

本当に分散投資はリスクを軽減するのだろうか? 

昨今、流行りの「分散投資」に関していえば、「分散投資をすればリスクが軽減される」と思ってる人もいるみたいだけど、分散投資をしたらからといってリスクが減るわけじゃありませんよ。

 

30コに分散しようが、300、3,000コに分散しようがリスクは常にそこに存在しつづけます。

「分ければ分けるほどリスクも減ってゆくんだからたくさん分けたほうがいい」なんて安易に思わないほうがいいですよ。

 

今はグローバル化がどんどん進んでいるからマネーは国という単位をカンタンに飛び越えていきます。

むかしみたいに「先進国と新興国の株価が違った動きをする」なんてことはありません。

「アメリカの株価がこうだから日本の株価は逆の動きをする」なんてこともなくなってきています。 

まさに『フラット化する世界』です! 

 

そういったグローバル化の波は当然のことながら各企業にも影響を及ぼします。

企業もどんどんグローバル化していますからね。

 

だからアメリカの株価が暴落したら日本の株価も暴落します。

中国の株価が暴落したらアメリカの株価も暴落します。

 

じゃあ、先進国ではなくて新興国ならいいのかというとそういうわけでもありません。

先進国がダメージを受けたら新興国もそれにつられてダメージを受ける。

その逆もまたあり得る。

 

それがグローバル社会というものです。

それが「フラット化する」ということです。

 

 

分散投資は超大金持ちの人には有効

超お金持ちだったら分散投資は有効だと僕は思っています。

でも僕たちって全然そのレベルに達してないでしょ?笑

それにはじめっから分散投資なんかやったら絶対に超お金持ちのレベルには到達できません。

 

僕は分散投資というのはお金持ちが自分の資産を守るためだったら有効だと思っています。

でも新入社員が営業の仕事もやって、経理の仕事もやって、人事の仕事もやって・・・・ってな具合にやっていったらパワーが分散化されてしまったら良いリターンを生み出せない。 

まずは営業に配属されたならそこで一生懸命成果を出すようにつとめなくちゃいけないのではないでしょうか。

 

最初から分散投資していたらパワーも分散されちゃってリターンも少なくなってしまいます。

だから僕はマネー雑誌や本なんかで分散投資をすすめているお金の専門家という人をあまり信用していないのです

 

その人はもしかしたら、

 

① 証券会社

② 投資信託会社

③ 金融庁をはじめとする政府のお役人

④ 人々に分散投資を勧めることによって何らかの利益を受け取るマスコミ

 

 

このいずれかの息がかかった人間じゃないですか?

 

その人は純粋にその自身がススメている投資法だけで生活している人なんだろうか? その投資からのリターンだけで家族を養い、マンションのローンを払い、子どもの塾代を捻出してる人なんだろうか??

 

 

まとめ

みなさんは『本当の意味での資産』というものを持っていますでしょうか?

本当の意味での資産ですよ。

 

本当の意味での資産とは定期的に自分のフトコロにキャッシュフローをもたらしてくれるような資産ということ。 

たとえば家賃収入、株の配当、株主優待、副業からの収入、ビジネス(商売)からの利益、預金金利、etc・・・こういったものは本当の意味での資産です。

 

逆に言うと、家とか車とか宝石とかブランド物の服とかは僕の定義で言えば本当の意味での資産ということにはなりません。

これらのものを持っていたとしても自分のフトコロに定期的にキャッシュフローをもたらしてはくれないですからね・・・・

 

ところが世間一般的にはこういったものを『資産』と呼んだりします。

おもしろいですよね!

 

 

さて、みなさんは持っていますか?

定期的に自分のポケットにお金を入れてくれるようなもの=資産を・・・

 

そして、持っているとしたらそれを「どれくらい」持っているでしょうか。 

マイホーム、クルマ、時計、宝石、ゴルフバッグ、大型テレビ、ブランド物の服、etc・・・・そういったものは資産ではありません。

 

それらはみなさんのポケットにお金を運んできてくれないですからね。

逆にみなさんのポケットからお金を取ってゆくものです。

こういうのは資産とは言わないのです。

 

そういったものは『負債』といいます。

自分が住んでるマイホームやマンションが収入を生み出してくれません。

逆に、固定資産税やら修繕費やら修繕積立金やらローンやらを持ってるだけでフトコロからお金を奪っていってしまうよね。

 

以前の僕はこの資産と負債の違いがわかっていなかった。

たぶん多くの人がいまだにごっちゃにして捉えているんじゃないかな。

でも歳を重ねるごとにだんだん理解するようになっていきました。

そして、お金持ちのみなさんがどうしてお金持ちでい続けることができるのかについても理解できるようになりました。

 

彼らは資産を手に入れることによってお金持ちになることができたんです。

つまり、彼らは自分のポケットにお金を運んでくれるものばかりを集めたから悠々自適な生活をおくることができているのです。

 

自分のビジネスを持つこともそうだし、家賃収入をもたらしてくれる収益物件を持つこともそうだよ。

配当金や株主優待なんかもポケットにお金を運んでくれるものです。

会社の経営者は従業員というものを雇っているけどそういった従業員たちもポケットにお金を運んできてくれる存在です。

 

本当の意味での資産とはこういうもののことをいうのです!

 

ところが多くの人はそういうものを持っていないのです。

多くの人は朝起きて会社に行き、夜、家にに帰ってくる生活を送っているだけ。

もちろん毎月25日になれる給料はもらえるけれど、会社が倒産したりリストラになったり病気や怪我をして働けなくなった瞬間、そのお金の供給は途絶えてしまうんです・・・

 

どんなに立派なマンションでも、メルセデス・ベンツでも一銭もポケットにお金を運んできてくれないのです。

逆にポケットからお金をどんどん取ってゆくだけなんだ。

 

負債をいくら集めてもいつまで経ってもお金持ちにはなれません。

お金持ちになるためには資産を手に入れなきゃいけないのです。

 

僕が不動産投資に魅力を感じたのは『本当の資産』を手に入れることができるからです。

 

僕は毎月家賃収入を得て生活をしています。

僕のポケットには僕が保有している物件たちが稼いでくれる相当な額の家賃収入が入ってきます。

どんなに借金を抱えていたとしてもその家賃収入からその借金を支払うことができる。

そういうものこそが『本当の資産』というものです。