サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「どんな投資法がいいか?」よりも目の前の資産一つ一つの値段の方が大切ということについて解説します。

『長期投資』とか、『分散投資』という言葉が飛び交っている。

なかには、その二つを掛け合わせて、「長期に分散投資をしていれば絶対に勝てる!」と盲信してしまってる人もいる。

 

でも何よりも大事なのは、買おうとしたときのその対象の『値段』だよね。

 

長期投資ということ自体は僕は別にOKだと思っている。

僕は不動産にしろ、株にしろ、基本的には『いったん買ったものは、よっぽどのことがない限り売らない』という姿勢を貫いている。

 

僕は投資スタイルは、売却益というものを基本的には放棄しているのだ。

そんなもので儲けようなんてハナっから思っていない。

 

その代わり、その投資から得られるキャッシュフロー(定期的なリターン)を楽しむ。

家賃収入、配当、株主優待、etc・・・

 

 

f:id:orange345:20190929174449p:plain

 

インカムゲインを目的に投資している僕みたいなタイプの投資家は市場の動きがどうなろうがあまり関係ない。

『値上がり』とか『成長』とか『期待』といったようなモノに投資するのは 、僕はあまり好きではないんだよね。

 

ただインカムゲインを目的に投資する人も、キャピタルゲインを目的に投資する人も、投資対象の『現在の価格』には十分に気をつけなければならない。

大切なのは「値段」だ!

 

これは不動産投資・株式投資・投資信託、関係ないよ。

 ほとんどそれがすべてと言ってもいい。

 

「いい価格(=なるべく安いとき)」で購入しないと、実際のリターンは得られない。

長期でやろうが、短期でやろうが、結局はひとつひとつの取引の中身が重要という話です。

 

f:id:orange345:20191127090741p:plain

 

その人の意見や考え方に従うか・従わないかで人生って変わってゆくものだよね。

 

もしもその人のアドバイスにしたがって自分のお金を何百万円も(へたしたら何千万円も…)その人が推奨する投資法に突っ込み、いざ現金を引き出そうと思ったときに世界的な金融パニックが起こってそれまで積み上げてきたものが霧のように消えてしまっていた!・・・・なんてことになったら? 

 

いま、インデックス投資というものが大流行りだけど、そういうことが起こり得るというリスクをいったいどれだけの人が腹の底で認識しているんだろう。

 

大きなリターンを得るためには大きな資金を動かさなきゃいけない。

だからいちばん重要なことは「その大きな資金を何に投資しますか?」ということが重要になってくるんだよね。

 

そしてその投資先が果たして本当に『たくさん分散された投資信託』でいいのか。そのことを今、株価が高いこの時期にしっかりと考えておく必要があるとぼくは思ってるよ。

 

あんまり「お金の専門家」と呼ばれる人たちの意見に惑わされないほうがいい。

彼らはもしかしたら「何らかの意図」があってみなさんに近づいてきたのかもしれないよ。

 

そしてそれはおそらく、みなさんのためではなく、自分のためにそうしてるんだ。

十分気をつけてね。

 

僕はこのブログのなかで何度もそのことを指摘しているからね。。。

 

 

f:id:orange345:20191023100510p:plain

 

昨今、流行りの「分散投資」に関していえば、「分散投資をすればリスクが軽減される」と思ってる人もいるみたいだけど、分散投資をしたらからといってリスクが減るわけじゃないよ。

 

30コに分散しようが、300、3,000コに分散しようがリスクは常に存在するよ。

「分ければ分けるほどリスクも減ってゆくんだから、たくさん分けたほうがいいんだろう」なんて安易に思わないほうがいいよ。

 

ましてや今はグローバル化がどんどん進んでいるから、マネーは国という単位をカンタンに飛び越えてゆく。

むかしみたいに先進国がこうだから新興国はこうなるとか、アメリカがこうだから日本はこうなるというものがだんだんなくなってきているんだ。

 

まさに『フラット化する世界』だよね! 

 

そういった地ならしが進むグローバル化の波は当然のことながら各企業にも影響を及ぼす。企業も国際化しているからね。

 

だからアメリカの株価が暴落したら、日本の株価も暴落する。

中国の株価が暴落したら、アメリカの株価も暴落する。

 

じゃあ、先進国ではなくて新興国ならいいのかというと、そういうわけでもない。

先進国がダメージを受けたら、新興国もそれにつられてダメージを受ける。

 

それがグローバル資本主義というもの。

それがフラット化するということ。

 

 

f:id:orange345:20191018151520p:plain

 

ただし、超お金持ちだったら、分散投資は有効だと思ってる。

でも僕たちって、全然そのレベルに達してないでしょ?笑

 

それに、はじめっから分散投資なんかやったら、絶対にその超お金持ちのレベルには到達できないよ。。。

 

ぼくは分散投資というのはお金持ちが自分の資産を守るためだったら有効だと思っているよ。

でも新入社員が営業の仕事もやって、経理の仕事もやって、人事の仕事もやって・・・・ってな具合にやっていったらパワーが分散化されてしまって一つの部署でいい結果を残せないんじゃないかな? 

 

まずは営業に配属されたなら、そこで一生懸命成果を出すようにつとめなきゃ!

 

最初から分散投資していたらパワーも分散されちゃって、リターンが少なくなるんじゃないかな。

だからぼくはマネー雑誌や本なんかで分散投資をすすめているお金の専門家という人をあまり信用していないんだ。

 

その人はもしかしたら、

 

① 証券会社

② 投資信託会社

③ 金融庁をはじめとする政府のお役人

④ 人々に分散投資を勧めることによって何らかの利益を受け取るマスコミ

 

 

このいずれかの息がかかった人間じゃない?

 

その人は純粋にその自身がススメている投資法だけで生活している人なんだろうか? その投資からのリターンだけで家族を養い、マンションのローンを払い、子どもの塾代を捻出してる人なんだろうか??

 

そもそもの話、その人は離陸して雲の上まで到達している人なんだろうか? 

それとも我々と同じようにまだ滑走路の上にいる「従業員」なんだろうか?