サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。詩人(?) 不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

これは盲点だった! 現代人が抱いている悩みの8割は〇〇をやめれば解決するという話

f:id:orange345:20200112150249j:plain

 

仕事でも、恋愛でも、子育てでも何でもそうだけど、何とかしようしようと力めば力むほどうまくいかなくなるパターンが多い。

追いかければ追いかけるほど、相手は逃げてゆく。

 

かえって余裕をもって何もせずにドーンと構えていたほうがうまくいったりすることが多い。

物事というのは焦って一生懸命必死になって何かをすればうまくいくというわけではない。

何もせずにそのままにしておいた方がうまくいくことも多い。

 

「頑張らなくちゃ」という想いの危険性について

日本は必死になって頑張るということを異常なくらい過剰評価するところがある。

でも『いいかげんというのは良い加減』と言われるように、あんまり力みすぎないほうがいいと僕は思う。

 

リラックスして、「あれもやらなきゃ」「これもやらなきゃ」という呪縛から良き放たれてみよう。

もしかしたら、みなさんがうまくいかなかったのはその『力み』のせいだったのかも…

 

頑張る人というのは、常に自分のことを「見張ってる」人だ。

絶対にミスは許さない。

ある一定のレベルは絶対にクリアしなきゃならない。

そうやって自分を監視して、常に自分を見張り、追い込み…

 

そんなふうに眉間にシワを寄せてるような人をいったい誰が好きになってくれるだろう?

もしもみなさんが今、うまくいってないと感じているのなら、それは頑張りが足りないのではない。

 

頑張りすぎちゃってるのかもしれないよ。

 

頑張らないと嫌われる

頑張らないと価値がないと思われる

だから頑張る・・・

 

僕たちは「頑張ることこそが正しいことなのだ」と教え込まれ、そのとおりにしてきた。

だけど、不動産投資というものと出会い、僕はその考え方に疑問を抱くようになったよ。

 

なぜなら僕の知ってるうまくいってる大家さんたちはみんな、別に頑張ったから成功したわけじゃないから。

というか、そもそも商売の世界というのは、頑張れば成功するといったような世界じゃないから。

 

そういうことではない。

頑張っても頑張ってもうまくいかない人もたくさんいる・・・

 

僕はその事実を発見して驚いてしまった!

それは僕がまわりの大人たちから教え込まれてきたこととまるで正反対だった。

 

 

他人の力を利用した方がうまくいく理由

ぜんぶ自分ひとりの力で勝負しようとする人。

ぜんぶ自己資金で勝負しようとする人。

 

こういう人はきっと商売に向いてないと思う。

少なくとも、不動産投資には向いてないと思う。

 

だって不動産投資って基本的にはOPM(他人のお金)やOPP(他人の力)を利用することによって、どんどん飛躍してゆくものだから。

 

・売買の営業マンは利益をもたらす資産を見つけてきてくれる

・銀行は高額な不動産の取得費を用意してくれる

・賃貸の営業マンはお客さんを見つけてきてくれる

・入居者のみなさんは借入金、工事費、税金、保険料などを僕らの代わりに払ってくれる 

 

 

これってみんな、僕の力じゃない。

僕以外の人の力を借りただけのこと。

 

とてもじゃないけど、僕にはなん億円もの物件を購入する力なんてなかったよ。

僕個人にはそんな力はない。

 

じゃあ、何が僕の代わりに購入してくれたのか?

僕の『ビジネス』が購入したんだ!

それは『僕』ではない。

 

『頑張る』って、気をつけなきゃいけないワードだよね。

これにハマって、その永遠ループから抜け出せなくなってる人、たくさんいるよね・・・

 

頭のいい人や、才能に恵まれてる人は『自分の能力』で勝負していけばいい。

僕にはそれがなかったから『資産』に頼るしかなかった。

 

「自分」で立ち向かえなかったから、その穴を埋めるために資産に稼いでもらうことにしたんだ。

 

 

流れに逆らわないで生きよう!

世の中わからないものだよね。

『ダメ』が良い結果に結びつくこともあるんだよね。

 

どんなに貯金をしても、どんなに年収の高い仕事についても、根本的なお金の問題は解決されないんだよね。

不安はずっとついてまわるんだ。

 

自分の力には限界がある。

自分の力だけに頼るのは危険だよ。

 

でも『資産』を手に入れて、資産の力を借りれば、本当の意味での豊かさを手に入れることができるんだよね。 

 

頑張り屋さんの人は誰の力も借りようとせず、何でも『自力』で物事を解決しようとする。

親からも「人に頼るな」と厳しく言われて育った。

 

だから一生懸命、頑張ってきた。

でも自分にばっかり頼っていると、いつか限界が来る。

 

もっと人に頼ろうよ。

もっと人に甘えてもいいんだよ。

 

『流されて生きる』って悪いことのように捉えられているけど、すごくいいことだと僕は思ってます。

 

僕の人生にも「たまたま目の前に来たものに飛び乗ってみたらうまくいった!」ということがいっぱいあるよ。

 

自分を押さえ込まないで、自分を制限しないで、流れに逆らわないで生きてみよう!

 

自分の身に起こることは「何か理由がある」から起こる。

無意識が「それ」を引き寄せてるんだよね。

 

だからその流れに逆らうのは不自然なこと。

 

「オレにはそんなことできない」とか「それは自分には似合わない」とか言ってないで、どんなことでもやってみよう。

 

思い切って舟に飛び乗ってみよう!

 

 

才能がなくても幸せになれる

僕は不動産賃貸業という商売をやって整形を立てているんだけど、ときどき同級生なんかに会ったりすると、「お前はそうやって好き勝手なことをやって生きていけるんだからいいよなぁ・・・」というようなことを言われることがあるよ。

「まさかお前に商売の才能があったなんてなぁ・・・」と言われることもある。

 

それについては僕自身も驚いている。

まさか僕がこんなふうなことをやってメシを食える人間になるなんて夢にも思っていなかった。

 

だって僕は本当に勉強も落ちこぼれだったし、部活で活躍したこともないし、クラスの人気者だったわけじゃない。

社会に出て働き出すようになってからも、特に優秀なビジネス・パーソンだったわけでもない。

何の資格も持っていないし・・・

 

そのことで僕はずいぶん苦しんだような気がする。「自分には何もない」ということで、随分悩んだものだよ。

それでも僕は自分のなかにある『あり合わせのリソース』をどーにかこーにか使って、ここまでやってきたんだ。

 

僕が設立した法人は今年で10期目に突入した。毎月黙っていても、その法人の口座にはそれなりの家賃収入が振り込まれている。法人税に頭を悩ませるくらいの黒字も出している。

 

本当に不思議だなぁ。人生ってわからないものだなぁ。僕に何か言えるとしたら、それくらい・・・

少なくとも、僕に何か特別な才能があったわけじゃない。僕は特別な人間でも、何かに秀でた人間でもない。

 

冷蔵庫に残っていた食材を使って、「ちょっとでもおいしい料理をつくろう!」と懸命にやってきただけなんだよ。

 

だから、もしも今、「オレには何の才能もない・・・」とかって言って悩んでいる人がいたとしたら、どうかそんなに深刻に悩まないでほしい。

 

才能がないならないで、あり合わせのものでなんとかやってゆくしかない。もちろんありあまる才能をいかんなく発揮して、最初からスイスイいければそれに越したことはないのだけれど。

 

僕は人間の能力というのはそんなに大差はないのではないかと思っています。僕よりも勉強ができて、実際に北海道大学とかにラクラク入れた僕の同級生の今の現状を客観的に見ていたりすると、ますますそんなふうに思ったりするよ・・・

 

大企業に就職したらそれで幸福が手に入るか?といえば、それも違う。僕は大企業に就職して、うつ病になってまともに働けなくなった人を何人も知ってるよ。

ものすごい才能を持ちながら、そのもともと備わっていた才能を活かすことができず、46歳にしてひきこもりになっちゃったような人も知っている。

 

まとめ

何がその人の人生を分けるんだろう?

幸福ってどうやったら手に入るんだろう?

それは僕にもわからない・・・

 

唯一言えることがあるとすれば、必死で生きるしかないんじゃないかということ。冷蔵庫のなかにある残りものの具材を使って、なんとか自分なりの最高の料理をつくることに全力を注ぎ込むしかないんじゃないかということ。

 

僕にはそんなことしか言えません。

人生に深く悩んでいる人は、もっと自分の人生を大らかにとらえたほうがいいんじゃないかなって思います。