サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

信じる者は救われない!? 「長期投資をしていれば最終的には勝てる」というのが幻想(=勝手な思い込み)である理由

 

 

 

 

・今後の成長に期待して投資しろ

・長期投資をすればリスクが減少する

・今は1でもいずれ3になるから平均すれば2になる

 

 

『長期投資』を語るときによく登場するこれらの話を僕は一切信じないんだ。

 

僕はキャピタルゲインよりインカムゲインの方を重視する。

 

僕にとって大事なのは、将来、資産が何倍にも膨れあがっているということじゃない。

きちんと安定的にキャッシュフローがもたらされるかどうかということなんだよね。

 

あくまでも「得られるかどうかわからない数字」ではなく、「確実に得られる数字」に目を向けたいんだ。

 

長期投資にまつわるこれらの言説は、『まぼろし』みたいなものだと僕は思っている。

まさしく、ファントム!f:id:orange345:20190929174721p:plain

 

 

株式市場はこれから先、未来永劫、右肩上がりで成長してゆくはずだ。

 

 

その一点だけを信じて、自分の大切なお金を何百万円も何千万円も突っ込む・・・

インカムゲインよりも、キャピタルゲインの方を重視するという投資スタイルは突き詰めて言えばそういうことになる。

 

そうなるかもしれないけれど、そうならないかもしれない。

思い描いた通りになるかもしれないけど、まったく違う結果になるかもしれない。

 

 

経済は生き物だよね。

コンピューター・プログラミングの世界とは違うんだよね。

 

バラの茎がどこに向かって伸びてゆくかピタリと予測することが不可能なように、どんなに人間のアタマで「こうなるはずだ」と思ったところで、計算どおりにはいかないだろう。

 

そんな幽霊みたいなものに何百万も何千万を突っ込むなんて、僕にはとてもできないよ・・・

 

f:id:orange345:20190929174813p:plain

 

『ほったらかし』『長期投資』という言葉には要注意。

 

世の中には春夏秋冬のサイクルがある。

自分のお金を市場の荒波に「置きっぱなし」にするということは、お金をそこにずっとさらしておくということってこと。

 

定年退職するまでに、冬は必ずやってくる。

もしかしたら2

 

いや、3

 

 

biz-journal.jp

 

www.itmedia.co.jp