サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

信じる者は救われない!? 「長期投資をしていれば最終的には大儲けできる」というのが幻想である理由

はっきり言って僕は今、流行ってるような投資法が好きではないです。

投資信託をドルコスト平均法で買って、毎月積み立てていって、20年後30年後のキャピタルゲインを狙うという投資法ね・・・

 

よくマネー雑誌で取り上げられていますよね。

ベストセラー本もたくさん出ています。

Twitterでもこの投資法の話題で持ちきりです。

 

でも僕はこのやり方を好みません。

非常にキケンな投資法だと思っています。

 

あまりにもやってる人が多いから、「なんとなくいい投資法なんだろう」と思ってる人も大勢いると思う。

でもそれはとんでもない誤解だと思っています。

 

美しいバラにはトゲがあるものです。

 

こういう流行りものに飛びつく人たちというのは、いつもある一定数の割合で存在していました。

リーマンショックのときも、ITバブルのときもいました。

 

いつの時代も市場が高騰しているあいだはドンチャン騒ぎです。

そして、市場が暴落したら夢から目覚めるのです。

 

人間はずっと同じことをくりかえしてきました。

それが人間のサガってやつなのかもしれないね・・・

 

f:id:orange345:20191124170005p:plain

 

僕はインカムゲイン(キャッシュフロー)を目的に投資するタイプの人間です。

20年後だろうが、30年後だろうが、あるいは2分後だろうが、3分後だろうが、とにかく値上がり益(キャピタルゲイン)を狙うような投資には一切興味がありません。

 

「保有しているあいだに(狙ったわけではないけれど)、たまたま20%も30%も価格が上昇しちゃった!」という場合は売却することもあります。

でもそれはあくまでも「おまけ」とか「ご褒美」ぐらいの感覚です。

 

普段はあくまでもインカムゲインも目的に投資しています。

キャピタルゲインを狙ったり期待したりなんかは絶対にしません。

 

この話は特に結婚してる人は聞いてほしい。

奥さんの悲しい顔、見たくないでしょ?

「20年後に資産が3倍になってるから!」なんて言ったって奥さんは納得しませんよ。

 

それはギャンブラーがよく口にする言葉です。

 

「あと少しで状況は変わるから」

「こうなったら、ラクできるから」

「それまでの辛抱だから」

etc・・・

 

これってものすごくストレスのかかる投資法だと思います。

人間は20年も30年も過酷なストレスに耐えられるほど強くないんです。

 

100歩譲って、たとえ20年、30年耐えて耐えて耐えてそれで資産が膨らんだとしましょう。

でもその間のストレスを差し引いたら幸福感はそれほど得られないのではないでしょうか。

 

 

f:id:orange345:20191122085800p:plain

 

 

その点、家賃収入や配当金や株主優待といったインカムゲインはいいですよ。

ある一定の期間が来たら、ポケットに勝手にお金が入ってきますから。

これで奥さんもニコニコです。

 

投資に対する拒絶反応もなくなり、余ったお金を再投資の資金に充ててもきっとそれを許してくれるでしょう。 

再投資にまわす資金があるってとても大事なこと。

それが勝負の行方を左右すると言ってもいいです。

 

よっぽどトレードがうまい人ならいいかもしれないけど、普通の人がトレードなんかやったって十中八九うまくいかないと思いますよ。

 

短期トレードもうまくいかないし、いま流行りの長期分散投資もきっと多くの人が失敗するでしょう。

市場はそんなに甘くないんです。

 

3分後の値上がり益を出すのもむずかしいし、30年後の値上がり益を出すのもむずかしいのです。

その30年間のあいだに多くの人が損をすることでしょう。

 

その間、儲けたのはプロの投資家や機関投資家だけ。

要するに超お金持ちのみなさんだけがトクをし、多くの個人投資家は損をするのです。

 

僕たちみたいな素人が参戦して勝てるほど株式市場は甘くありません。

僕たちにできることはせいぜい配当金を楽しみにしたり、株主優待で家族と食事を楽しんだりするくらいのこと。

 

そして、そうやって保有しているあいだに運よくたまたま保有株が上がった場合はそれを売却すればいい。

でも、決して最初から売却益を狙ったような投資はしないこと!

 

 

f:id:orange345:20191122064905p:plain

 

 

・今後の成長に期待して投資しろ

 

・長期投資をすればリスクが減少する

 

・今は1でもいずれ3になるから平均すれば2になる

 

 

『長期投資』を語るときによく登場するこれらの話を僕は一切信じません。

 僕はキャピタルゲインよりインカムゲインの方を重視します。

 

僕にとって大事なのは将来、資産が何倍にも膨れあがっているということじゃないんです。

きちんと安定的にキャッシュフローがもたらされるかどうかということなんです。

 

あくまでも「得られるかどうかわからない数字」ではなく、「確実に得られる数字」に目を向けたい。 

 

長期投資にまつわる言説はすべて『まぼろし』みたいなものだと僕は思っています。

あるいは『幽霊(ファントム)』みたいなものだと思っています。

 

 

株式市場はこれから先、未来永劫、右肩上がりで成長してゆくはずだ。

 

 

その一点だけを信じて、自分の大切なお金を何百万円も何千万円も突っ込む・・・・なんて正気の沙汰とは思えません。

でも、インカムゲインよりもキャピタルゲインの方を重視すると、下手するとそういうことになりかねないのです。

 

20年後30年後、老後を迎える頃、狙ったとおり株式市場が上昇しているかもしれません。

だけど、暴落しているかもしれません。

 

思い描いた通りになるかもしれないけど、まったく違う結果になるかもしれない。

それはもう神のみぞ知るの領域です。

 

その神のみぞ知るの領域に、「アインシュタインも複利のパワーはすごいと言っている」とか「ジョン・ボーグルが…」とか「ランダム・ウォーカーが…」とかっていう戯言を言いながら突っ込んでいって大丈夫なんでしょうか。

 

気まぐれな神様のいたずらにその理論は勝るというのでしょうか。 

 

経済は生き物です。

コンピューター・プログラミングではないんです。 

 

バラの茎がどこに向かって伸びてゆくかピタリと予測することが不可能なように、どんなに人間のアタマで「こうなるはずだ」と思ったところで計算どおりにはいかないことも多々出てくるはずです。

 

そんなものに何百万も何千万を突っ込んで、本当に大丈夫なんでしょうか。

 

 

f:id:orange345:20190929174813p:plain

 

『ほったらかし』『長期投資』という言葉には要注意。

 

世の中には春夏秋冬のサイクルがあるんです。

市場にももちろんサイクルはあります。

 

自分のお金を市場の荒波に「置きっぱなし」にするということはお金をそこにずっとさらしっぱなしにするということってこと。

それがどれほどキケンなことか・・・

 

みなさんが定年退職するまでに冬は何回やってくるでしょう。

市場の暴落(冬の季節)は必ずやってきます。

 

もしかしたら2回。 

いや、3回・・・

 

みなさんはその冬の季節を耐え忍ぶことができるでしょうか。

 

汗水垂らして働いて得た100万円も、家賃収入や株式の配当などの不労所得で得た100万円も、僕はどっちも同じ100万円だと思っています。

お金に良いも悪いもないと思っています。

 

あとは『好み』の問題です。

「どういう方法で不労所得を得るのか」の方法論の問題だけです。

 

そうだとするならば、僕は労力をかけず安心した心で定期的に収入が入ってくるものがいいです。

チャートを見てハラハラドキドキしながら売却して儲ける100万円もいいかもしれないけど、ハラハラドキドキせずに100万が入ってくる方法のほうがいいです。

 

そう思っていろいろ探しまわった結果、僕は不動産投資に行き着きました。

賃貸借契約書を取り交わしてる以上、入居者は家賃を払ってくれます。

 

これってよく考えたらすごいことです。 

要するに、キャピタルゲインよりもインカムゲインのほうがいいということです。

 

さらに、インカムゲインを得られるもののなかでも、『契約』というものを武器にできる不動産投資がいちばんいいんじゃないかと僕は思っています。

 

不動産投資に否定的な人から僕はよく「不動産価格が暴落したらどうする?」と言われます。

「不動産価格が下落したら損するだろ」と言われます。

 

でも僕はいつも『なんで売らなきゃいけないの?』と思うんです。

もしも不動産価格が暴落したら売らなきゃいいだけの話なんです。

売らずにずっと保有していれば家賃収入は入ってきます。

 

こういうことを言う人は、『投資=売却益』だと思ってる人なんです。

極端なことを言えば、不動産投資は暴落しても関係ないんです。

不動産価格が暴落しても、それが家賃収入に影響を及ぼすわけではないんです。

 

 

『下がったら売らなきゃ』と考える人は売却益の話をしてる。

僕はインカムゲインの話をしているんです。 

 

だから話が噛み合わない・・・笑