サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

早く気づいて! 他人を金持ちにするために自分の労働力を使う不毛さから卒業する方法

 

 

 

 

自分はいったい誰を金持ちにするために生きているんだろう?

 

 

そんなことを考える日本人はほとんどいないと思う。

 

日本人のほぼ97%ぐらいはそんなこと考えたりせず、目の前にある仕事をこなし、家に帰り、睡眠を取り、明くる日ふたたび仕事に向かう・・・・という生活を送るはず。

 

そういう生き方があってもいいと僕は思う。

僕も30代の後半ぐらいまでそういう生き方をしてきたからね。

 

『働いて給料を得る』という人生は何も悪いことではないと思うよ。

僕もずっと長いことサラリーマンをやってきたから、「給与所得者ならではのメリット」というものも誰よりもよく知っているよ。

 

現在、僕は不動産投資や株式投資なんてものをやって生計を立てているけど、最初から投資家だったわけではない。

最初はどこにでもいるごくごく普通のサラリーマンだった。

 

会社のために朝から晩まで真面目に働き、その対価として会社から給料をもらって生活していた。

そのことに何の疑問も抱かなかった。

 

f:id:orange345:20190929175911p:plain

 

 

銀行から融資を受ける際にもサラリーマンという肩書きは大いに役に立った。

銀行は安定した給与所得者にはお金を貸す。

しかし、不安定な個人事業主などにはお金を貸さない。

 

やはり何だかんだ言っても、サラリーマンには『信用』があるからね。

その信用は大いに役に立ったよ。

 

もしも僕がサラリーマンじゃなかったら、おそらく僕は銀行の審査に通らなかったであろう。

そういった意味では僕は大学を卒業してサラリーマンになったことを後悔はしていない。

 

それは僕にとって必要なプロセスだったと思うよ。

でも、だからと言ってずっとサラリーマンのままでいいかというと、それも違うような気がする。

 

物事にはいい面と悪い面の2つがある。

サラリーマンにはさまざまないい面がある。

だけど、悪い面があることも事実だよね。

 

ホワイトな部分もあれば、ブラックな部分もある。

光もあれば、闇もある。

 

いい面だけをクローズアップして語るのは、いささかバランスを欠いている。

悪い面にもきちんと目を向けるべきだと思う。

 

もしもサラリーマンが「良いことづくめ」だったのなら、うつ病になったりするリーマンがこんなにたくさんいるはずがない。

すべてが薔薇色ではないはず。

 

f:id:orange345:20190929175946p:plain

 

サラリーマンのいちばんの問題点は、他人を金持ちにするために働いていることだよ。

この事実から目を背けるべきじゃないと僕は思う。

 

「何を言っているんだ、一生懸命働けば給料をもらえるじゃないか。だから他人ではなく、自分を金持ちにしているじゃないか」と言う人もいるかもしれない。

 

しかし、それは違う。

みなさんが一生懸命働けば働くほど、いちばん潤うのはみなさんではない。

 

雇用主(=つまり、会社)だ!

 

もしもコンビニのバイトのお兄ちゃんがコンビニのオーナーよりも儲かっていたとしたら、大変なことになる。

でも絶対にそんなことは起こり得ないんだよね。

 

ここを勘違いしている人が多い・・・

 

一生懸命働けば、多少は出世するかもしれない。

その結果、給料やボーナスも上がるだろう。

 

だけど、いちばんいい想いをするのは会社なのである。

社長なのである。

 

つまり、サラリーマンのような給与所得者でいる限り、金持ちをますます金持ちにするために働くことになるんだよね。

 

f:id:orange345:20190929180036p:plain

 

では、お聞きしたい。 

そうやって一生懸命、働いている人自身というのは、いったいいつ金持ちになるのだろう?

 

いったいいつ自身のお金の問題を解決するのだろう。

自分が抱えている将来の不安などはいつになったら解消されるのだろう。

 

それは部長に昇格すれば解消されるのだろうか。

それとも専務になったらお金の問題は消えてなくなるのだろうか。

・・・そもそも、一生懸命働いたからってそんなに出世できるのだろうか。

 

他人を金持ちにするのは『労働』のことだけではない。

人生全般のありとあらゆることについても言える。

 

自分では自分のお金の問題を解決するつもりではじめたことが、実は他人をお金持ちにすること・他人のお金の問題を解決することに貢献していただけだった・・・・ということが往往にしてある。

 

笑えないブラック・ジョークだ…

 

みなさんはいつ金持ちになるのだろう?

みなさんのお金の問題はいつ解決されるのだろう?

 

みなさんは他人を金持ちにするために生きているのだろうか。

それとも自分を金持ちにするために生きているのだろうか。

 

 

precious.jp

 

 

tabi-labo.com