サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

知らないと損する! 不動産投資の成功に大家さんの『気前の良さ』が影響している驚きの理由

 

 

いくら払う?払う必要は?不動産広告料(AD)とは という記事を読んだよ。

 

invest-online.jp

 

オーナーにとって広告料をどのように考えるかはめっちゃ重要。

相場は家賃1ヶ月分だけど、物件が飽和状態になってきて、それじゃ不十分という時代の流れ。

僕も営業マンだったけど、広告料1ヶ月しか出ない大家さんの物件より、2ヶ月出る物件の方を優先しちゃう。

人間だもの。
ノルマあるんだもの。

 

かといって、広告料6ヶ月はいくらなんでもやり過ぎだ! 

やってる大家さん、いたけどね。

 

そんなことしてたら安定した賃貸経営なんてできっこない。

何事にも限度というものがあるよ。

 

でもね、これだけじゃ覚えておいてほしい。

ケチで金持ちになった人はいないんだよ。

気前よく!

 

『損して得取れ!』って言葉あるよね。

あれ、まさに不動産投資にぴったりな言葉だよ。

 

広告料をケチったばっかりにずっと空室

リフォームの内容をケチったばっかりにずっと空室

保険料をケチったばっかりに実際に災害が起きたとき保険金が降りず、結局持ち出し

ペット可にして募集したらすぐに決まるのに、「建物が痛む」とかって言ってるあいだにずっと空室

etc…

 

ケチで金持ちになった人はいない、ということは分かっておきましょう。

 

 

www.rakumachi.jp

 

ookawa-s.co.jp

 

 

林真理子さんはこんな言葉を残しています。

 

小説を書くという仕事のうえでも、若い頃からお金を惜しみなく使ってきたことが大いに役立っています。

 

 

 

ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫)

ルンルンを買っておうちに帰ろう (角川文庫)