サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。詩人(?) 不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

これは盲点だった! あの人が不動産業者からいい物件を紹介してもらえるのは〇〇のおかげだった!

僕はサラリーマン時代に勤めていた不動産会社に物件の管理をお願いしています。

物件もすべてそこを通して購入するようにしています。

 

僕を中途採用で雇ってくれたあの社長に恩義があるんです。

簡単に他社と取引なんかできません。

 

僕を拾ってくれたんですから。

その恩には報いなきゃいけません。

 

 

f:id:orange345:20191123221228p:plain

 

不動産の世界ははっきり言って「義理」と「人情」の世界です。

スタイリッシュでスマートな世界ではありません。

まだ人間くささが残っているのです。

 

最近何事においてもすごくドライに考えるヒトが増えてきているように思えます。

義理とか人情みたいなものがだんだん希薄になってきてる・・・

でも不動産業界ってまだそういう義理とか人情によって動いていることが多々あります。

 

『人と人とのつながり』ってやつです。

 

入居者も人だし、大家さんも人だし、物件を紹介したり案内したりする営業マンも人だし、工事業者や設備屋さんも人だし、etc・・・とにかく『ヒト』が大切。

不動産の世界というはとにかく『ヒト』がからむ世界なんです。

 

ここが紙の資産への投資と大きく違うところです。

不動産投資の場合、人からの紹介とか人との交渉だとかによって条件がいろいろ変わっていったりすることがよくあります。

その結果「思いもよらない展開になっていった!」なんてこともよくあるんです。

 

株式投資では絶対にそんなことありませんよね。

誰かと打ち合わせをしているあいだにアップルの配当金を増やすことができた!なんてことありませんよね。笑

 

そこがパソコンやスマホの画面を見て売り買いを決めるだけの紙の資産への投資と違うところです。

 

f:id:orange345:20191124091412p:plain

 

僕が勤めていた不動産会社の社長は本当に僕によくしてくれました。

ネットに出ていない「いい物件」の情報を僕に紹介してくれたりもします。

 

今、「不動産投資で成功するノウハウ」みたいな内容の本がいっぱい出版されてます。

でも僕は不動産投資でいちばんうまくやるコツは『ヒトを大切にする』『ヒトとうまくやる』ということだと思っています。

 

秘訣は、『持ちつ持たれつ』です!

 

勤めていた会社と喧嘩したりモメたりして辞める人ってだいたいその後もうまくいかないものです。

辞めた後に自分が勤めていた会社の悪口を言いまくる人も・・・

 

脱サラ起業して成功するような人というのはほとんどが円満退社だし、以前勤めていた会社とも笑顔を取引できるような関係を築いているものです。

理屈はよくわからない。

でもとにかく、そういうものなんです。

 

喧嘩するなんてもってのほかです。

人を大切にしない人が成功なんかできるはずありません。

 

 

f:id:orange345:20191130112717p:plain

 

不動産投資の世界では『物件はヒャクミツ』とよく言われています。

ヒャクミツとは「100回見にいって、購入してもいい物件と出会えるのはせいぜい3つぐらいだよ」という意味です。 

 

それだけ本当に手に入れるべき物件というのは少ないということです。

あとは「クズ」とまでは言わないけど積極的に取得に動くべきじゃない物件と言えるでしょう。

それくらいシビアな世界なんです。

 

だって考えてみたらわかりますよね。

そんなにいい物件だったらどうしてわざわざ手放したりするでしょう。

手放すには手放すだけの理由というものがあるはずなんです。

 

そして、その物件を手放そうとしているということはそれだけの元の所有者の人はその物件のことを「良くない」と思ってるということです。

あるいは「今、売れば高く売れるぞ!」という算段があったということです。

 

僕はこれまで何度も物件を売却してきたからその辺の『売主』の気持ちもよく理解できるます。

 

物件を取得しようとする人はその辺の所有者の思惑も加味し、注意深く物件を選定しなければいけません。

 

f:id:orange345:20191214071017p:plain

 

それから、いい物件は不動産業者が買い占めるのか問題。

 

「いい物件が出てきたら不動産会社が買う。だから世に出てくる物件はダメだ」と言う人がいっぱいいます。

これは半分正解で、半分不正解です。

 

僕は不動産会社に勤務していたからわかるんです。

ブツ上げした物件を全部自社物件にしてしまったら大変なことになりますよ。笑

 

そんなことをしたら、営業マンは手数料を稼げません。

銀行だってそんなにいっぱいその会社に融資できません。

 

確かに物件情報はいち早くゲットできます。

でもそれを全部独占してしまうわけじゃない。

これが実態です。 

普通の人より有利な立場であることは確かですけどね。

 

ただし不動産会社が買わないからといってそれがネットに出るわけではありません。

ネットに出ている物件は売れ残り物件です。

 

営業マンはそれぞれ「顧客」「お得意先」を抱えています。

ネットに出す前にその人たちに必ず情報を流します。

 

だから何としても不動産投資に興味のある人はその営業マンにとっての「顧客」や「お得意先」になるにはどうしたらいいんだろうということをいちばんに考えましょう。 

がんばって優秀な営業マンのお気に入りのお客さんになるのです。

 

f:id:orange345:20191214070940p:plain

 

大家さんとしてうまくやってゆくために必要な資質として僕は『コミュニケーション能力の大切さ』を挙げたいです。

これはどこの不動産投資の関連本にも書いてないことですけど。

 

物件を紹介してくれる売買の営業マン

銀行の融資担当者

部屋を決めてくれる賃貸の営業マン

アパートを管理してくれる管理会社の担当者

工業業者さん

設備屋さん

保険屋さん

税理士さん

そして、何と言っても家賃を払ってくれている入居者のみなさん

 

みんな『人』です!

 

不動産投資というのは『人』を相手にする商売なんです。

だからコミュ障の人には向いてないビジネスとも言えます。

パソコンやスマホの画面だけでは成立するものではないのです。

 

僕は不動産会社の営業マン時代に散々鍛えられたから人とコミュニケーションをとることに関しては多少、自信はあります。

魑魅魍魎が渦巻く世界だからね、不動産の世界は。笑

 

不動産の仕事はノルマもキツくて大変だったけど、今は「やって良かった」と思ってます。

そのおかげで会話術だけでなく、洞察力や識別眼みたいなものも磨かれました。

あの苦労が今につながってます。

 

 

www.chintaikeiei.com