サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

悩んでる個人投資家さん、必見! あなたのリターンが少ないのは〇〇が原因なのかもしれないという話

 

 

 

 

アパートからの家賃収入だけで家族を養って幸せに暮らしていこうとするなんて、『普通』のことじゃないよね。

 

どう考えてもそれはマトモな人間がやることじゃない。笑

もっと別の言い方をすれば、それは『平均的』ではない。

 

それが逆に良かったんだと思います。僕の場合はね。笑

 

アパート経営はラクなビジネスではないですよ。銀行から多額の借金もしなきゃいけないし。

 

そんなもん誰もやりたくないでしょ? だから良かったんだよ!笑

 

「今ひとつ儲からないなぁ

「期待してたよりもリターンが少ないなぁ

 

そんなふうに思ってる投資家さんは、間違ってるんじゃなくてもしかしたら『平均的』なことをやってるのかもしれない。

 

なぜ僕たちは投資をするのだろうか? 

何に投資するにせよ、まずはそのことを知っておかなければならないよね。

 

お金持ちは自分のお金を守るため・減らさないために投資をする。

だけどお金持ちじゃない人たちは何のために投資をするのだろう? 

 

f:id:orange345:20190929181603p:plain

 

僕の考えはこうだ。

 

 

お金を儲けるために投資をする。

 

 

お金を儲けるために投資をするのならば、なぜ『安全なもの』に投資をするのだろう?

安全な投資というのは利回りが低い。

そういうものは『お金持ちがする投資』だよね。

 

分散投資や長期投資も、お金持ちの方が有利だ。

安全第一で利回りの低いものに投資して、大きなリターンは得られない。

 

リスクを優先しますか?

リターンを優先しますか? 

 

結局はそこに行く着くんだよね。

 

 

type.jp

 

『普通』を選択すると、普通じゃない道が閉ざされるという法則があるよ。

本気で将来不安を解消したかったら、どこかで普通じゃない道を選ばなきゃ!

 

少なくとも、安心・安全・安定の『三つの""』を追い求めているうちは不安はずっと解消されないだろう。

 

となりの田中さんと同じような人生を歩んでいれば幸せになれた幸福な時代はもう終わってしまったんだ。

 

「普通」とか「平均的」でありつづけてさえいえばどうにかなった幸福な時代も過ぎ去っていってしまった

 

『普通じゃないこと』『平均的じゃないこと』の中に問題を解くカギが隠されてますよ。

 

f:id:orange345:20190929174449p:plain

 

暴落してるモノに大金を注ぎ込む。

何億円も借金をして収益物件を買う。

「貯金は最も危険な投資」と言う。

 

多くの人が「ありえない!」「そんなの不可能だ!」「絶対間違ってる!」というものにすべての答えがあるんだよね。

 

そしてその答えこそが多くの人が探し求めてるものでもあるのに・・・

 

 

「分散投資をしましょう」

「将来のために貯金をしましょう」

「借金をしてタワマンを買うことはいいことですよ」

「借金をして不動産投資をすることは危険ですよ」

 

 

多くの人は『ありえないこと』ではなく、『あり得ること』ばかりを選択する。

『ありえないこと』の方に問題を解く鍵があるのに。

 

「分散する」ということは『一点集中じゃない』ということでもあるんだよね。

 

もちろん、「一つのことだけを極めるリスク」というものはある。

しかし、その一つのことが『絶対に成功する!』と確信が持てるものだったら、それだけに全力投球した方がはるかに効率がいいし、大きく飛躍することができるはずだよ。

 

もっと上に行きたいのか、それとも安定したいのか。

500万円の元手があったら、それを全て不動産投資に使うのか、株式、投資信託、仮想通貨などに分散させるのかによってリターンは全然違ってくるからね。

 

 

分散投資はリスクヘッジではなく、無知に対するヘッジだ。

 

 

これはウォーレン・バフェットの言葉だ。

 

 

ケインズはこんな言葉を残しています。

 

アメリカ人には、金融以外の分野ですら、「平均的な意見に関する平均的な意見」を見つけ出すことに意味もなく関心を持つ傾向がある。

 

 

いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ

いまこそ、ケインズとシュンペーターに学べ

 

 

 

 

 

 

kumatakun.com